ピクシブ百科事典

ミニボット

みにぼっと

『トランスフォーマー』シリーズの登場人物のカテゴリー。
目次[非表示]

概要

主に初代アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』で登場し、その後も『2010』にも使われた名称である。
バンブルを筆頭とした初期メンバーは、1970年代に展開していたミクロマンシリーズの一部である「ミクロロボットCAR」の仕様変更品。
当時のアニメでは、初期のメンバーは他の面々より小柄に描かれていた。

玩具が小型のサイバトロン戦士達を指す「玩具上のカテゴリー」。日本のファンの間ではすっかり定着した単語だが、ダイノボットのように「部隊」ではなく、実はアニメでも特に呼称は無い。
実写映画版を境に玩具がリメイクされるようになり、バンブルとクリフに限った事だが、映像作品で主役及び重要なポジションを担った。スワーブとテイルゲイトはアメコミへの出演も果たし、印象的な役どころであった。

海外では「オートボット ミニカーズ」と呼称され、トンカブランドで販売されたゴーボッツ(海外版マシンロボ)と客層が競合した商品だった。ハスブロによるトンカの吸収合併後しばらく経ってから、勝利宣言とばかりにタカラよりゴーボッツの名を冠したミニボットの色変え製品を発売している。

Pixivでの扱い

単体では不人気であったり、有名なカップリングが無かったりするキャラは、初代アニメのメンバーで集合絵を描かれた際やっと画面に映るといった様子。
初代アニメのメンバーはまだマシで、ハブキャップ、パイプス、アウトバックは初出が同じスワーブとテイルゲイトに比べてイラストが皆無。

にゃーっ!!
小グループ


みにぼっとと!
G1まとめ



メンバー

以下については別項参照。括弧内は海外版(原語版)での名称。
バンブルバンブルビー
クリフクリフジャンパー
ビーチコンバー
パワーグライド
アダムス(コスモス)
ゴング(ブローン)
シースプレー
ワーパス
ウィーリー
テイルゲイト
ウェーブスワーブ
ギアーズ

チャージャー

いろいろいろ


CV:難波圭一喜多川拓郎(第58話)
ポンティアックトランザムに変形する。海外での名称はウインドチャージャー(Windcharger)
短距離ではサイバトロンの中でナンバー1のスピードを誇る戦士で、マグネットパワーで金属を自由に操ることが可能。

第64話でサイバトロン戦士たちがスタントロンに化ける「マスカレード作戦」を展開したときにワイルドライダーに変身し、自身のマグネットパワーでコンボイ達をメナゾールに合体させた。音波フォースバリアで仲間を守ることも可能である。ビークルモードでも高いところから落とされた時は、タイヤの弾力でほぼ無傷で着地が可能。

赤いサイバトロンらしく言動が過激で、第58話では「かつてはメガトロンの首だったはずの金属の塊を蹴っ飛ばしてサッカーでもして遊ぼうじゃないの!」と発言した。

初代TFログ


おまけにこの回の声優はクリフ役の喜多川拓郎だった。同じミニボットのゴングとは親友であり、共にデストロンと戦う事もある。

ザ・ムービー』ではホイルジャックと共に死亡しているところが確認された。一説によるとホイルジャックの発明品の爆発に巻き込まれて一緒に爆死したらしい。
だが『2010』第26話にて、作画ミスのせいで復活している。

ドラッグ

ドラッグ(Huffer)
TF[21]


海外での名称はハッファー(Huffer)

ハブキャップ

パイプス

アウトバック


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28610

コメント