ピクシブ百科事典

シャッタード・グラス

しゃったーどぐらす

アメリカの公式ファンクラブTFFCが元出のトランスフォーマーシリーズ。
目次[非表示]

『設定飽きてきたから、ちょっと冒険しよう』と思ったかどうかは定かではないが、
長いトランスフォーマーの歴史を根本から改変し、オートボットが悪・ディセプティコンが正義」という、今までのトランスフォーマーの常識を公式でひっくり返した異色作。
(もっとも日本語版『G1』を見ていた一部のファンには何となくしっくりきてしまったりする。特にメガトロン)

基本の展開はTFFC公式ホームページの会員専用コンテンツ(有料)で5本の英語小説が公開、並列したアメコミと共に話を進めている。フィギュアは2008年の第21回ボットコンで販売され、以降ぽつぽつと登場。過去のストーリー展開と全く関連が無い為、今後の展開が一切見えない。

そして2012年の第25回ボットコンで再びシリーズが展開される。内容はシャッタードグラス世界の住人が次元を超えてG1世界に現れるという展開。更にG1シリーズの玩具をSG風にリペイントしたサウンドウェーブとブラスターのVSEセットがネットショップ・e-HOBBY SHOPで2013年に販売される。日本にもシャッタード・グラスがやってきた。

概要

基本となる世界観はG1だが、最初のきっかけからが違うので話が進めば進むほど本編からかけ離れていく。

何が違うかというと、両軍の立ち位置が単純に変わったのではなく、グラス=鏡という名称(ちなみにシャッタードは「欠片」の意)の通り、組織の善悪は勿論、各々の性格と設定が本編と逆転しているという点。おかげでディセプティコン「人類みな兄弟精神で突っ走る超和平路線の一般市民」で、オートボット「笑顔で殺戮を繰り返す残虐非道なテロリスト」(それこそWikipediaでの本作の項目をして「G1世界のディセプティコンが善人に見えるほど」とまで言わしめた程である)というとんでもない基本方針が平然と成り立っている。

そのほか個人の性格も元ネタから考えると本気でえげつなかったり超大ぼけだったりと、なんかもう、天下無双の問題作とは別の意味でとんでもない問題作になりそうな予感が現在進行形で発せられている。

制作側も問題作になるのは承知の上なのか、それともG1シリーズのファンを呼び寄せるためか、クリフジャンパー事実上のファン代表も兼ねて独りG1世界から迷い込んだエトランゼ、という設定で登場。本作世界のオプティマスに攻撃されて死にかけていたところをメガトロンに助けられ、以後はG1世界との余りのギャップに戸惑いながらもディセプティコンと行動を共にしている。(彼も彼でその血の気の多い性格と言動で、ディセプティコンに迷惑をかけたり、困惑させたりしているが)

またトランスフォーマー以外の「善悪逆転」を取り扱った二次創作でもこのタグがつく事がある。

あらすじ

任務中、別の世界に飛ばされた(G1世界の)クリフジャンパーは、ロディマスやオプティマス・プライムらオートボットの容姿や残虐な行動にショックを受け、更にはオプティマスに処刑されかけてしまう。命を救ったのはなんとメガトロンらディセプティコン。この世界の両勢力の事情を知ったクリフジャンパーはディセプティコンと共に悪のオートボットに立ち向かう。やがて戦いはSG世界の地球やクリフジャンパーのいた世界をも巻き込んでいく。

主な登場人物

ディセプティコン

メガトロン
元は大学の数学教授。オートボットの非道を見かねてディセプティコン自警団を設立する。
正史(G1世界)のメガトロンはファンから理想の上司と言われているのにこちらの世界では自分の命より仲間を守る事を優先する考えのため、さらに磨きがかかっている。
サイクロナスに重傷を負わせされるが、ガルバトロンとして再生している。
余談だが、自警団のメンバーの中にはメガトロンの数学教授であった頃の教え子が数名在籍している。
スタースクリーム
真っ当な研究者でオートボットの勧誘を良心を優先して断り、そのために殺されそうになったところをメガトロンに救われているため、メガトロンに忠実で非常に信頼されている。
サウンドウェーブ
ライムグリーンのハチマキをした好青年。当初はMP3プレーヤーに変形していたが地球で重傷を負った際にリスキャンして車、さらにG1世界のホイルジャックが開発した意識転移装置でスタースクリームの開発したカセットレコーダーに変形するボティへと意識を転送された。
ショックウェーブ
地球に大使として任命される。元精神科医。
サイドスワイプ
元オートボットだが、上官のドレンチや親友のクリフジャンパー(SG)をオプティマスに殺され復讐を誓う。
レーザークロー
元大学教授で教え子のランページとダイブボムと共に自警団に参加した。
ブリッツウィング
サウンドウェーブと仲の良い平和主義者。
アストロトレイン
複数のミニコン(マイクロン)の部下に持つメイヘム攻撃隊の隊員。礼儀正しい青年。
サイクロナス
ウルトラマグナス憎しでディセプティコンに身を置いているため、メガトロンへの忠誠心はなく、内心ではアルファトライオンを信奉している。メガトロンに重傷を負わせた事で投獄されるが、紆余曲折を経てディセプティコンに復帰。
トレッドショット
ウルトラマグナスのライバルで臨時指揮官。
フレンジー
普段は物静かだが怒ると怖い少年隊員。
ラヴィッジ
猫型のレコーディコン(シャッタード・グラスにおけるカセットロンの呼称)。敵であるにも関わらずスチールジョーとは仲が良い。
ラットバット
普段はTVキャスターだが、夜になると、地球を守護するダークヒーローにトランスフォームする。そのままですね
コントストラクティコンズ
オプティマスによって重傷を負わされたクリフジャンパーを治療した。

