2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

私がバイクを降りるのは死ぬ時か、恋をした時

声優は渡辺美佐/夏木マリMGS4

※彼女の投稿作品には「エヴァ」や単に「EVA」というタグをつけられることの方が多い為、検索の際は注意されたし。


人物

1936年5月15日生まれ。本名不明。

スネークイーター作戦の際に、フルシチョフが派遣したKGBの工作員「ADAM」の代わりとして登場した。
バイクをこよなく愛している。
作戦中、イギリスのトライアンフ社製のバイク。MGS3のラストでは「ボンネビルT120」を、MGS4では「ボンネビルT100」を運転していた。

スリーサイズは88-62-86である模様。どうやら小島秀夫の理想の女性のプロポーションであり、これに近いスリーサイズのネタが他作品にも登場している。















ネタバレ注意


MGS3

当時28歳。
NSAの元暗号解読員で、1960年にADAMとともにソ連へと亡命した。アメリカ生まれの白人。
使用する銃はモーゼル・ミリタリーの中国製のコピー品(EVAはこれを十七型拳銃と呼んでいた)。
フルオート射撃時に銃を横に構えて反動を利用して流し撃ちを行う「馬賊撃ち」を使う。

初めて廃工場跡でスネークと出会った時、彼は彼女の谷間に釘付けになっていた。EVAはスネークに自身の美貌と色香が通用しないと嘆いていた(?)が、廃工場や廃屋では結構興味津々だった事を彼女は気付いていなかった。


表向きは眼鏡を掛けた弱い女性のタチアナを演じている。
タチアナはソコロフの愛人ではないかとされていたが、実際にはタチアナとソコロフに関係は無い。

即席ラーメンが大好物。最も美味しいものには
「もっと食べさせてぇ...!」と絶賛する。
実はスネークとの同行時に彼と食の好みが意外と同じだったりするが、FOODの履歴を見ると彼よりいいものばっかり食べていたりする。ちなみにCUREの履歴を見ると…?
少なくとも彼女は過去に受けた訓練や無線時に見る事ができるプロフィール写真から社交界にも潜り込んだ諜報活動もしていたようである。

スネークに想いを寄せるようになったのは、彼が拷問を受けている際、オセロットが戯れでEVAにロシアンルーレットをしたのを、身動きが取り辛い状況にもかかわらず庇ったからである。
ザ・ボスとスネークの特殊な関係に複雑な想いを抱いている。

伝説の女スパイ「マタ・ハリ(実在した人物)」とスネークに例えられたが、彼女はその例えられ方は嫌がっているようである。

なお、彼女の本当の正体は中国人民解放軍総参謀部第二部の二重スパイ。なんと本物のEVA(男性)とすり代わっていたのである。かつて「賢者達」が中華民国に設立した工作員養成所に世界中から集められてきた子供達の1人。当時ザ・ボスが教官を務めていたことから彼女には正体を見抜かれていた。
馬賊撃ちや十七式拳銃を扱っていたのもその為である。

本来の任務はシャゴホッドに纏わる核開発の機密データそして賢者の遺産の在処が記されたマイクロフィルムをも入手し、その存在を知る関係者を抹殺する事だったが、ソコロフからはシャゴホッドのデータが入った磁気テープを入手し、スネークから賢者の遺産のマイクロフィルムを手に入れたものの、彼を愛したこととザ・ボスとの約束からスネークを始末することは出来ずにそのまま去っていった。
持ち帰った「核開発のデータ」はともかく「賢者の遺産」のマイクロフィルムは、姿を見せなかったADAMその人だったオセロットがすり替えた偽物であった。
後にこの失敗が原因で中国側賢者達に追われ、後にスネークやオセロット達と合流する。

騙していたことへの謝罪とザ・ボスから打ち明けられた作戦の真実をオープンリールに残していた。

MPO


スネークイーター作戦での任務失敗により人民解放軍を追われ、傭兵パイロットとして活動していた。(これ以前に1968年にハノイでビッグボスと再会している)
スナイパーライフルの技術レベルが最高。

MGSPW


おそらく当時38歳。
スネークイーター作戦時代の回想シーンにて登場。
また、EVA名義でスネークに荷物を送っており、10年間話す事を躊躇い続けたザ・ボスの極秘任務の真相が録音されているカセットテープだった。
どういう伝手があるのかは不明だが、マザーベースに荷物を送れるあたり、道は違えたもののこの時点でも繋がりは完全には切れていない様子。

