ピクシブ百科事典

サンストリーカー

さんすとりーかー

サンストリーカーとは、サイバトロン所属のトランスフォーマーである。
目次[非表示]

概要

CV堀内賢雄/喜多川拓郎/難波圭一/城山知馨夫/片岡弘貴
サイバトロン所属で、ランボル
リア部分に電子推進ブースターを装備したスーパーカウンタックベースとなった車両ランボルギーニカウンタックLP500)に変形する。
その為、ランボル同様サイバトロンでは貴重な航空戦力。
武器は地対空ミサイルとエレクトロン・パルスガン。

頑丈な装甲を誇るナルシストで、自身の体が傷つくことを嫌っている。
同じくナルシストであるトラックスとは反対に自身のロボットモードを気に入っている。
目立ちたがり屋でもあり、第45話「ホイストハリウッドへ行く」の回ではホイストが映画の出演者としてスカウトされた時は他の仲間と共に撮影所に押しかけていった事もあった。

地球の人間達には良い印象を持っておらず、第26話「メガトロンの地球征服作戦 Part1」にてメガトロンの計略によって地球人に回ってしまった時には「いつかこうなる事は解ってたんだ。人間なんて信用できん!下等な生命体に過ぎないと私は言ってただろう!」と主張した(それに対しバンブルは「いいや、オイラはそうは思わないけどな。オイラの親友は人間だぜ?」と反論している)。

しかし、第5話では活躍したチップ「おめでとうチップ。君のおかげで勝てた、君はヒーローだ!」と褒め称えている事から、心底地球人を嫌っているというわけでは無いようで、ストーリーも後半に差し掛かるとかなり人間達に馴染んでいる。

一部書籍によるとセイバートロン星に居た頃の彼は画家であり、サイバトロンに所属している理由はデストロンマークが嫌いだからというものだったりする。

玩具

アニメ放映初期から結構出演していながら放送当時は発売されておらず、後に「VSZシリーズ」としてスキッズバズソーとのセットで販売された。
この玩具展開の都合から、初期設定ではランボルの弟はアラートになっている。

IDWコミック

ALL HAIL MEGATRON』をはじめとするIDW版G1コミックでは、かつてデストロンを抜けたスコルポノックと秘密裏に手を組んだ地球人のテロ組織マシネーションにより捕縛され、生きたままバラバラに解体された挙句、サイボーグ化した異星人と融合させるヘッドマスターの実験材料として惨たらしい仕打ちを受けるも、ダイノボットをはじめとする仲間たちの活躍で救出された。
その後復帰こそするものの、この一件から地球人を深く恨むようになってしまった。その心の闇に目をつけたスタースクリームに唆され「人類を絶滅させてくれる代償としてメガトロンをともに滅ぼそう」との約束を交わしたが、元々スタースクリームの目的はコンボイの抹殺とマトリクスであったために反故にされ、サイバトロン大敗の主因となってしまう。またボンブシェルの証言から、デストロンはマシネーションによってサンストリーカーのヘッドマスターにされた少年ハンター・オナイオンを捕らえてスーパーコンピュータに接続し、彼を解析・拷問することで彼とのリンクがあったサンストリーカーの精神を蝕んでいたことも分かった。

セイバートロン星では真実を打ち明けられずに葛藤していたが、自身の些細な一言で無実のリジェがアイアンハイドにリンチされた一件を目のあたりにし、アイアンハイドに真実を打ち明けると、デストロンの作りだした怪物スワームの大群から味方を逃すために玉砕した。
だがのちにアイアンハイドに救出され、障害を持ち車いすに乗って再登場するという衝撃的な展開となる。
後の時系列に当たる『More Than Meets The Eye』では完全に復帰している様子。
車椅子でアイアンハイドと共に行動していた時期、駆除対象のはずだったスワームの1匹を「ボブ」と名付けてペットにしており、MTMTEを始めこれ以降の作品でも連れ歩いている姿がたびたび描かれている。


キュートランスフォーマー

CV:中村悠一
第7話のゲストキャラ。マツダRX-7・FD3Sに変形。
兄のランボルと一緒に登場するが、ランボルと比べると性格を反映してかキザな口調で話す。
昔のクソゲーについて尋ねられた時は世界のあの人の挑戦的な奴日本の農民の反乱的な奴を紹介した。

ちなみ、赤城道路最速のFD乗り(新バージョン)と声が同じである。

関連タグ

トランスフォーマー サイバトロン ランボル

pixivに投稿された作品 pixivで「サンストリーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45791

コメント