ピクシブ百科事典

メタルギアREX

めたるぎあれっくす

コナミから発売されている潜入アクションゲーム『メタルギアソリッド』に登場する核搭載二足歩行戦車。
目次[非表示]

概要

2005年にアラスカ・フォックス諸島沖にあるシャドーモセス島の核廃棄処理施設に偽装した基地で、アメリカ陸軍(及びDARPA)とアームズ・テック社によって極秘裏に開発されていた核搭載二足歩行戦車

ハル・エメリッヒ博士(オタコン)にTMD(戦域ミサイル防衛)用の撃墜弾体射出システムのプラットフォームと偽って設計・開発させていた。

機体解説

武装として弾体射出用大型レールガン、30mmガトリング砲、自由電子レーザー砲、対戦車誘導ミサイルを装備している。
機体自体の密閉性も高く、堅牢なセラミックス複合装甲を採用しているため高性能な成形炸薬弾でもなければ有効なダメージを与えることはできない。
しかしオタコンの「人も兵器も弱点が無ければ可愛くない」という美学から、REXは覗き窓等が無く、外部からの情報はレドームに格納されたレーダーやセンサーでのみ収集するという弱点が意図的に盛り込まれている。
外部の情報はセンサーで収集した視覚情報をVR化してコクピット内部のモニター上に投影するシステムになっているため、センサー類が集中しているレドームが破壊されるとコクピットハッチを開いて肉眼で外部を確認するしかなくなる。
開発者であるオタコンにより極秘で格闘用のモーションが組み込まれており、後述のRAYとの戦闘では対メタルギア兵器相手に勝利を収めている。

ステルス核砲弾射出システム

REXのメタルギアとしての最大の特徴。
弾体射出用レールガンは非常に高い加速力を持っており、理論上は世界中の何処にでも射出物を到達させることが可能となっている。
これを利用して核弾頭を砲弾のように撃ち出せば、原理的には大砲と同じであるため、長距離弾道ミサイルのようなミサイル兵器に伴う推進剤の燃焼を行わずに核弾頭の大陸間到達が可能であり、噴射炎などを捉える現行の弾道ミサイル警戒システムでは探知できない。
さらに核弾頭そのものにもレーダー反射断面積(RCS)低減や電波吸収素材(RAM)の使用など各種の撹乱技術が施されている。
またロケットブースターを使用しないのでコスト面でも優れている他、詭弁ではあるが核弾頭の運搬手段がミサイルや爆撃機では無いために戦略兵器削減条約に抵触しないともされている。
核発射制御システムは通常ロックされており、DARPA局長ドナルド・アンダーソンとアームズ・テック社社長ケネス・ベイカーしか知らない暗号コードをそれぞれ両方打ち込む必要がある。
しかし非常用の安全装置としてPALキーによって発射システムのスタンバイか解除のいずれかを行うシステムが用意されている。

隠密展開即時発射可能なメタルギアの核搭載二足歩行戦車としての利点と、ステルス化された『見えない核』の両方を合わせ持つREXは、「どこから核が飛んでくるかわからない」という東西冷戦時代の核の恐怖の再来であり、悪用されればまさに世界の核バランスを崩壊させかねない存在であった。

ただし、レールガンのスペックはベイカー社長の誇張が多く、シミュレーションでならまだしも実際に発射しても命中精度に問題があるとの事。

各種格闘モーション

オタコンが密かにREXの制御システムに隠していた白兵戦に陥った時を想定したプログラム
巨体であるREXと白兵戦の状態になる事はこれまではRAYの開発まで考えられておらず、同等の兵器がないとありえない上にそもそものREXの目的には不要なものだったのだが、オタコンの独断で秘匿されていた。
その為、リキッドが操縦していた時よりも大立ち回りができる事が判明したのである。

  • 蹴り:相手へハイキックをお見舞いする。

  • 噛みつき:コックピット部分である顎部関節で噛み付いた上に持ち上げて地面に叩きつける。操縦者は大丈夫なのかと色々不安になる攻撃。さらに股間の自由電子レーザーで噛みつき持ち上げをしながらぶちかますモーションもある。

  • 踏みつけ+自由電子レーザー:REXがひるんだ相手に全重量で飛び降りた上にさらにジャンプして自由電子レーザーをぶちかます。

  • 体当たり:REXの頭部で相手を壁で押しつぶすが如く体当たりをけしかける。

  • 対戦車ミサイル一斉射撃:噛みつきの発展型。地面に叩きつけた上に追い打ちをかけてミサイルを浴びせる。これでトドメを刺すとなんともいえないカタルシスに至る。

・・・もはや、歩兵と兵器を繋ぐ歯車どころかグラーニンも驚愕のビックリドッキリメカである。
さすがにこのロボットアニメのロマン全開の「オタ魂」だけは発想できなかったであろう。

