ピクシブ百科事典

ボーンクラッシャー

ぼーんくらっしゃー

『トランスフォーマー』のG1シリーズや実写映画版に登場する、ディセプティコン戦士の一人。またはニュージーランド産の元競走馬の名前。
目次[非表示]

誘導

「ボーンクラッシャー」とは

  1. トランスフォーマー』のG1シリーズや実写映画版に登場する、ディセプティコン戦士の一人。
  2. ニュージーランド産の元競走馬の名前。85世代オセアニアの英雄と呼ばれた。→ボーンクラッシャー(競走馬)

こちらでは1について解説する。

概要

G1

昼食


CV: ニール・ロス/吹:難波圭一塩屋翼ほか
デストロンビルドロン師団の破壊兵で、スクラッパーと共に採掘を担当。ブルドーザーに変形し、デバスターに合体する際には、左腕に変形する。ドリルの部分をブルドーザーのキャブに取り付けることで「ドリルミサイルドーザー」になる。携行する武器はビームアタッカーと短距離振動弾。

ビルドロンの中では好戦的で破壊願望が強く、瓦礫が散乱した荒れ地に美しさを見出し、あらゆる場所を荒れ地に変えることを望む。また、解体作業を芸術と捉え、仲間に自らの「芸術」の才能を見せつけるのを好むと言われている。

アニメでは泣き言を言うスカベンジャーを叱責するなど他のメンバーと同様に仲間意識は強いが、その一方で『ザ・ムービー』ではセイバートロン星への帰還の際、サバイバル案に基づき『負傷者の放逐』を提案するなどドライな一面もある。

実写TF

第1作目に登場するディセプティコンで、バッファロー地雷処理車に変形する。実車よりも大きなクローを装着しているのは、カタログに掲載されていた写真のクローの迫力を見込まれての起用だったが、実物を確認してみるとスタッフのイメージよりも小さかったため、迫力を補うべく急遽大型のクローが増設されたからである。

劇中では高速道路での追撃戦の末にオプティマスにあっけなく首を斬られて倒されてしまったが、脚部のタイヤをローラースケートの様に利用して走り、背中の巨大な爪と長い腕を振り回して大型バスの後部を粉砕、付近の乗用車を蹴散らしながらオプティマスに肉迫するシーンは迫力満点。
厳つい外見や登場時のインパクトから裏返ったかのような出落ちのおかげでファンからは皮肉を含んだ「ボンクラ」の略称で呼ばれている。

余談だが、このボーンクラッシャーのデザインがランページとなる筈だった。

性質

テックスペックでの彼の勇気の値は設定上「8」と比較的高い方に分類されているが、頭脳は5と若干低めに設定されている。頭脳が低めな理由は、有り体に言えば彼の性格が『方向性無き破壊衝動』が強い所謂バーサーカーであることが原因と見られる。その破壊衝動は同胞であるディセプティコンメンバー、果てはメガトロンに対しても例外なく向けられるが、メガトロンの威圧によって辛うじてディセプティコンに繋ぎ止められている。

関連イラスト

Bonecrusher

 

ボンさん



関連タグ

トランスフォーマー トランスフォーマーのキャラクター一覧
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー デストロン ビルドロン ダンプカー デバスター

実写TF メガトロン スタースクリーム ブラックアウト バリケード ブロウル フレンジー スコルポノック 顔面破壊大帝

関連記事

親記事

ビルドロン びるどろん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ボーンクラッシャー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ボーンクラッシャー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126317

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました