ピクシブ百科事典

パラメディック

ぱらめでぃっく

パラメディックとはメタルギアソリッドシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV.桑島法子

概要


1936年6月22日生まれ。
趣味は映画(特にSF、ホラー、ファンタジーもののB級映画)鑑賞。寿司日本酒を好んでおり、嫌いなものはカニ。好きな動物は小鳥である。
家族構成は両親と兄二人。
スネークの作戦サポート要員の一人。医師の資格を持っており、スネークの作戦中の体調管理をサポートし、セーブも担当する(彼女のみ専用回線が二つ用意されており、セーブした後に映画の話が聴ける)。実はスネークに段ボールを使った偽装を提案した張本人である。
コードネームの由来はパラシュートで駆けつける救急救命士で、医師としての腕が確かなこともゼロ少佐が保証しているが、かつてのあだ名はヤブ医者。これはアヒルの擬声語で「やかましい人」を意味し「ヤブ医者」という意味ももつ“quack”を掛けた英語のジョークだった。
後に空挺降下で駆けつける看護部隊である「パラメディック部隊」を立ち上げる。




作中での活躍

MGS3

当時28歳。ヴァーチャスミッション時から参加。

しかし、ヴァーチャスミッションは失敗に終わり、最後のチャンスとしてスネークイーター作戦に参加。失敗すれば医師免許剥奪という危機に陥ってしまった。
が、同じく最後のチャンスとなったスネークの活躍のおかげで医師免許剥奪からは免れた。

作戦地域における動植物等についても、食料にできるかや毒性の有無、生態などを解説してくれるのだが、中には知識や資料が間違っているものもある。自分を日本通だと思っているが、
日本人を刺身やすき焼きにして食べる」、
「日本だと扉が開かない時は扉の前でお祭りをするそうよ」、
ゲイシャガール達がスレンダーなのは皆カロリーメイトでダイエットしているから」
などの誤った知識をスネークに披露するシーンもある。また、即席ラーメンに興味を持っており、余ったら持って帰ってきてほしいとスネークに頼み込むことがある。曰く『一度、食べてみたかったのよね・・・・即席ラーメン(それ)・・・』とのこと

任務中、野生動物を捕獲して食料にしているスネークに対して突然、軍用犬や馬を食べないよう言ってきたり、ガーコやゾンビを知らないスネークやシギントに対して、「無知な人たちね」と解説を始めたりする。通信の会話などでスネークやシギントを変人呼ばわりするが、逆に彼らから変人扱いされたりもする。

また、スネークとの通信において、道徳上は否定したいが、医師としてクローン技術に興味があるとコメントしたことも。

映画好きになったきっかけ


作中で多くの映画作品に精通しており、スネークに勧めている。 ここまで映画好きになったのは、幼き頃に家族で映画を観に行った時がきっかけとなっていて(といっても、幼かったからか映画の内容までは上手く理解できなかったが帰りの時に買ったキャンディバーが印象に残っており ここから映画好きになっていった)




関連タグ

MGS3 MGS FOX ゼロ少佐 ネイキッド・スネーク シギント































    【警告】これより先、彼女の正体が記載されているため閲覧には注意されたし











































彼女の本名はクラーク。
MGSで名前だけ登場したクラーク博士の正体であり、彼女も「愛国者達」の創設メンバーの一人。
先述の"quack"も、「やかましい人」「やぶ医者」だけでなく、彼女の本名の発音に近いためにそう呼ばれていた。
MGS3の時点で彼女の正体は仄めかされていたのである。





MPO
1970年にはワシントン州シアトルに米国初のパラメディック制度を導入し、自らもパラメディック部隊の設立に成功した。
特定の条件を満たせばゼロ少佐シギント同様、プレイヤーキャラとして使用可能になり、無線相手のリストにも名前が載る。無線で話が聞けるが、映画オタクは相変わらずなようだ。
スネークイーター作戦以来、野生動物の調理法を勉強したが、今回は十分な食料があると聞いた時はがっかりとしたようである。

MGSPW
本人も名前も登場せず、話題にすら上がらないが、事件の裏で「恐るべき子供達計画」を担当していた。
小説版MGSでは計画を実行に移している時の様子がやや詳しく描写されており、国防省長官とも会話していた。

MGSV
本人は登場はせず、カセットテープでのコードトーカーとヒューイの会話から現状を知る事が出来る。
恐るべき子供達計画のクローン研究を成し遂げてから何年後か、ATGC社に所属し声帯虫と寄生虫の研究に目を付け始める。また今回キーとなった声帯虫の生みの親でもある。
ヒューイ曰く、「クラーク博士」に関する情報は徹底した情報統制が敷かれ、素性はおろか性別すら全く掴めなかったらしく、この事からヒューイからは「幻(ファントム)」と呼ばれている。
相変わらずのマッドサイエンティストっぷりからか、そのヒューイからは同じ科学者として謙遜されてしまっている。(はっきり言ってただの同族嫌悪でしかないが)
”ある財団”としてコードトーカーに連絡を取り、声帯虫と寄生虫のサンプルを預けて紹介している。
またダイヤモンド・ドッグズに捕縛されているヒューイと連絡しATGC社の人物として裏で繋がっていた。
しかしパラメディックがどういう経緯でヒューイと繋がっていたか、また連絡の用件が何だったのかは本編ではっきりとはされていない。(上記のテープの件や時期的にも声帯虫に関係したものだったことは間違いないが詳細は不明)


また声帯虫の研究はコードトーカーに任せていた事もあってか、コードトーカーの館にて寄生虫の研究成果の資料はサイファーが強奪している。
強奪したのはゼロに反旗を起こした元スカルフェイスの配下、XOFだが後にサイファーの指揮系統が回復した為、シギントの配下になっていた。
そのXOFに声帯虫の研究の資料を強奪するように、又研究の資料を警備会社ゼロリスク・セキュリティの警備させる様にと頼んだのはサイファーだが、直接指示したのは声帯虫の研究の生みの親である彼女だと思われる。
結局、研究資料の回収はヴェノムに阻止された為、声帯虫のサンプルはマザーベースにしか存在せず、コードトーカーがヴェノムの協力者となったことや、唯一繋がっていたヒューイもβ線による突然変異の検証結果は得られたものの、声帯虫自体の回収には失敗して追放された為、声帯虫の研究の目処がつかなくなり断念する事になったと思われる。

MGS
ナオミ・ハンターとの会話で名前のみ登場。
ザンジバーランドで回収されたグレイ・フォックスをサイボーグ化する計画に携わり、遺伝子治療やサイボーグ化等の様々な実験に彼の体を利用した。人前に出る機会があまり多くなくナオミは彼女の事を「彼」と呼んでいた(小説版では「彼女」に訂正されている)。
オセロットEVAナオミ・ハンターの支援で解放されたグレイ・フォックスによって殺害されている。

MGS4
本人は既に死亡しているが、ソリッド・スネークの前に現れたビッグママ(EVA)の口から彼女の本名と彼女が愛国者達の創設メンバーであることが明かされている。

関連記事

親記事

MGS3 めたるぎあそりっどすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パラメディック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181613

コメント