ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

テラートロン

てらーとろん

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』より登場したデストロン/ディセプティコン所属の部隊。
目次 [非表示]

概要

テラートロン/テラーコン(Terrorcons)は、怪獣型のメカに変形するデストロン/ディセプティコンの部隊で、第23話『人間トランスフォーマー』から登場した。ライバルであるサイバトロン/オートボットテックボットとは対照的に本能的に破壊活動と攻撃を行う。スクランブル合体によって合体兵士オボミナスとなる。


誕生エピソードは特に描かれなかったが、シナーツインがクインテッサ星人のことを「ご主人様」と呼んでいたため、クインテッサ星人が製造したと思われる(『レジェンズ』のwebコミックでも、ホイルジャックがクインテッサ星人の作ったトランスフォーマーとして、シャークトロンアニマトロン(プレダコン)と共に彼らの名前を挙げている)。


後に『ジェネレーションセレクト』のスペシャルコミックにて、クインテッサ星人たちの口からテラートロンはユニクロンのエネルギーを利用するために開発された軍事ロボット「テラーボット」の究極体であることが明かされた。

最初にデストロンに導入された第25話『グリムロックの新しい頭脳』でユニクロンの頭部に向かったのも、ユニクロンのエネルギーを経て真の力を引き出すという目的からであったらしい。

地球人と結託したクインテッサ星人の指示でダイノボット部隊とトランスフォーマー連合軍の戦いに乱入し、各々がアンゴルモアエネルギーによって強化された能力で両軍を追い詰めた。


なお『ザ・リバース』での名称は原語版に倣い、テラーコンである。


メンバー

破壊指揮官ハングルー

CV:城山知馨夫/平野正人大塚芳忠龍田直樹ザ☆ヘッドマスターズ

テラートロンのリーダーで、双頭のドラゴンに変形する。食べることが趣味で「腹減ったー」が口癖。一方の頭で食べて消化したものをもう一方の頭で作り直すことができる。「原始の呼び声」でトルネドロンを攻撃していた。ビーストモードでの頭はロボットモードでは膝になる。ロボットモードの武器は音響衝撃銃。

オボミナスに合体する際には胴体に変形する。

アンゴルモアエネルギーで強化された後はユニクロンと同じ「転生」の能力を獲得し、捕食したセレクターズをクインテッサ配下のスリザーファングへと作り替えた。更にクインテッサ星人によって新たな武器となる盾テラーブレスターを与えられ、ビーストモードでの飛行も可能となった。


「ハングルー」(Hun-grrr)という名前は「飢え、空腹」を意味する“Hunger”と、その擬音“grrr”に由来しているという説が有力。


テロリスト リッパースナッパー

CV:堀内賢雄/沢木郁也(ザ☆ヘッドマスターズ)

手足の付いたのようなクリーチャーに変形するテラートロンの一員で、地球の生物を嫌っている。部隊でも特に暴れるのが好きで、ハングルーにたしなめられる。武器は地対空音声誘導型ミサイルとサイクロン銃。オボミナスに合体する際には左腕に変形する。

アンゴルモアエネルギーで強化された後は同じ鮫型のシャークトロン達を率いて、アラートインフェルノを追い詰めた。さらに両肩のキャノンの間から、後のライオジュニアのようにアンゴルモアボールを発射可能。


追撃兵シナーツイン

CV:西村知道/江原正士(ザ☆ヘッドマスターズ)

尾も二股の双頭の怪獣に変形する。見かけに寄らず虫や小動物にさえ怯える小心者だが、青いものが大好きでチャーを食べようとした。武器は火炎キャノン砲とロケット式徹甲用追撃砲弾、そして火炎ブリーザ。オボミナスに合体する際には右脚に変形する。

アンゴルモアエネルギーで強化された後は地獄の番犬を自称し、殺害したセレクターズのスパークを食べて回収し、トランスフォーマーの地獄「ヘルスパーク」を創り出すと宣言した。


急襲兵カットスロート

怪鳥といっても

CV:速水奨

怪鳥に変形する。そのマイクロチップには一片の慈悲もなく(そうでないデストロンの方が珍しい気もするが)破壊願望に満ちており、空中から鋭い爪と嘴で攻撃し、あらゆるものをリボンのように切り裂いてしまう。この他にも2連式磁化器を武器としている。オボミナスに合体する際には左脚に変形する。

