ピクシブ百科事典

ベクターシグマ

べくたーしぐま

アニメ「トランスフォーマー」に登場するコンピュータ
目次[非表示]

概要

セイバートロン星に存在する超コンピュータ。
機械に生命を与え生命体にする力をもっている。この生命は初期では「パーソナル・コンポーネント」と呼ばれ、トランスフォーマーのパーツとして扱われていたが、後のシリーズでは「スパーク」と呼ばれている。
惑星の内部にある黄金の球体で、起動させるには「ベクターシグマの鍵」と呼ばれるアイテムが必要。
この鍵は有機物を侵食して無機物に変える力を持つため、悪用されると非常に危険なアイテムである。

各シリーズでの登場

G1

CV:コーリー・バートン(CV:石井敏郎
第42、43話から登場。
メガトロンが新たに作り出した陸上部隊スタントロンをトランスフォーマーにするために、鍵を所持している長老アルファートリンから鍵を奪い取って起動させた。
その後サイバトロンがスタントロンに対抗するためにエアーボットを開発した際に再び起動させるため、デストロンに奪われた鍵の代わりにアルファートリン自らが鍵の代用となった。
騒動終結後、オリジナルの鍵は悪用を防ぐためにエアーボット達によって破壊されている。
これ以降アルファートリンがベクターシグマの意思を伝える代弁者として登場するようになった。

海外展開『ザ・リバース』では強力なエネルギー庫「プラズマエネルギーチェンバー」をガルバトロンに解放させ、その影響を受けない地球人のスパイクの力でエネルギーを星の活性化に利用した。
また今作ではコンボイがベクターシグマにアクセスするために空になったマトリクスの器を利用している。

日本展開『ザ☆ヘッドマスターズ』では『2010』の最終回で宇宙の英知が詰められたマトリクスが空となった事で不安定になり、暴走してしまう。
それに乗じてガルバトロン達デストロンによってセイバートロン星ごと破壊されそうになったが、軍施設に置いてあったマトリクスをホットロディマスが充電し、コンボイと共にセイバートロン星へと運んだが、既に暴走は臨界点にまで達していた為コンボイ自らがエネルギーをベクターシグマに与え、暴走は終わった。

ビーストウォーズリターンズ

CV:エリザベス・キャロル・サヴェンコフ(吹き替え:神奈延年
ベクターシグマとは別に、セイバートロン星深くにある鏡のようなスーパーコンピューター「オラクル」が登場。ビーストコンボイに暗示的な神託を与え、導いていた。
裏設定ではベクターシグマに外部からアクセスするために開発されたインターフェイスポータルであり、デストロンに寝返ったライノックスことタンカーがオラクルにアクセスしてG1で破壊されたベクターシグマの鍵を復活させて入手し、セイバートロンのリフォーマットを企むビーストメガトロン惑星の無機化のために利用しようとした。

ビーストウォーズネオ

CV:平野智恵
サイバトロン達を指示するスーパーコンピューターとして「ベクターシグマ」が登場。
どちらかというとサイバトロンよりの思想であり、ビッグコンボイに新兵の育成を命令し、以後の逐一支持を送っていた。
ユニクロンが再生した際には新しいトランスフォーマーとしてゼロからやり直すよう説得したが聞き入れられず、セイバートロン諸共乗っ取られベクターシグマ・ユニクロンへと変えられてしまう。
しかしサイバトロン・デストロン双方の活躍でユニクロンは破壊され、解放された。

関連タグ

トランスフォーマー

pixivに投稿された作品 pixivで「ベクターシグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1526

コメント