ピクシブ百科事典

トランスフォーマーザ・ムービー

とらんすふぉーまーざむーびー

『トランスフォーマー・ザ・ムービー』とは、アニメ『トランスフォーマー』シリーズの劇場映画である。
目次[非表示]

概要

1984年(日本では85年)からスタートした『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』と、その翌年に公開された『トランスフォーマー2010』の間を描いた劇場映画である。
アニメーションの制作は東映アニメーションが担当し、日本円にして40億円もの莫大な予算が用意されたが、使い切れずに余った半額を返したという。
この時の利益やノウハウが後の『聖闘士星矢』等のアニメ制作に活かされた。

アメリカでは1986年8月、イギリスでは同年12月に公開され、日本でも1987年夏に公開が予定されていたが、諸般の事情によって公開されず、89年に東京大阪でチャリティー上映やビデオLDの販売が行われるに留まった。
2001年にはパイオニアLDCよりDVDも販売されたが、それ以来再販は全く行われなかった為、現在ではプレミア価格が付き、オークション等で高値で取引されている。

原語版にはオーソン・ウェルズレナード・ニモイロバート・スタックエリック・アイドル等の名優が多数出演しており、ユニクロンを演じたオーソン・ウェルズは本作が遺作となった。

内容はカオスと評されるテレビシリーズからは想像もできないほどの鬱展開となっており、特にテレビでは描かれなかった「キャラクターの死」が色濃く描かれている。
ファンにとってはなじみ深い様々なキャラクターたちが銃撃一発で死んでしまう、特にテレビではコンドルに爆撃されようが崖から転落しようが死ななかったコンボイを始めとしたサイバトロン戦士達がデストロンの攻撃によって次々と命を落とすシーンが数多くある。

しかし、その直後からの熱い展開の数々や莫大な予算を使用しての神作画(にもかかわらず作画ミスは起こる)等、『トランスフォーマー』ファンからは伝説とまで評されるほどのクオリティの高い映画である。

ストーリー

地球歴2005年。
セイバートロン星はデストロンの支配下にあった。
劣勢のサイバトロンは、月面基地「ムーンベース」に隠れ、反撃の機会を伺っていた。

度重なる激戦で多くのサイバトロン戦士が殉職、更にはリーダーであるコンボイまでもが命を落としてしまう。
だが、コンボイはサイバトロンのリーダーが代々受け継いできた叡智の結晶「マトリクス」を新たなリーダーに託す。

一方、宇宙では惑星規模の超巨大トランスフォーマー「ユニクロン」がセイバートロン星に迫っていた。
ユニクロンは唯一の脅威であるマトリクスの排除の為、宇宙に放逐されたメガトロンガルバトロンにパワーアップさせ、マトリクス破壊を命じる。

かくして、デストロン、サイバトロン、ユニクロンの三つ巴の戦いが始まった。

登場キャラクター

サイバトロン

総司令官コンボイ(CV:ピーター・カレン 吹き替え:玄田哲章)
騎士ホットロディマス/総司令官ロディマスコンボイ(CV:ジャド・ネルソン 吹き替え:石丸博也
シティーコマンダーウルトラマグナス(CV:ロバート・スタック 吹き替え:速水奨)
空中防衛戦士スプラング(CV:ニール・ロス 吹き替え:堀内賢雄)
女性戦士アーシー(CV:スーザン・ブルー 吹き替え:勝生真沙子)
戦士チャー(CV:ライオネル・スタンダー 吹き替え:阪脩)
情報員ブラー(CV:ジョン・モシッタ二世 吹き替え:山口健)
通信員ブロードキャスト(CV:バスター・ジョーンズ 吹き替え:難波圭一)
生存者(サバイバリスト)ウィーリー(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:小宮和枝)
科学者パーセプター(CV:ポール・エンディング 吹き替え:城山知馨夫)
副官マイスター(CV:スキャットマン・クローザース 吹き替え:稲葉実)
戦闘員クリフ(CV:ケイシー・ケイサム 吹き替え:喜多川拓郎)
情報員バンブル(CV:ダン・ギルベザン 吹き替え:塩屋翼)
警備員アイアンハイド(CV:ピーター・カレン 吹き替え:速水奨)
看護員ラチェット(CV:ドン・メシック 吹き替え:江原正士)
戦略家プロール(CV:マイケル・ベル 吹き替え:石井敏郎)
攻撃員ゴング(CV:コーリー・バートン 吹き替え:稲葉実)

技術員ドラッグ
戦士サンストリーカー
偵察員ハウンド
戦士ランボル
技術者ホイルジャック
戦闘員チャージャー
建築家グラップル
探査員ギアーズ
これ以外にも初稿ではアラートトレイルブレイカーリジェも戦死とされていた。

カセットボット

偵察員スチールジョー
戦士アムホーン
監視員イジェクト

ダイノボット

指揮官グリムロック(CV:グレッグ・バーガー 吹き替え:喜多川拓郎)
密林戦士スラージ(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:稲葉実)
火炎戦士スラッグ(CV:ニール・ロス 吹き替え:山口健)
砲撃戦士スワープ(CV:マイケル・ベル 吹き替え:塩屋翼)
砂漠戦士スナール

デストロン

破壊大帝メガトロン/新破壊大帝ガルバトロン(CV:フランク・ウェルカー レナード・ニモイ 吹き替え:加藤精三)
航空参謀サイクロナス(CV:ロジャー・C・カーメル 吹き替え:稲葉実)
スウィープス参謀スカージ(CV:スタン・ジョーンズ 吹き替え:島香裕)
航空参謀スタースクリーム(CV:クリス・ラッタ 吹き替え:鈴置洋孝)
情報参謀サウンドウェーブ(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:政宗一成)
防衛参謀レーザーウェーブ(CV:コーリー・バートン 吹き替え:島香裕)
光学情報兵リフレクター

カセットロン

特殊破壊兵フレンジー(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:城山知馨夫)
特殊破壊兵ランブル(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:山口健)
空中攻撃兵コンドル
諜報破壊兵ジャガー
偵察兵ラットバット

ビルドロン

衛生兵グレン(CV:ニール・ロス 吹き替え:江原正士)
輸送兵ロングハウル・建築兵スクラッパー(CV:マイケル・ベル 吹き替え:難波圭一)
偽装兵ミックスマスター(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:城山知馨夫)
採掘兵スカベンジャー(CV:ドン・メシック 吹き替え:難波圭一)
破壊兵ボーンクラッシャー(CV:ニール・ロス 吹き替え:石井敏郎)
巨人兵デバスター(CV:アーサー・バーグハート 吹き替え:島香裕)

トリプルチェンジャー

輸送参謀アストロトレイン(CV:ジャック・エンジェル 吹き替え:喜多川拓郎)
空陸参謀ブリッツウィング(CV:エド・ギルバート 吹き替え:江原正士)

ジェットロン

航空兵サンダークラッカー(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:島香裕)
航空兵スカイワープ(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:江原正士)
航空兵ラムジェット(CV:ジャック・エンジェル 吹き替え:阪脩)
航空兵スラスト(CV:バド・デービス 吹き替え:城山知馨夫)
航空兵ダージ(CV:バド・デービス 吹き替え:難波圭一)

インセクトロン

諜報工作兵キックバック(CV:クライヴ・レヴィル 吹き替え:塩屋翼)
電子工作兵シャープネル(CV:ハル・ライリー 吹き替え:石井敏郎)
心理工作兵ボンブシェル

ユニクロン

CV:オーソン・ウェルズ 吹き替え:鈴木瑞穂

クインテッサ星人

CV:レジス・コーディック 吹き替え:石井敏郎 難波圭一 城山知馨夫 政宗一成 速水奨

死刑執行人シャークトロン(CV:山口健 稲葉実 難波圭一)
処刑人(CV:ロジャー・C・カーメル 吹き替え:江原正士)
ガード(CV:山口健)

その他

ジャンキオン指揮官レックガー(CV:エリック・アイドル 吹き替え:石井敏郎)
スパイク・ウィトウィッキー(CV:コーリー・バートン 吹き替え:江原正士)
ダニエル・ウィトウィッキー(CV:デヴィッド・メンデンホール 吹き替え:田中真弓)
クラニクス(CV:ノーム・アルデン 吹き替え:石井敏郎)
アーブラス(CV:ノーム・アルデン 吹き替え:山口健)
コンバット・ロボ(CV:フランク・ウェルカー 吹き替え:江原正士)

ナレーター(ビクター・カロリー 政宗一成)

余談

  • 上記の通り、日本では劇場公開されなかったが、「コンボイが死んだ!」キャンペーンや『コンボイの謎』が空白となったストーリーを補完する目的で展開された。
  • トランスフォーマーの映画作品は後に実写映画版が2007年に公開された為、現在ではただ単に「ムービー」と付けると実写映画版と混同してしまう為、区別をつける為に「ザ・ムービー」と呼ばれる場合が多い。


関連タグ

トランスフォーマー 映画

pixivに投稿された作品 pixivで「トランスフォーマーザ・ムービー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1512

コメント