ピクシブ百科事典

ビッグコンボイ

びっぐこんぼい

「お前らにしては、上出来だ……」
目次[非表示]

概要

CV:井上純一

超生命体トランスフォーマービーストウォーズネオ』に登場するサイバトロン戦士であり、本作の主人公
サイバトロンの部隊の指揮官であるとともに隊員たちの教官。変身する動物はマンモス

かつては「ワンマンズアーミー」と呼ばれるほどの凄腕の傭兵で、数々の戦いを一人で勝ち抜いてきた強者である。第一話での登場直後にデストロン軍の基地を単身で壊滅させ、その実力をベクターシグマとサイバトロンの上層部(グレートコンボイ)に買われ、新兵の教官に任命される。

これまでの歴代コンボイたちとは逸脱した存在であり、孤独を好み他人をあまり信用しない、仲間を作らず団体行動を嫌うなど、おおよそ一軍のリーダーらしからぬ性格をしている。
その性格のためか就任当初は教官としての職務に乗り気ではなかったが、訓練生である仲間たちと戦いを通していく内に教官としての自覚と友情の大切さを学んでいく。そういった心境の変化のためか、各話の最後に訓練生に一つ教えを説き「また私らしくないことを言ってしまった」と呟くのがお約束となっている。後、ツンデレの気がある。

ワンマンズアーミーの名は伊達じゃなく、第12話のように(作戦開始前に危険だとあらかじめ断っているが)的確な指示を出して作戦を成功させている。

一人称は「俺」など荒々しい言動が多く、隊員からは鬼教官として恐れられている。
おそらくトランスフォーマーシリーズ史上初、一人称が「」のコンボイ。
アニメ版では状況に応じて「私」と言っているが、今木商事の漫画版では最後まで「俺」だった。

容姿

前作のライオコンボイと違い雄雄しい姿をしている。ビーストモード時は緑色の目をしたマンモス。

漫画版

今木商事が描いた同名の漫画版では前作『Ⅱ(セカンド)』のライオコンボイのマトリクスでトランスフォーマーに転生したマンモスという設定となっており、これまでのコンボイとのギャップに驚くファンは少なくなかった…はず。性格は結構荒い。
元々はある惑星に住んでいる「ビッグ」という名のマンモスだった。荒くれ者の恐竜たち(後のマグマトロン軍団)の襲撃でライオコンボイ共々重傷を負ってしまうがライオコンボイはマトリクスを使ってビッグを救う。

シリアスで重い展開が続いた本作だが特に最終回は涙腺崩壊。

その他

本人曰く
「皆より少しお兄さん」
「俺は生徒の自主性を重んじるタイプ」(漫画版)

関連イラスト

マンモス先生!!
SDビッグコンボイ


関連項目

ビーストウォーズネオ
サイバトロン サバイブ ロックバスター ロングラック コラーダ スタンピー ブレイク
ハインラッド マッハキック
デストロン マグマトロン
ブレントロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ビッグコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101573

コメント