オートボット

オプティマス・プライム
死体をコレクションにするのが趣味の正真正銘の破壊大帝
ある意味悪の軍団のボスとしてのカリスマ性はきちんと持ち合わせていた本家破壊大帝以上に破壊大帝している。
しかし元々正史のオプティマス自体が赤組(血の気が多い)だったためファン曰く違和感が無いとの事。
ロディマス
オプティマスを裏切って独自の勢力を結成する。髭が生えており、正史とは違いおっさんっぽい。
ブラー
ロディマスのお目付け役で、左目に眼帯をしている。オートボットにしては珍しく常識的な考えの持ち主。
ゴールドバグ
SG世界のバンブル。殺されたサイドスワイプの上司であったドレンチの地位を引き継いでおり、結構地位が高いがその地位が揺らぐのを恐れている。なお、地位を引き継いだ際、自身を改造してゴールドバグと名乗るようになった。
ジャズ
知能が低く、組織内での扱いもぞんざいな反面、オプティマスには忠実。オリジナル同様音楽好き。カラーリングはこの世界では珍しくG1と同じ。
リコシェ
ジャズのクローン。常にジャズと行動を共にしている。
ブラスター
クラシック音楽が好きな鬼軍曹。やはりサウンドウェーブとの仲は悪い。
ホイルジャック
マッドサイエンティスト。自らの発明品を馬鹿にしたオプティマスに反逆を企てる。
ダイノボット
メガトロンが作ったが、制御できないので廃棄しようとしたところ、オプティマスが強奪した。
ラチェット
軍医と言いつつ実は懲罰係。何故なら治療と言いつつ無意識で患者を改造してしまう癖があるから。
ウルトラマグナス
オプティマスの弟で、彼に顔を剥がされてしまった。
ホイルジャックの手引きで監獄から脱獄し、ジャンキオンを引き連れ正史のクラシック世界にやって来る。

『正史の』オートボット

クリフジャンパー
色々あってこの世界に迷い込んでしまった。短気で口が悪い。
パーセプター
自分達の世界とシャッタード・グラスの世界の融合に驚きつつ、シャッタード・グラスの世界のディセプティコンとは協調の姿勢を見せている。
ホイルジャック
サウンドウェーブの意識をスタースクリームが製作した新しいボディに転送した。

『正史の』ディセプティコン

ギガトロン(オーバーロード)
正史の世界で一部隊を率いる残忍な。名前はカーロボから来ているが、
姿や性格は「超神マスターフォース」のオーバーロードに準ずる。

最初の13人の一人、『ネクサスマキシマス』の構成メンバー

※ヒートウェーブを除いたメンバーはアメコミにて、別事情でSG世界にやって来たTF。
スカイフォール
ランドクウェイク
ブレイクアウェイ
トップスピン
ヒートウェーブ(SG世界のディセプティコンに所属)機械と会話できる。

関連イラスト

ディセプティコン

寝顔はAngel
裏表らばーず。
SG stmg
鏡の国のSW【5】「おやすみ」



オートボット

悪の華を咲かせよう!
サ軍のバイザー双子
SGロディマス&エリータワン



両軍合同

白音波のクリスマス
SD SHATTERED GLASS



関連タグ

トランスフォーマー
ShatteredGlass SHATTEREDGLASS 表記ゆれ

伏井出ケイ(ウルトラマンジード):ウルトラマン版シャッタード・グラスとも言えるプロパガンダ小説『コズモクロニクル』の作者

pixivに投稿された作品 pixivで「シャッタード・グラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122991

コメント