劇中の活躍

MGS3

メタルギアシリーズの時系列では1964年のソ連において科学者であるグラーニンの草案が最初となる。当時は二足歩行戦車の優位性が確立できず、机上の空論の扱いをされていた為にシャゴホッドの方が採用されてしまっていた。
後に技術情報は二つのルートでアメリカ側に渡っており、一つはグラーニンのアメリカの友人に、もう一つはオセロットによってCIAに渡っている。

MGSPW

後に技術の転用は実際にメタルギアZEKEで使われていたらしく、そのフォルムにその影響が見てとれる。ただし、有人型ではなくAI制御。

MGSVTPP

REXに至るまでには「サヘラントロプス」が通過点としてあるようにも見えるが、グラーニンの草案からはややかけ離れたものである。

MGS

アームズ・テック社とDARPAはシャドー・モセス島の基地で繰り返されていたVR上の仮想演習のデータを具体的に裏付けるべく模擬弾頭による最終演習を行おうとするが、その直前に武装蜂起したリキッド・スネーク率いるFOXHOUNDと次世代特殊部隊によって奪取される。
リボルバー・オセロットが暗号コードを聞き出す前にドナルド・アンダーソンを殺害してしまったことで核を撃てない状態だったが、リキッドの罠に嵌められたソリッド・スネークによって核発射モジュールのロックが解除されてしまう。
リキッドに駆られたREXはスネークと対決するが、オタコンの助言とグレイ・フォックスの活躍もありレドームは破壊され、スティンガーミサイルを撃ち込まれてコックピット内部が損傷したことで活動を停止する。

事件後、オセロットによって持ち出されたREXの演習データがブラック・マーケットにばら撒かれたことで、メタルギアの亜種が世界各地で生み出されることになった。

MGS4

REX本体はそのまま放置されていたが、SOP導入以前に作られた裸の核弾頭を求めたリキッド・オセロットにより、搭載されたままのステルス核弾頭とレールガンが持ち出された。
損傷したコックピットはメタルギアMk.III経由でオタコンがシステムを組みなおし、無事な部分で操縦可能にしたことで再起動に成功、自爆型月光が迫る中でスネークに操縦されて地下基地の脱出に成功する。
直後にアウターヘイブンに搭載されたメタルギアRAYを駆るリキッド・オセロットに襲撃され、交戦。
有人機として作られたREXと無人型を無理やり有人型に改造したRAYという優位があったとはいえ、対メタルギア兵器であるRAYに勝利する。
その直後に限界を迎え、メタルギアMK.IIIとの接続が解除されて機能停止した。
レールガンはアウターヘイヴンに搭載され、衛星軌道上の『J.D』を狙って使用されるも発射直前にワームクラスターFOXALIVEによりアウターヘイヴンに積まれた『G.W』を含む全代理AIが停止。核攻撃は阻止された。

因みに・・・

MPOの拡張版であるMPO+ではREXの格納庫(当然REXも格納されている。)が対戦ステージとなっている。
MGSPWではREXがモデルのモンスターが登場している。
MGS4でのREXを駆って月光の群れを蹴散らしながらの地下からの脱出・RAYとの決戦の展開が同社のがんばれゴエモンシリーズのゴエモンインパクト戦と非常に似通っている。一部ではオタコンインパクトという声も…

立体物


東京ゲームショー2003にて、ザ・ツインスネークス仕様のペーパークラフトが配布されていたが、コトブキヤにて1/100スケールのプラモデルとして販売された(仕様は初代MGS。リキッド、ソリッド及びフォックスのフィギュアが付属)。 当初はダメージ仕様(以後:MGS4仕様)を製作する際は、装甲パーツや武装パーツを取り払いコクピットの仕様も展開状態にしなければならなかったが、MGS4仕様(オールドスネーク、雷電、メタルギアMk.IIIのフィギュアが付属)も単体で立体化された。また、模型オリジナル仕様として特性デカールの付いた初代MGS仕様のブラックバージョンも発売されている。

メガハウスから「ヴァリアブルアクションD-SPEC」というシリーズにもラインナップ。小さいながらもよく動き、コクピットハッチの展開ギミックも再現されている。 また、ブラックカラー版も限定で販売された。

ThreeAからは1/48というビッグサイズで発売され、その後はハーフサイズ版も登場している。レールガンの砲口及び頭部のライトが発光する仕様となっている。

余談

MGS3のグラーニンの部屋に本機の模型が飾られており、MGS4ではノーマッド内のオタコンのコンピュータの近くに模型が飾られている。


関連タグ

MGS MGSPW MGS4 ギアレックス

pixivに投稿された作品 pixivで「メタルギアREX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167127

コメント