ピクシブ百科事典

シギント

しぎんと

シギントとはメタルギアソリッドシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

声優は藤原啓治/佐藤正治MGS
1939年11月11日生まれ。
趣味はバスケットボールで、好きな動物は猫。
スネークの作戦サポート要員の一人。兵器や軍事技術の専門家で、「特別にスゴい専門家」を自称する。スネークが使用する武器や装備品を開発した人物でもある。
シギントとは、シグナル・インテリジェンスの略で、電子機器を使った諜報活動のこと。


※以下、ネタバレ注意!














彼の本名はドナルド・アンダーソン。
MGSに登場したDARPA局長であり、「愛国者達」創設メンバーの一人。
実はネイキッド・スネーク、オセロットに次いでMGS3でその後の時代に登場した人物である事がエピローグの年表である程度の形で判明した。




作中での活躍

MGS3

当時24歳。スネークイーター作戦から参加する。ゼロ少佐のスカウトによりCIAへ入局してFOXのメンバーとなっている。1964年当時は黒人への差別意識が高かった時代故にまともな就職先がなかった彼であったが、その知識と能力が人種に拘らない方針のゼロの目に止まった事がきっかけとなっている。
装備に関してはかなり変わったこだわり(ライコフの変装マスクの目の瞬きにやたらと拘り口を開けられるように作らなかったり、リベレーターがカッコいいからとEZ-GUNの見た目をそれに似せ小型化する等)を持っていて(特に見映えに関して「カッコいいだろ?」とよくスネークに同意を求めたりもする)、その事でパラメディック達に変人呼ばわりされている。ただし、自分ではまともだと思っているのか、ゼロ少佐パラメディック達を変人だと思っている。
また、上半身裸(UNIFORM:NAKED)になったときに彼に通信するとスネークが「下半身は脱げないのか?」と発言し「脱げるわけないだろ!どうしてFOXには変人しかいないんだ!」と返したり、段ボールをかぶったままで通信するとスネークが「被らなければならないという使命感や、人間はこうあるべきだという安らぎに満ちたものを感じる」と発言し「あんたといい、パラメディックといい、どうして少佐の部下には変な奴しか居ないんだ」と呆れたりしてスネークのことも変人扱いする。
・・・とはいえ、軍事技術に関してはスペシャリストである為1964年当時の東西の軍事技術事情・装備には概ね精通している。スネークが現地で初めて見た軍用ヘリ(ハインド)の目的の推察、アメリカではまだ遅れをとっていたソ連の装備品に舌を巻いている。

スネークイーター作戦後、人種を問わずに活動できるネットワーク世界を目指してARPA(現DARPA)に入局、インターネットの前身であるARPANETの立ち上げに参加した。

二足歩行戦車のコンセプトを否定した発言やメタルギアとみられるものが引き起こした悲劇的な夢を見た事を語るが、皮肉にも後に彼はメタルギアREX開発計画に加わることになる。

シークレットシアターのメタルギアシギントではスネークのおいしいシーンをほとんどもっていった(ザ・ボスとの決着を除く)挙句ビッグボスの称号を与えられている。

MPO

パラメディックと同じく、特定の条件を満たせばプレイヤーキャラとして使用可能、やはり無線で話も聞ける。サンヒエロニモ半島事件当時ARPAでは兵士が五日間にわたり食事を取らずに戦闘を続けられるようにする、「メタボリック・ドミナンス」という極秘プロジェクトが進められていた。

MGSPW

本人は登場しないが、カズヒラ・ミラーゼロ少佐との会話に名前だけ登場した。
この時点でゼロの設立した組織『CIPHER』に参加しており、AIについて「所詮、機械は機械」とミラーに語っていたようである。

MGSV

本編では登場はしない。カセットテープにてオセロットやヒューイの証言にて現状を確認できる。
この時からDARPAに所属しており、立ち回りからして既に局長を務めているのかもしれない。
ゼロ率いる非政府諜報組織の傘下にあり、ストレンジラブの研究を引き継いで中枢代理AI『愛国者達』を完成させ、同時に代理AIによって運営される組織が『CIPHER』から『愛国者達』へと改められる瞬間にも立ち合っていた模様。
しかし、かつてはゼロとも親友の様に親しい仲だったのに、この頃には既にカットアウトを通じてのやり取りでしか繋がっておらず、彼もゼロから信用されるような仲ではなくなっていったようだ。

これと前後してゼロがXOF指揮官スカルフェイスの仕組んだ寄生虫を使ったトラップによって脳障害を起こして再起不能に陥ってしまったため、『愛国者達』の代理人はシギント=ドナルド・アンダーソンに任せられる事になった。ただし、あくまでも『愛国者達』の中枢代理AIの維持・管理を務めただけで、組織の全権を任されたというわけではなかった。
シギントの目論見は、ゼロも同意した思念や情報統制の仕組みを『規範(プログラム)』という形で機械に残す事であり、時代にこれの上を永久に反復させる考えでいた。
しかしオセロットからは、MSFから倣ったプライベートフォースが行う戦争ビジネスが、それを狂わすだろうと危惧され、ゼロの思念は何れは朽ちると予言されている(現にMGS4では読みが当たっている)。

シギントは愛国者達のプロジェクトにストレンジラブ博士も召集したが、何らか事故(トラブル)で主任を外しており、その上でどういう訳かマザーベースで捕縛されているヒューイと連絡を取っている。どの様な要件で連絡していたかは不明。しかしATGC社のパラメディックの関与も確認はされている為、マザーベースにしかない声帯虫の研究の可能性が高いだろう。
しかしシギントとヒューイに関しての関わりは不明である。だがMGSのメタルギア開発計画の責任者として参加する未来は決まっている為、” ヒューイがシギントから得る対価 ”は不明だが、” ヒューイから得るメタルギア研究資料 ”は欠かせないものだったかもしれない。

MGS

DARPA(国防省付属機関先進研究局)の局長となっており、この時で年齢は50~60代。
メタルギア開発計画の関係者の一人で、メタルギアの演習に参加していたが、FOXHOUNDの蜂起により人質となる。
スネークと会話していたのはFOXHOUND隊員のデコイ・オクトパスであり、本物はスネークの作戦開始前に既に死亡している(スネークが入れられた独房の中で死亡している)。
オセロットの拷問が行き過ぎたというのは表向きの話であり、実際はオセロットが自分の正体を隠す為に殺害していた。

MGS4

既に死亡しているが、スネークの前に現れたビッグママ(EVA)の口から彼の本名と彼が愛国者達の創設メンバーであることが明かされる。



関連イラスト

しぎんと



関連タグ

MGS3 MGS 愛国者達 ゼロ少佐

pixivに投稿された作品 pixivで「シギント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13742

コメント