ピクシブ百科事典

サリン

さりん

有機リン化合物の神経ガスの一種。

有機リン化合物神経ガス一種、正式名称イソプロピルメタンフルオロホスホネート、化学式C4H10FO2P。
1902年には既に合成されていた、1939年ごろからナチス・ドイツが開発に着手、「サリン」という名称は開発に携わったシュラーダー (Gerhard Schrader)、アンブローズ(Otto Ambros)、リッター (Gerhard Ritter)、ファン・デア・リンデ (Hans-Jürgen van der Linde)の名前に由来する。
非常に強い毒性を持ち、殺虫剤開発する過程発見されるが、猛毒を含む為使われないと判断された。
なお、あまりの毒性ゆえに開発したナチスでさえも使用をためらう程だったともいわれている。

日本で起こったサリンテロ

1990年代にはオウム真理教がサリンを開発し、サリンを使った事件が起こった。

最初にサリンがテロに使われたのは松本サリン事件で、当初は正体不明の毒ガスであり様々な憶測を呼び全く無関係だった者(なお、この人物の家庭も事件の被害者である)が農薬を所持していた為疑われたが、発生した毒ガスの成分が所持していた農薬では作成不可能なものである事が判明。後に判明したのがオウムによる毒ガス発生装置を詰んだトラックが被害地域を走行しながら散布していた事実が明らかとなった。

そして、戦後日本最大最悪の毒ガステロ「地下鉄サリン事件」が発生し毒ガスの正体が明らかとなった。

pixivに投稿された作品 pixivで「サリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22379

コメント