ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

G1編集

エリータワンクリスマスCPログ

CV:マルレーヌ・アラゴン/吹:小宮和枝

(エイリアル)CV:サマンサ・ニューアーク/山田栄子

初代アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場する、女性型トランスフォーマーのみで構成された「ウーマンサイバトロン」のリーダーにしてコンボイの恋人。セイバートロンの自動車(フューチャーカー)に変形する。


オライオン

元々はエイリアルという名のトランスフォーマーだったが、メガトロンの攻撃で負傷し、長老アルファートリンの手によってオライオンパックス(過去のコンボイの呼び名)と共に現在の姿に修復された。「シークレットパワー」という時間を止める能力を持つが、これは使用と共に自身の生命力を使い果たしてしまう危険性を孕んだ諸刃の剣でもある。彼女のボディにはコンボイのパーツと同じものが使われているため、治せるのはアルファートリンだけである。


ちなみに彼女は第40話「アルファートリンを捜せ!」の1回限りの登場であり、その後の去就は不明。

日本語版の歴史においては『ジェネレーションセレクト スペシャルコミック』にて少しだけ登場している。下記のPOTPのものをアニメカラーに塗り替えたような姿をしており、合体戦士オルティアの姿も披露している。


BOTCON編集

エリータワン

グリムロックがどこからか連れてきたオートボットで、スピードボートに変形する。セイバートロン星の3大マーシャルアーツの1つ、サーキット・スーの使い手だが、その出自には不明な点が多く、彼女自身も自らについては黙して語らない。彼女は自分に自身を持っているものの、その一方で他の仲間は彼女を認めていないと思い込むあまり、余計なリスクを背負い込みがちである。


彼女のボディにはレーザーを屈折させる性質があり、光学迷彩機能も備える。主武装の超振盪性ミサイルを装填したランチャーはEMPスクランブラーに変形する。


玩具は『Transformers Cybertron』のサンダーブラスト(ギャラクシーフォースクロミア)のリデコ品。2009年にアメリカ・カリフォルニア州パサデナで開催されたBOTCON2009にて来場者に配布された。


パワーオブザプライム編集

2018年にリリースされた玩具シリーズ『パワーオブザプライム』では、同シリーズのスタースクリームの仕様変更品としてエリータ・ワンの玩具が発売された。


スタースクリームと同じく戦闘機に変形し、同シリーズや『コンバイナーウォーズ』(ユナイトウォリアーズ)にて発売された、互換性のあるトランスフォーマーを四肢に変形・合体させて、合体形態エリータ・インフィニット(英語のスペルはElita-Infin1te)となる。


さらに同じタイミングで発売されたムーンレーサーノヴァスター、そして後年の『トランスフォーマーシージ』にて限定販売(日本未発売)されたグリーンライトとランサー、この4体のウーマンサイバトロンを手足として合体させることでオルティア(オーシア)という合体戦士が完成する。


実写映画版編集

CV:グレイ・デリスル/吹:勝生真沙子

実写映画版第2作目『リベンジ』に登場。パープルカラーのMVアグスタ・F4というバイクに変形するオートボット


同じくオートバイに変形する女性型トランスフォーマーであるアーシークロミアの二人の武器が銃なのに対し、彼女は右腕に装備されたブレードを武器に戦う。

Let's roll !!!

劇中では意識が統一されている為、三人まとめてアーシーと呼ばれている。


玩具は映画公開時に発売されたクロミアのカラーリングを変更したもので、ハズブロの『ハント・フォー・ザ・ディセプティコン』(日本では『オートボットアライアンス』としてタカラトミーより発売)のラインナップの1つとして発売された。


アニメイテッド編集

エリータワン

CV:クリー・サマー/吹:柚木涼香

アニメイテッド』では、ディセプティコンの女戦士・ブラックアラクニアの過去の姿として登場。それまでのエリータ・ワンはゲストキャラ(G1)であったり、設定ではしっかり名前があるとはいえ実質モブキャラ(実写映画版)でしかなかったため、人によっては真っ先にこのアニメイテッド版を思い浮かべるだろう。


触れた相手の能力を一時的にコピーし自らの能力と成すことができる。オートボットだった頃はオプティマスプライムセンチネルプライムでチームを組んで惑星探査を行っていたが、巨大蜘蛛の惑星で蜘蛛に襲撃された際に体が蜘蛛の毒によって変貌してしまい、蜘蛛にトランスフォームする半有機ロボット生命体になってしまう。 この時、愛人関係であったオプティマスに見捨てられ(実際は助ける事はもう不可能だと悟ってしまったセンチネルが止めた)事から彼に対して愛憎入り混じった感情を持っている。


ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー編集

CV:リンゼイ・ルソー/吹:井上喜久子

NETFLIXにて配信されているオリジナルアニメ『ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』では、同トリロジーの玩具のデザインをベースにした姿での登場となったが、細部の形状などが異なっている。玩具はアーシーに似たデザインのサイバトロンビークルに変形するが、劇中では変形シーンを披露していない。


第1部『シージ』にて登場したオートボットの特殊作戦員で、ウルトラマグナスが離脱した後は後任の軍事指揮官に任命され、サブリーダーとしてオプティマス不在時は全軍の指揮も執るようになる。


オプティマスとは親しい仲だが、長く続く戦争に戦う意味を見失いかけており、更にオールスパークに関する方針ではオプティマスに賛同できず反対を唱えている。

それでも最終局面までオプティマスを支え続け、「サイバトロン星を守るためにメガトロンを止める」という戦う意味を改めて自覚したことでアークには乗らず、サイバトロン星に残留したオートボットの生き残りやディセプティコンと決別したジェットファイヤーと共に戦い続ける道を選んだ。


玩具は『トランスフォーマーシージ』展開中には発売されず、『トランスフォーマーアースライズ』での発売となった。同シリーズのアーシーの仕様変更品であり、主に上半身の部分が新造されている。


アーススパーク編集

オプティマスやメガトロン同様に秘密組織「ゴースト」に所属している。尚、オプティマスとの仲に関しては不明。

本作では赤色の4WD車にトランスフォームする。ロボットモードでは足に車輪がついており、実写版のサイドスワイプのようにローラーダッシュができる。


吹き替えはアニメイテッド同様柚木涼香氏が担当。語尾に「~だわん」とつけて話す。


関連タグ編集

関連記事

親記事

ウーマンサイバトロン うーまんさいばとろん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50636

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました