ピクシブ百科事典

ミックスマスター

みっくすますたー

『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。もしくはMMORPGのタイトル。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. トランスフォーマー』シリーズの登場人物。本項で解説
  2. モンスター育成型MMORPG
MIXMASTER  POY 
『Happy&Happy?』



G1

遅刻ハロウィン絵
ビルドロン並べてみた


CV:フランク・ウェルカー/吹き替え:島香裕江原正士(10話)、喜多川拓郎(49話)、城山知馨夫2010

初代アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』では、デストロンビルドロン師団に所属する兵士。特殊作業を担当するBC兵器の達人で、肩書きは「偽装兵」。ミキサー車に変形。

ビームボンバーとビルドレーザー砲を武器とする。玩具に付属しているカードの解説によれば、8000℃の高熱を放つ赤外線砲や、物が歪んで見える斜光機も装備している。
ビルドロン師団が「デバスター」に合体する時は左足に変形する。

ドラムミキサーの中には酸と結合材が入っており、岩塊からロボットまで様々な物質を溶解・再構成して鉄骨や熔解液などを精製する事が可能。
ビークルモードではキャブの上部から大砲を出して調合した熔解液を発射する。
デバスターの携行武器ビルドレーザー砲と、ミックスマスターの携行武器ビームボンバーを、ビークルモードの車体に取り付けることで「ビッグバズーカミキサー」になる。

実写映画版

ダイビング・ミックスマスター
落描きミックスマスターさん


実写版2作目『リベンジ』から登場。
マックトラック社製のミキサー車から変形。
ドラムシェル部分と、車体先頭に飾られた犬の小像の顔にはディセプティコンマークが刻印されている。
ドラムシェルを分割してボディ前面に配置し盾として使用可能なほか、背中のキャノン砲を展開した「バトルモード」と呼ばれる姿にも変形できるトリプルチェンジャーでもある。
テックスペックでは他のコンストランクティコン(実写版のビルドロン)よりも頭脳のランクが一つ上。
薬品の調合や毒物など兵器には欠かせない物を作る事が出来るため、他のディセプティコンからは頼りにされているらしい。
デバステーターに合体する際は頭部に変形する。

リベンジ

メガトロン復活のシーンから登場。
ミキサー車として船に紛れ込み、他のコンストラクティコンと共にメガトロンが沈む海底へと向かっている。
ドクター(スカルペル)の「(メガトロンが復活する為の)パーツが足りない」という言葉を聞き、ロングハウルと共にスクラップメタル部品取りの為に殺害した
後にブルックリン橋に登り、国旗を叩き落していたのもミックスマスターである。
終盤のエジプト戦ではデバステーターへと合体。
更に別個体がアメリカの特殊部隊と戦っていた。
そちらは最終的にジェットファイアーと交戦し、破壊されている。

ダークサイド・ムーン

映画本編に登場はしなかったが、前日談となるゲームにてアイアンハイド編のステージボスとして登場。
メガトロンから指示を受けてディセプティコンを率い、デトロイトを攻撃、オートボットとNEST部隊が出動する事態になる。
廃工場ではラチェットを急襲して重傷を負わせ、助けにやって来たアイアンハイドに対しても四肢に装備したシールドと持ち前の機動力を生かした突進により翻弄するも、最期はホイルジャック製の新兵器、Heavy Iron 2.0を装備したアイアンハイドにより自慢のシールドを破壊され、力尽きた所をトドメの一撃で頭を撃たれ斃された。

アニメイテッド

酔いどれコンビ


CV:ジェフ・グレン・ベネット/吹:中村大樹
アニメイテッド』では、オールスパークの欠片による影響で後輪がキャタピラかつブルドーザー状のバケットを持つミキサー車から生まれている。
髭の濃い中年男性のような外見。

誕生当初は相棒のスクラッパーと同様、オートボット・ディセプティコン双方付かず離れずの状態だったが、誘惑に弱いためオイルに釣られてディセプティコンに正式加入する。
スクラッパーよりも大胆な性格で、バンブルビーからは「オッチャン」呼ばわりされていた。
腕からセメントを打ち出すことが出来る。

日本語の吹替えを担当した中村氏は『ビーストウォーズ』シリーズでライノックスを演じている。

関連タグ

関連記事

親記事

ビルドロン びるどろん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミックスマスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37434

コメント