特段禍々しいデザインではないが、ボーダーレス合体(オボメナティカス・スーパースクランブル・スクランブル7)のいずれの際も部隊の代表に選ばれている。

アンゴルモアエネルギーで強化された後はその力と奪ったエネルゴンマトリクスで、翼竜型のセレクターズのテラクサドンを大量に生み出し、捕らえたセレクターズを餌として捕食させていた。


火炎歩兵ブット/ブロット

CV:山口健

爪の鋭いミュータント(モデルは)に変形する。性格は無口で知能はメンバーの中で一番低い。暇な時はよくカットスロートと喧嘩している。武器は火炎放射と腐食性のある汚泥銃。オボミナスに合体する際には右腕に変形する。

唯一日本語版で名前が変更されており、原語版での名前はブロット。

アンゴルモアエネルギーで強化された後は、ヒキガエルの毒のようにアンゴルモアエネルギーの副産物であるアンチエレクトロンを多量に含んだオイルを分泌し、戦場にも多量の腐食ガスを蔓延させてトランスフォーマー達を苦しめた。「ブットばす」が口癖。


合体兵士オボミナス

CV:城山知馨夫/平野正人(ザ☆ヘッドマスターズ)

5体のテラートロンが合体した合体兵士で、強大なパワーを持つ反面、知力と結合力が低い。特に知力に至っては表記できるトランスフォーマー史上最低値の1で、要するにオボミナスより馬鹿なトランスフォーマーはいないのである。

テックボットの合体兵士であるコンピューティコンがオボミナスと対峙した際は一対一で戦った場合の勝率を48.027%と導き出し、合体時の結合力に難があると結論付けた。しかし、原語版のテックスペックの記述では「オボミナスには心がない」と表記されており、意志や感情は必要最低限のものしかないと言われている。武器はハングルーが使用している音響衝撃銃を携行し、肩と腹からはレーザーを放つ。


アンゴルモアエネルギーによる強化後はコンピューティコンに加えスペリオンとガーディアン3体を同時に撃破する圧倒的な戦闘力を得た。さらにまともな知性を獲得しており尋常な会話ができる他、敵がコンペリアンに合体したと見るや近くにいたメナゾールとブルーティカスを一瞬で吹き飛ばしオボメナティカスに強制合体、さらに主君であるクインテッサを出し抜いて自ら地球を支配しようとした。


玩具

玩具は『トランスフォーマー2010』放送時に発売が間に合わず、次作の『ザ☆ヘッドマスターズ』放送時に発売。説明書には記載されていないが、ハングルーは他のスクランブル合体シリーズのリーダーと同様に基地モードに変形可能。


2018年にはハズブロより展開された玩具シリーズ『パワー・オブ・ザ・プライム』のラインナップとしてテラーコン(テラートロン)各種が新たなデザインで発売。5体が合体してオボミナスとなり、スクランブル合体が可能な点は旧製品と同様で、合体用のジョイントも前年の『コンバイナーウォーズ』(ユナイトウォリアーズ)と共通なので、これらの製品とも互換性がある。オボメナティカスとスーパースクランブルの再現も可能。

同シリーズの特徴として、テラーコン各種には5体合体時の拳や爪先のパーツとなるプライムアーマーが付属し、アーマーのスロットには別売りのプライムマスターを装着できるようになっている。後に日本でもタカラトミーより同年の8月に発売されたが、商品の仕様はハズブロ版とほぼ同等。


2020年には国内のタカラトミーモール限定で、『パワー・オブ・ザ・プライム』のカラーリングをよりアニメに近いデザインとしたセットが再リリースされた。手足パーツは新規となり、更に5体それぞれ銃と、オボミナス合体時に胸部装甲となるハングルーの盾も付属する。


シャッタード・グラス

善悪が逆転した世界のオボミナスは非常に頭が良く芸術や読書を愛する知識人として描かれており、配色はG1のコンピューティコンに準拠している。


余談

ハングルーと同じく双頭のドラゴンに変形するトランスフォーマーには他にも、サイバトロン/オートボット所属で「ファイヤーボット/モンスターボット」部隊の火炎攻撃員ダブルクロスがいる。ただしドラゴンモード時の首が、ロボットモード時にはハングルーでは脚になるのに対し、そちらダブルクロスでは腕となる(つまり、ドラゴンモード時の頭がロボット時の手首)。


関連タグ

トランスフォーマー ディセプティコン 怪獣

スクランブル合体

スタントロン(スタンティコン)

コンバットロン(コンバッティコン)

テックボット

関連記事

親記事

スクランブル合体 すくらんぶるがったい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14467

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました