ピクシブ百科事典

パワーオブザプライム

ぱわーおぶざぷらいむ

パワーオブザプライムとは、ハズブロとタカラトミーが展開するトランスフォーマー玩具のシリーズの一つである。
目次[非表示]

概要

アメリカ玩具会社ハズブロが販売しているトランスフォーマー玩具シリーズで、同じ「GENERATIONS」シリーズのコンバイナーウォーズ、タイタンズリターンから続く「PRIME WARS TRILOGY」と呼ばれるシリーズの最終シーズンである。
日本ではレジェンズ(の一般販売分)の次のシリーズでタカラトミーから発売されている。

特徴

合体」が一つのテーマとなっているためか、合体機能を持った玩具が多いことが特徴。商品化キャラクターもオプティマスの様な王道のアイテムからプレダキングの様な超大型アイテム、ボルカニカスの様なオリジナルアイテムまでと多岐に渡る。

本シリーズ最大の特徴はプライムマスターの存在である。
プライムマスターはタイタンズリターンにおける「タイタンマスター(国内版における『ヘッドマスター』)」と全く同規格のミニフィギュアであり単体でコアとして変形する以外にビークルのコクピットへの搭乗が可能なフィギュアであるが、タイタンズリターンでは頭部に変形したコアロボは本シリーズでは「プライムコア」と呼ばれるコアユニットへ変形する。プライムコアには13人の「プライム」を象徴する「シンボル」が背面ユニットにモールドされており、またタイタンマスターと同じく変形させボディとなるユニットにヘッドオンさせる事で、ドローンフェイスのように見立てる事もできる。

更にプライムマスターは「デコイアーマー」と呼ばれるアーマーボディに内蔵する事で「プリテンダー」として活動する事が出来る上に、デコイアーマー自身の武器を背面に装着し変形させる事でデラックスクラス以上のアイテムの5mmジョイントに武器として装備させる事が出来る(ターゲットマスターに近いギミック)。この武装には「TITANS RETURN」のウェポンビークル同様のマイクロピンが備えられており、プライムコアを「パワーコアユニット」として接続する事もできる。

以上のように本シリーズのアイテムはこのプライムマスターの登場により、G1シリーズにおける「ヘッドマスター」「パワーマスター(日本ではゴッドマスター)」「ターゲットマスター」「メガプリテンダー」の4シリーズのギミックを1つに集約したプレイバリューを獲得している事になる。

この他にも「タイタンズリターン」以来ハズブロが全面的に押し出してきた「ウーマンサイバトロンの充実」にも力を入れられており本シリーズではオプティマスとエリータ・ワン、ノヴァスター(ファイヤースター)とインフェルノといった「G1当時の時点で恋愛関係にあった者達」の再現にも積極的に取り組んでいるという特色もある。
実は海外版のみだが、コンバイナーウォーズ、タイタンズリターンから続くアニメもある

国内における扱い

日本においては本シリーズは日本国内展開されるトランスフォーマー玩具にとって大きな節目となっている。
レジェンズまで行われてきた「海外販売品のリデコアイテムを使った国内独自のシリーズ展開」がここに来て、海外シリーズと合流し同一化された事で(一般販売分は)終了し、以降は実写版玩具と同じく海外とほぼ同じ仕様の玩具が発売される事になる。
これによりヘッドマスター版ブラックコンボイやヴィクトリオン、ウインドブレードなどに見られた「海外では一般販売された商品が日本では限定商品になること」や、「海外版と同梱品や仕様が違うこと」、そして「海外版とのキャラクター設定の食い違い」と言った問題点が「一応は」改善された。
しかしこれは同時に「日本のファンにとって馴染み深い形にリメイクされない」、若しくは「海外版の不満点がほぼ修正されずに国内導入される」と言った看過出来ない弊害も生み出している。

実際、本シリーズに於けるオプティマスやロディマスは日本人ならまさしく「コンボイ」や「ロディマスコンボイ」と呼びたくなる様な正当なG1スタイルでリメイクされているにも関わらず、名義は海外準拠だったりと若干馴染めないファンも少なくない。
また、パワーオブザプライムでは塗装やタンポ印刷の他にホイルシールが多用されている為、それ由来のチープさを残したまま国内導入される形となってしまったアイテムは非常に多い(オプティマスの後部コンテナやスタースクリームの主翼が良い例)。

とは言え過去の2シーズンの集大成とも言えるシリーズなだけあってどれもスタイルの良い、プレイバリューも高い一品に仕上がっている為、購入する事自体は十二分に推奨できるシリーズである。

関連項目

トランスフォーマー 玩具 ハズブロ タカラトミー
トランスフォーマーレジェンズ→日本における前シリーズ。本シリーズからも幾つかのアイテムがタカラトミーモール限定のレジェンズに導入される予定だったとのこと。

関連記事

親記事

トランスフォーマー とらんすふぉーまー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーオブザプライム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336

コメント