ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CV:麻生智久


概要編集


メタルギアソリッドの登場キャラクター。米国国防総省長官であり、シャドーモセス島事件の対テロリスト作戦司令官として、AWACS早期警戒管制機)の機内より指揮を執る。年齢は70代。身長179cm。


DARPA局長のドナルド・アンダーソンとは親友であり、彼と共にアームズ・テック社社長であるケネス・ベイカーと癒着し、メタルギアREX及び新型核弾頭の開発計画を共謀して、『愛国者達』にも内密に進めていた(さらに裏では大統領も糸を引いていた)。その為に、DARPA局長だけは殺すつもりは無く、彼にメタルギア及び新型核弾頭の演習データを回収して貰う予定だったのだが、彼はリボルバー・オセロット拷問中に事故死した為に、目論見が外れる(実際は、『愛国者達』の意向も受けていたオセロットが、自身の正体を隠す為の口封じとして故意に殺害した)。


作中では、リキッド・スネーク達のテロ行為により、メタルギアREXゲノム兵の存在が暴露される事を恐れて、ソリッド・スネークを「FOXDIE」ウィルスの運び屋にする事で、関係者だけを殺害してメタルギアREXとその演習データを無傷で回収しようとしていた。しかし、本人は自らの意思でこれらの作戦を遂行しているつもりでいたが、実際はDIAの少佐(MGS2時では大佐)であり、『愛国者達』のエージェントでもあるリチャード・エイムズらによって、その行動や作戦も密かに操られていた。


その後は、スネークがメタルギアREXを破壊した事を知って、全ての証拠を消し去る為に、シャドーモセス島の空爆命令を発動するが、『愛国者達』の意向を受けたエイムズによって逆に自分が拘束されてしまい、空爆命令は撤回された(表向きは大統領からの指示という事になっている)。

「シャドーモセスの真実」によると、事件後は自身が全ての責任や罪を被せられる事を拒否した為に、彼等によって拳銃自殺に見せかけて暗殺されてしまい、一連の空爆命令などは彼が精神に異常をきたして行った事として処理された(彼の家族や部下には、精神的に衰弱していたと自殺の兆候があったように証言をさせる偽装工作が図られた)。


そのためシャドーモセス事件は、行方不明として処理されたリボルバー・オセロットを除いて当事者が全員死亡する形で幕を閉じた。

米軍ないしは愛国者達にとって蒸し返されたくない暗部であり、S3計画完成後は事件の詳細は削除され、調書も改竄されていたという。

そのため、真実を知るキャンベル、メイ・リンメリル・シルバーバーグ達は閑職に回されている。


レイモンド・ベンソン著の小説版によるとクラーク博士と大統領の仲介人でもあり、「恐るべき子供達計画」にも参加していたとされている。


関連タグ編集

MGS 軍人 将校

アメリカ軍 国防総省 ペンタゴン

関連記事

親記事

MGS1 めたるぎあそりっどわん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました