ピクシブ百科事典

チャー(トランスフォーマー)

ちゃー

チャーとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:ジョン・スティーヴンソン/吹:阪脩
トランスフォーマー2010』に登場するサイバトロンの一員。メンバーの中では年長者であり、過去に様々な経験を重ねてきたからかその体験談を仲間達に語って聞かせるのを好むが、時に長話が過ぎる事もあり、若年のサイバトロン戦士から嫌がられる事もあるという。後の『ザ☆ヘッドマスターズ』にも引き続き登場している。

当時発売されていたLD-BOX付属のブックレットによれば、日本語版の名前の由来は彼が博識な事にちなんで「ティーチャー」をもじったネーミングとの事。また、本来の原語版の名称である「カップ」は、ビークルモードがセイバートローニアン風のピックアップトラック(Pickup Truck)であることに由来すると言われている。

玩具

G1版の玩具はタイヤがゴム製の初期生産版と、コスト削減の為にタイヤをプラスチック製の物に変更した後期生産版があり、日本では後者の仕様が出回っていた。

また、海外では後に銃に変形可能なターゲットマスターリコイルを付属した玩具もハズブロより発売されており、後年の日本でもミニボットウィーリーとリコイルを同梱し、前期海外版の仕様に戻したチャーの復刻版がタカラトミーから発売されている。

トランスフォーマージェネレーションズ』では、ロボットモードに下記のアメコミ版のカップの意匠を取り入れ、ビークルモードを地球のピックアップトラックに一新してリメイク。ビークルモード下部にある排気筒は変形時に取り外してロボットモード時のマスケット銃となる(日本ではカラーリングを変更して『トランスフォーマーユナイテッド』にて発売)。

同じシリーズで『タイタンズリターン』が始まると今度は「サージェントカップ」という名称でタイタンマスター(ヘッドマスター)にリメイクされ、ロボット・ビークル両形態もG1シリーズの姿に再現された。カップの頭部に変形するタイタンマスターのフリントロックはカップの各部にあるピンを利用して立たせることができ、運転席にも着座可能。更に付属の2丁の銃を合体させるとタイタンマスターを乗せられる砲台となる。

日本では『トランスフォーマーレジェンズ』にて一部仕様を変更しての発売となった(後述)。

IDW版コミック

チャー


IDWパブリッシングより刊行されているコミック『All Hail Megatron』にも登場。外見はG1版とほとんど変わらないが、好々爺然としたそれとは打って変わって、荒くれ揃いの精鋭部隊レッカーズをまとめ上げる歴戦の鬼軍曹的なキャラクターとなった。

勇猛果敢でリーダーシップもあるために味方からの評価は高く、スプリンガーからは「オヤジ」と呼ばれ慕われている。幻覚症状を抑える葉巻(シーガー)型の投薬器を口に咥えているのが特徴。

かつて惑星チーシで鉱石”オーア8”の放射線の影響により、発狂し再起不能となったはずであったが、士気を保つための英雄を必要としたプロールにより、封印技術であるプリテンダーを応用し体を最新のものに再生された。また、思考もプロールの意思に沿うよう記憶操作と洗脳が施されているが、脳が放射線依存状態となっているため、シーガーに微量のオーア8成分を含ませ、「拮抗薬」としている。

マイクロン伝説

ステッパーの相棒となるマイクロンで、バイクに変形する。英語圏での名前はナイトビート(Nightbeat)。

ヘッドライトが顔に、前輪後輪がそれぞれ両腕に、排気筒が脚となる独特の体形をしている。ビークルモードのステッパーにエボリューション(合体)するとトレインモードとなり、高速で走行する事が可能となる。

トランスフォーマーレジェンズ

「LG46 ターゲットマスターチャー」の名称で発売。先述の『タイタンズリターン』版を元に、頭部と腕全体の造型、そしてカラーリングがアニメに忠実なものに変更され、更にターゲットマスター・リコイルが付属された。ただし、『タイタンズリターン』版にあった2丁の銃は省略されている。

コミックではG1版本人、リコイルはメリッサ・フェアボーン大尉の娘の「スー」という少女が変身した姿という設定。ちなみにメリッサとは『トランスフォーマー2010』や『キスぷれ』に登場した女性である。

関連タグ

関連記事

親記事

トランスフォーマー2010 とらんすふぉーまーにいぜろいちぜろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チャー(トランスフォーマー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10096

コメント