ピクシブ百科事典

マトリクス(トランスフォーマー)

まとりくす

マトリクスとは、『トランスフォーマー』シリーズの象徴的なアイテムである。
目次[非表示]

G1

RE:Construct


サイバトロンのリーダーが代々受け継いできたクリスタル状のパーツ。歴代のリーダー達の魂(スパーク)が宿っており、「英知の結晶」と呼ばれている。
両脇の把手を左右に引き出す事でクリスタル状のパーツが露出し、マトリクスに宿った英知を解き放てるのだが、素質のない者には把手を開く事すらできない。

初代アニメ

受け継ぐ素質のある者がいない時期に、セイバートロン星の長老であるアルファートリンが保管していた。900万年前、彼がオライオン・パックスを初代コンボイへとリペアした際、その胸へと埋め込んだ。

マトリクスの設定は、アニメでは『ザ・ムービー』から登場した後付け設定であるためこの時点では名前を含めて一切登場していない。

ザ・ムービー

ユニクロンは、このマトリクスから発せられる霊的な光「サイバトロンのエッセンス」を唯一の弱点としており、ガルバトロンに破壊を命じた。
戦死したコンボイからウルトラマグナスが受け継ぐも、マトリクスの力を引き出せずガルバトロンに奪われてしまう。これでガルバトロンはユニクロンへ服従の脅迫をかけるが、やはり使用できず逆に怒りを買いセイバートロン星を襲撃、「ユニクロン戦争(グレートウォー)」が始まってしまう。

セイバートロン星に駆けつけたサイバトロンとの戦いとなり、その最中ガルバトロンと遭遇したホットロディマスは戦闘に入る。
追い詰められるがマトリクスを掴んだ途端に力が発動し、ロディマスコンボイへとパワーアップすると、ガルバトロンを追放してマトリクスの力を解放、ユニクロンは頭部を残し爆散、デストロンはユニクロンにより軍団を消耗したのとリーダーの行方不明で続戦はままならず星を追われた。
こうして地球暦2005年、ロディマスコンボイにより900万年に及ぶセイバートロン戦争の終結を一度は宣言された。

2010

本作にて初めて、ユニクロンは120億年前に「謎の天才生命体プリマクロン」が作成したと語られた。
彼には助手を務めていた猿型ロボットが付いていたが、ユニクロンが反乱した際このロボットは破壊されるもコアパーツが残って飛び去ったとされている。これはマトリクスと全く同じ外観でサイバトロンに継承されたものと同一とははっきり明言されていない。元助手ロボットの魂は宇宙の辺境に行きついておりプリマクロンが新たに作成したトルネドロンがコントロール不能になったとき知性に捉われない野生に従った動物型トランスフォーマーを呼び寄せ事態の収集を依頼した。

マトリクス状のパーツや、ユニクロンと因縁を持ち宇宙の危機に干渉したりとこのロボットはプライマスとの関わりがあるか当人が依代としていたのではと考察する者は多い。

G1の後

G1シリーズのオフィシャルな続編である『ビーストウォーズメタルス』にも登場し、機能停止状態であった初代コンボイのスパークが一体化していると説明された。メガトロンに破壊された初代を修理するにあたり、スパークを保護するためこれを体内に一時収納したメタルスコンボイを「パワードコンボイ」へと変化させている。

国内版アニメシリーズでは、サイバトロンの各司令官が「ウルトラマトリクス」(ジンライ)、「エネルゴンマトリクス」(ライオコンボイビッグコンボイファイヤーコンボイ)などといったパーツを「司令官の証」として所有しているが、これらはG1の時期には存在しなかった(少なくとも設定されていなかった)もののである。

実写映画版

実写版第2作『トランスフォーマー/リベンジ』にて初登場。
オールスパークから派生したリーダーの証であり、「リーダーのマトリクス」と呼ばれている。その正体は、恒星を破壊してエネルゴンを得る兵器「スターハーベスター」を作動させるための鍵だった。

プライムの一人、ザ・フォールンに悪用されないようにする為、先代のプライム達が命と引き換えに封印。「勇気ある者」だけが手にする事ができると言われている。
サムオプティマスプライムを生き返らせるのに使えるのではと考えこれを見つけだす。最初は砂状に分解してしまったがこれはマトリクスに魂が宿っていた初代プライム達が見つけた者を見極めるために行った処置であり、命がけでオプティマスプライムを救おうと彼の元へ向かったサムは認めて再生(プライム達曰く「マトリクスは見つけるものではなく勝ち取って手にするもの」)。オプティマスを蘇らせることに成功した。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』では、月面に不時着した宇宙船・アークに眠るセンチネルプライムを蘇生する為にオプティマスが使用した。

プライム

プライム』ではオライオンパックスが戦争で汚染されたサイバトロン星の最深部に入った時、プライマスに託された。これによりオライオンは最後のプライム、オプティマスプライムとして生きていくようになる。
それ以後の記憶はマトリクスの英知に刻まれていたのか、ガイアユニクロン封印の際に記憶を無くしてしまい、オライオンに戻ってしまった。

また、アイアコンの遺産「マトリクスセイバー」を初めとしたプライムの道具は、マトリクスの力に反応して本当の力を発揮すると劇中で述べられている。

余談

  • デストロンにはマトリクスに相当するアイテムは存在しないものの、玩具展開のみのシリーズでは、マトリクスとは相反する存在となるデッドマトリクスが登場。
  • G1では『ザ・ムービー』から登場した後付け設定についてだが、初代アニメと並行して展開されていたアメコミ版では、トランスフォーマーに魂を与える事ができる「クリエーション・マトリクス」という物が登場しており、これがアニメ版マトリクスのアイディアの元になっている。
  • ホットロディマスがロディマスコンボイとなった際に老け顔になってしまった事や、コンボイがよく高所から落ちる事から、ファンの間では「老け顔と落下のスキルを受け継ぐ」というネタがあったりなかったり…
  • ポプテピピックシーズン5の13-9でまさかの登場。ポプ子が挑戦した箱の中身はなーんだろなで箱の中に入っていた。ポプ子が触れると光を放ち、スタン・ブッシュ氏の『THE TOUCH』も流れた。ちなみにコンボイ役の玄田哲章氏はアニメ版ポプテピピック第4話Bパートで、ロディマス役の石丸博也氏はポプテピピック++でポプ子を演じている。


関連タグ

トランスフォーマー プライマス ユニクロン
オライオンパックス コンボイ ホットロディマス ロディマスコンボイ オプティマスプライム
トランスフォーマーザ・ムービー トランスフォーマー2010 実写TF トランスフォーマープライム

関連記事

親記事

トランスフォーマー とらんすふぉーまー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マトリクス(トランスフォーマー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43062

コメント