この裏では「恐るべき子供達計画」でビッグボスの体細胞とパラメディックの助手の日本人女性の卵子で受精に成功した受精卵を自身の胎内に引き受け、代理母として出産。ソリッドリキッドの双子が誕生している。
PW当時は2歳となっているため、36歳頃には身籠っていたとみられる。

MGSVTPP

MGSVGZでは、おそらく当時39歳。
MGSVTPPでは、おそらく当時48歳
ビッグ・ボスと重症のMSF兵の身柄を確保し、キプロスの病院へ運んだ。

ここからMGS4で彼女の語る、「真実虚構を織り交ぜたビッグボスの物語」の虚構部分が語られる。
エンディングに見られるオセロットがビックボスに用意したバイクは、MGS4でEVAが乗るバイクとなる。

野島一人著の小説版ではリキッド(イーライ)の養育をしていたが、彼女が出生の秘密を話したことでリキッドは失踪、以降のリキッド暴走の原因となった。

その後、アウターヘブン台頭ザンジバーランド騒乱での時代で彼女の表立った活動は明らかになっていない。

MGS4

無題


「私が母親…ビッグ・ママよ」

80歳近い高齢だが、未だ衰えを知らない美貌と行動力を持つ。
メタルギアシリーズの重要なファクターの一つ、「愛国者達」の創設メンバーであった事が判明する。息子のソリッド・スネーク(デイビッド)に「愛国者達」の正体を語った。
ビッグママ(マットカ・プルク)とも呼ばれ、戦災孤児たちを引き取り(※)、訓練し、組織した「失楽園の戦士」を率いている。
ビッグ・ボスの身体の場所を調べたり、エリア51から雷電を救出するなどをしていた。

ザ・ボスの最後の意志を間違えて解釈したゼロ少佐、および「愛国者達」によって変わってしまった世界を元に戻すため、そして彼らによって肉体に精神を幽閉されて人工的な脳死状態にされ、イコン(象徴)として保存されているビッグ・ボスを解放する為に、オセロットやナオミ・ハンターらと協力して、愛国者たちを倒す計画を立案する。
その計画の一部としてオセロットと協力しフランク・イェーガーを使ってパラメディックを殺害し、さらにオセロットはシャドー・モセス事件でシギント(ドナルド・アンダーソン)を拷問中の事故に見せかけて殺害した。

そして雷電に「愛国者達」に捕らわれていたサニーの居場所を調べて教えたことと引き換えにビッグ・ボスの体の奪還に協力してもらいビッグ・ボスの体を取り戻した。

そして東欧でビッグ・ボスの体を狙って送りこまれたPMCレイブン・ソードやヘイブン・トルーパー、UACVスライダーやレイジング・レイヴンとスネークと共に激しいカーチェイスを繰り広げた末に重傷を負い、最後はスネークに投与されていた新型FOXDIEによって死亡した。享年78歳。

※…ビッグボスもかつてはザンジバーランドにおいて戦災孤児を何人か保護していた。なお、ビッグボスは孤児達を戦場の世界から遠ざける意思を持っていた。なお、EVAも結局は失楽園の戦士メンバーが偽装対立とはいえ壊滅で命を落とした事を悔やんでいた。

スネークの母として

ファンの間ではMGS3の時点でジョンと親密になっていく事やエピローグで男女の仲になった事を想起させるイベントがある為、ビッグ・ボス=スネークの父ならEVA=スネークの母と予想がされMGS4でそれが事実となった。
ただし、EVAはあくまでも『遺伝子操作された受精卵の提供を受け入れた代理母』である為、遺伝子的にはソリッド・スネーク(デイビット)やリキッド・スネーク(イーライ)との直接の血縁関係は無い。
だが彼女は、愛したビッグ・ボス(ジョン)の子供を授かることを望んでいたため、彼女本人はクローンなどではなく他でもない自分の息子であると思っている。なお、ビッグ・ボスは子を為す能力が失われていた為に計画で彼の体細胞から得た遺伝子が使われた模様。(MGSではリキッド曰く不能者(ED?)とされていたが、ジョンはある無線会話で自身のある箇所を見て「今日も元気だな!」と言っている事からソッチの方では無かった模様)
そのためスネークから『代理母』呼ばわりされた際はさすがにショックだった様子(これに関しては自身の誕生経緯を既に知っている上に、そこに関してはもうこの当時のスネークはドライになっていたので仕方がない)。
一方で、40年近く会っていなかった事から、スネークは唐突に現れた母に実感がなかったのかもしれない。だが、スネークの胸の中で彼女が息を引き取った際には何かしら思う所はあった様子。
スネーク(デイビッド)が一番若い頃のビッグ・ボス(ジョン)に言動や内面も似ていた為か、彼女は彼をビッグ・ボスと重ねて見る事もあった。

ちなみにスネークを本名で呼ぶ数少ない登場人物。割と親バカ気味でスネークの銃の腕前を「さすが私の息子ね!」と褒めちぎる始末。

妙に自信家だった若き日のEVAに対してリキッド(イーライ)もまた自信家(しかも金髪)な性格なのは遺伝子うんぬんを抜きにしてもやはり親子だとしか…。

TPPの項目にあるように、幼少期のリキッド(イーライ)の養育も行っていた。

彼女の思い

スネークイーター作戦で当時のネイキッド・スネークだった頃の彼と出会い。彼に惹かれていった。
彼のまっすぐなその瞳が、ザ・ボスに向いていることを知りながらも、その思いは消えず、それが後に「恐るべき子供達計画」への加担の要因になる。
先述のように、ビッグ・ボスの子供を孕むことが何よりも幸せであったが、この出来事によってビッグ・ボスとゼロ少佐との確執は決定的になり、彼は愛国者達を去ることになる。
子供を産むことには肯定的でありながらも、結果的にビッグ・ボスを裏切ることになってしまったことを彼女は最後まで悔やんでいた(計画自体にはビッグ・ボスは憤慨していたのに対してEVAと表立って不仲となった様子は無い、しかしお互いにその後は別々の道を進んだのは確かである)。
しかし、残りの生涯を陰で愛国者達との戦やビッグ・ボスへの忠の為にオセロットと共に使い、晩年においてもビッグ・ボスへの愛情は変わらなかった。若き日のビッグ・ボスが窮地に陥ったEVAにかけた「君が必要なんだ!」は終生彼女の心の支えになっていた様子。

この為かオセロットも彼女のことは同志として信頼していたらしく、MGS4で彼女の最後を見届けた時は直前までリキッド・オセロットになりきって、はしゃぎ回っていたにも関わらず、静かにどこかもの悲しげにしていた。

本物のEVAは一体誰だったのか?

先に結論から言うと不明である。NSAの暗号解読員二名(共に男性)がソ連に渡ったのは史実だが、ADAM自体が経歴上無関係の可能性が高くスネークが接触する人物の情報自体が虚構であった可能性もある。
また、ADAMと同じくアメリカに縁のあるソ連出身の人物が実はもう一人いるが、ネイキッド・スネークと接触した事もあるもGRUの一般兵にすぎず、後の時代の人物の祖父にあたるこの人物が本物のEVAだった確証は無い。
物語中では結局有耶無耶になったが、少なくともADAMの背後にいる組織による筋書きによって本人の知らぬ間に動かされていた可能性もある。
しかしADAMとEVAは素性がどうあれ、結果的にはスネークイーター作戦の成功だけでなくその後の愛国者達との離反と反乱にも大きく貢献して生涯に渡ってネイキッド・スネーク(ビッグ・ボス)を助けた事となる。

ゴーストバベル

外伝作かつパラレル作品となる「メタルギア ゴーストバベル」ではソリッド・スネークはビッグ・ボスの実子である設定となっている。
と、言う事はスネークイーター作戦後に恐るべき子供達計画ではない形でスネーク(デイビッド)は生まれた事になるわけだが、スネークの母親が誰なのかはゴーストバベルでは不明のまま。果たしてEVAなのだろうか…?今となっては色々整合性のとれない設定になってしまっているわけだが。

スマブラ参戦

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALではスピリッツとして参戦する。
愛するネイキッド(ビッグ・ボス)やザ・ボス、同志のオセロットとともスピリッツとして再会することになった。


関連イラスト

ネイキッド&EVA



別名・表記ゆれ

エヴァ タチアナ ビッグママ

関連タグ

MGS3 MGS4 ビッグボス 愛国者達 
ゼロ少佐 ネイキッド・スネーク 
リボルバー・オセロット パラメディック シギント ザ・ボス
ヴェノム・スネーク

関連記事

親記事

MGS3 めたるぎあそりっどすりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52303

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました