ピクシブ百科事典

地下鉄サリン事件

ちかてつさりんじけん

「地下鉄サリン事件」は、1995年に起きた無差別同時多発テロ事件。
目次[非表示]

概要

1995年3月20日朝に東京都地下鉄で発生した、神経ガスのサリンを使用した日本国内史上最悪のテロ事件。
犯行はオウム真理教信者によるもので、首謀者は教祖である麻原彰晃松本智津夫)など。
サリンが撒かれた列車は、営団地下鉄(現:東京メトロ千代田線日比谷線丸ノ内線を走る合計5本。これらの路線はいずれも霞ヶ関駅を通る路線であり、国家機能の中枢を担う官庁職員を狙う意図があった。

事件発生後、都内のほぼ全ての救急車が現場となった駅に集結。築地駅近くの聖路加国際病院は災害発生による大量の被害者の治療を考慮した設計がなされていたため、被害者の治療に大きな役割を果たした。
更にサリン中毒の治療にはプラリドキシムヨウ化メチル(PAM)が必要だが、元々の用途が有機リン系の農薬中毒の治療に用いるもので、病院に大量にストックされるような物ではなかった。しかしサリン中毒の治療にはPAMを2時間に2本のペースで投与しなければならないため、あっという間にストックを使い果たしてしまう。病院から緊急要請を受けた薬品卸会社は東海道新幹線沿線の営業所、病院、診療所からPAMを集め、名古屋駅から新幹線に乗った社員に停車駅で直接受け渡す作戦で輸送した。その結果、大事件にも拘わらず死亡者が14人と少なかった。
なお、死亡者が少なかったとはいえ、毒ガスにより身体機能に甚大な障害が残った被害者は多くいる。サリンのせいで障害を負い、まともな生活ができなくなったり、寝たきりといった者も多い。

フィクションの世界では、秘密結社世界征服の一環で毒ガス散布テロを起こすというのはよくある物語だが、それを現実で唯一実行したのがオウム真理教だったのである。

この事件は日本のみならず国際社会にまで大きな衝撃と影響を与えた。
世界各国で化学兵器を用いたテロ対策のマニュアルが作成される契機となり、そのモデルケースとしてこの事件が教訓とされた。
また、海外からオウム真理教とその後継団体がテロ組織認定されており、現在でも解除されていない。

実行犯

豊田亨広瀬健一横山真人林泰男林郁夫の5名。
林郁夫を除く4名は科学技術省の次官で、総指揮を執った村井秀夫の部下であった。
林郁夫のみ麻原の指名で加えられたが、理由は不明。

サリン散布の方法

ビニール袋に詰めたサリンを新聞紙に包み、これを電車内で床に置き、先端を鋭利に尖らせたで突き破って漏出させるという手口がとられた。
新聞紙には、疑惑を他の団体に逸らす目的でしんぶん赤旗聖教新聞が使われた。

実行犯は一人あたりサリンを2パック所持したが、林泰男のみ3パック所持し、最も大きな被害を出した。
逆に横山真人は2パックのうち1パックしか突き破れず、担当列車から死者が出なかった。

その後

この事件は、数日後に予定されていた警察からの強制捜査を逃れる目的で起こされたとされるが、オウムの狙いとは裏腹に強制捜査は予定通り実行された。
オウム側は証拠隠滅を図った為、数々の問題はあれど決定的な証拠は見つからなかった。

しかし、翌月になって別件で逮捕していた林郁夫がサリンを撒いたと供述。彼の全面自供によりオウムの犯行である事が確定し、同時に芋づる式に犯行メンバーが逮捕された。
唯一、送迎役の一人であった高橋克也のみ逃走を続けるも、2012年に逮捕。
これにより一連の刑事裁判が終了し、麻原含む13人の死刑が2018年に執行された。

オウム真理教は消滅し、関連施設も早々に取り壊された為、今となっては事件の痕跡を伺うことは出来ない。
それでも不定期的にこの事件を検証・再現した特番が放送されるなど、社会に確かな負の足跡を残している。

余談

  • この事件の影響は、何ら関係のない他県の学生にまで及んだ。修学旅行で東京に行く学校は、行先を変更したり、修学旅行自体を中止する対応が相次いだ。予定通り東京へ向かった学校も、地下鉄の利用を一切禁止するなどの対応をとった。
  • 死者が少なかったのは、サリンの純度が低かったことも影響している。時間をかければ高純度のサリンを生成できたが、前述の通り強制捜査が迫っていた事情から、納期短縮を優先せざるを得なくなり、低純度の状態で妥協した実情がある。もし時間をかけて高純度のサリンを生成していた場合は、被害は桁違いに拡大していたと予想される。


関連項目

テロ 化学兵器 サリン オウム真理教
松本サリン事件:同じくオウム真理教により、長野県松本市の住宅街にサリンが撒かれた事件。この事件の前兆となった。

関連記事

親記事

同時多発テロ どうじたはつてろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「地下鉄サリン事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5603

コメント