ピクシブ百科事典

ライコフ

らいこふ

ライコフとはメタルギアソリッドシリーズに登場するキャラクターである。フルネームはイワン・ライデノヴィッチ・ライコフ。
目次[非表示]

人物

CV:堀内賢雄
GRUに所属する軍人で、階級は少佐雷電によく似た容姿を持つ美男。
バイセクシャルのヴォルギン大佐の「男」の愛人で、本人も女嫌いのゲイである。
ヴォルギンからの寵愛は相当なもので、大要塞グロズニィグラード内では、特別に総司令官である彼と同等の権限を与えられるという破格の待遇を受けている。
普段から奇行の目立つ変人として要塞内では有名で、更には訓練などと称して度々兵士や科学者たちをイビっており、ヴォルギンの威光もあってかなり恐れられている。

彼の変人振りは筋金入りのものらしく、ライコフに変装した状態だと、段ボールから出てきても疑われず(ただし、被ったまま移動するとバレる)、気絶させた敵を引きずっても不審がられないうえ、殴りつけたりホフク状態で敵の下に潜り込んでも敬礼される。
しかし、軍用犬には通用せず、2回目の潜入時には変装は通じないので注意。

食い意地が張っており、道ばたに落ちているものでも平気で拾い食いするため、度々、腹を壊してトイレに駆け込んでいる(トイレのドアをしつこくノックすると「入っている」「入っていると言っているだろう」「一緒に入りたいのか?」「いいだろう。入れ」と言って入れてくれるが、ステルス迷彩を使わないとバレる)。

眠らせて放置した場合、見つけた兵士に「少佐。また寝てるんですか?起きてください」「少佐、もうここで寝るのはやめてください」と言われている。

ゼロ少佐は何故か彼をやたらと嫌っており、彼の話になるとスネークに「何か奴に恨みでもあるのか?」と困惑されるほど取り乱すことがある。

また、彼を殺害しているとザ・ソロー戦でパンツ一丁で彼が歩いてくる。

彼をCQCで捕らえて尋問するとMGS2の雷電の台詞やヴォルギンの弱点を教えてくれる 。

「ライデノヴィッチ」とはスラブ系言語で「ライデンの子」といった意味で、前作の主人公である雷電と瓜二つの容姿。
関係は不明で、彼を殺害してもタイムパラドックスにはならない。
ゲーム中のアクションも雷電と同じ(回し蹴りなど)。しかも、あっちのサイズも雷電と全く同じ。

ガチホモで大の女嫌いなため、EVAの誘惑は効かず、エロ本に関しては「フンッ」と忌々しそうなリアクションをする。
また、必殺技は相手の股間を握り潰す「股間つぶし」で、その威力はすさまじい。

スネークイーター作戦以前に彼に変装して潜入する計画があり(作戦は中止)、マスクはそのときにシギントによって作成された。

グロズニィグラードの破壊に巻き込まれなかったのかMPOにも登場。
ヴォルギン大佐死後の権力競争に敗北し、サンヒエロニモ半島に左遷されたが、その変人ぶりから反乱軍に拘束されてしまう。
接触することで仲間になり、プレイヤーキャラとして使用可能。優秀なショットガンの使い手として活躍する。
逃げ足が速い、女性に興味が無いという特徴からか、所有キャリアはアスリート(走りが速くなる)と芸術家(雑誌が通用しないが、オフラインでは全く意味がない)。
MPO+では雷電が追加キャラクターとして登場しているため、夢の共演が可能。

MGSV:TPPでは本人は登場せずワク・シンド分屯地でランダムで聞ける兵士の会話に名前だけ登場。詳細は不明だが本編開始直前にワク・シンド分屯地に視察しに来ていたらしく「1984年」の英語版の本を宿舎に寄贈して帰ったとのこと。兵士達が全て英語が読めないようで結局誰も本を読めていない。しかし、あらすじはライコフが話していたらしく、兵士達は大体の内容を把握している。
また別の会話ではライコフが狼のような犬を連れていたらしく、その狼が基地内で子供を産んだらしいが、死産で悲しんだとのこと。子供を埋葬しようとしたところその姿は無く、兵士は他の動物に食べられたのだろうと話している(DDの出生の話である可能性が高い)。

関連イラスト

ララララララララ


関連タグ

MGS3 雷電 ヴォルギン ホモ 残念なイケメン

pixivに投稿された作品 pixivで「ライコフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171059

コメント