ピクシブ百科事典

ブロウル

ぶろうる

『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

トランスフォーマー』シリーズに登場するデストロンディセプティコン)の戦士である。G1、実写版、ゲームはそれぞれ別人であるが、戦車に変形することが共通している。

なお、同名のキャラクターは『スーパーリンク』にも登場している。

G1

ブロウル


CV:トニー・セント・ジェイムズ/石井敏郎
スタースクリームにより製作されたコンバットロン部隊の一人。デストロン反逆者のパーソナルコンポーネント(人格を司るパーツ)を用いられた。
同じ部隊のオンスロート、ボルター、ブレストオフ、スィンドル合体する事で合体兵士ブルーティカスとなる。スクランブル合体システムにより、ブルーティカスの手足として合体可能だが、アニメでは主に左脚に変形していた。

彼のボディには、ガダルカナル島で発掘された第二次世界大戦時のアメリカ軍M36ジャクソン駆逐戦車、もしくは旧日本軍四式中戦車の残骸が使われたようだが、パーソナルコンポーネントの影響なのか旧西ドイツ軍レオパルト1戦車変形するようになった。
他のメンバーに比べて一部のスペックがやや低かったり、ガーディアンとの一騎打ちでボディを破壊された際に他のメンバー共々スィンドルによってパーツを売り捌かれた挙句、ジャンク扱いされて捨てられたパーソナルコンポーネントを大学生に拾われ、彼らが作ったロボットに取り付けられたりと、不遇な扱いが多い。

また、メンバーの中でもとりわけブルーティカス関連の作画ミスに巻き込まれる事も多く、『2010』では撤退の際にすぐ後ろを同サイズのブルーティカスが走っていたり、彼の遠征中にガルバトロン後ろで棒立ちするブルーティカスと会話しているシーンがよく見受けられた。
更にはセイバートロン星に帰還したメガトロン達を襲撃したはずが、直後スィンドルと入れ替わっていた…なんてことも。

実写映画版

ブロウル
俺たちを忘れちゃあいないかい?


実写版1作目に登場。M1エイブラムス戦車に変形する。
自身の質量とエイブラムスの質量が一致せず(おそらく彼の方が重かったのだろう)不完全なスキャンとなったため、変形時は実際のエイブラムスには存在しない武装がいくつか装着されている。
ロボットモードでも両手のガトリング砲、肩のミサイルなど、全身が武器の塊となっている。

終盤のニューヨークでの決戦では、脚部を損傷したバンブルビーと、彼をレッカー車でけん引したミカエラ・ベインズとの連携により敗れ去った。

交錯し混乱を呼んだ名称

当初は「ブロウル」名義で登場が予定されており、玩具の名称や発表の際もそれが用いられていた。
しかし、映画会社と玩具メーカーの通達ミスにより、映画公開直前で突如名前をデバステーターに変更され、劇中でも思いっきり「デバステーターも向かう(Devastator reporting)」と名乗ってしまった。
これに対し、タカラトミーの担当者は「正式名称はブロウル。映画はDVDで修正するかもしれない」とホビー誌でコメントしていたが、結局修正されなかった。

これにより彼の名前はどちらなのか、ファンの間では一時期論争が勃発した。その後、続編の『リベンジ』にてデバステーターという名前の、姿形が全く違うキャラクターが登場し、変形玩具も「ブロウル」の名称で発売された為、現在は落ち着いている。
pixivでデバステーターの文字が入ったイラストが存在するのは、そういった劇中の台詞の影響である。もちろん分かったうえでイラストにあしらっている場合も考えられるので、注意するときは慎重に。

DEVASTATOR



ちなみに、実写映画版のアーケードゲーム『トランスフォーマー ヒューマンアライアンス』内第2ステージ・サイドスワイプルートにて「ディセプティコン ブロウラー」と表記されている(こちらは大して問題になっていない)。

War for Cybertronシリーズ

CV:ノーラン・ノース
日本未発売のサード・パーソン・シューティングゲーム『War for Cybertron』シリーズにも登場。

プライム』と世界観を共有する本作においては、彼らコンバッティコンはセイバートロン出身のトランスフォーマーとして登場。
ブロウルはエイリアンタンクに変形し、他の4体のコンバットロンに先駆けて登場を果たしている。
WFCではバリケード、メガトロンらと共に当時はオートボット所属だったスタースクリームが守護するダークエネルゴンを封印しているステーションに突入し、制圧後はアイアコンのステラ・ギャラリー(瞑想室)の襲撃にも参加している。

その続編となる『Fall of Cybertron』では、前作と同一人物かは定かではないが、他のコンバッティコンズと共に登場し、ブルーティカスに合体することも可能で、合体時はG1版同様に左足に変形する。また、キャタピラを三脚のように変形させた砲台モードも披露した。
玩具『ジェネレーションズ』ではスクランブル合体が可能。
1作目での性格は鬼軍曹そのものであったが、2作目では短気な性格で描かれており、玩具のパッケージの記述もこちらの性格が適用されている。

なお、本作のブロウルの吹き替えを担当したノース氏は、同作でもクリフジャンパーやブルーティカスのCVを担当したほか、『プライム』でもスモークスクリーンスカイリンクス役として参加した。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロウル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42518

コメント