ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:龍田直樹


「科学者はいつも利用される…!」

              

「私は純粋に宇宙ロケットを作っていたかった… だがそれも不可能だ」



概要

フルネームはニコライ・ステパノヴィッチ・ソコロフ

MGS3に登場したロシア人科学者。元々はロケット技術の科学者であったが、ソ連の兵器開発を行う秘密設計局OKB-754の局長を務めている。臆病な性格で、作中では敵に怯えているシーンが何度も見られた。タチアナという愛人がいる。スネークに対しては信頼しているためか、冷静にやりとりしており、シャゴホッドの弱点を教えるなど助言している。


1962年、KGBの指揮のもとである兵器を作っていたのだが、「自分が作った兵器が恐ろしくなった」という理由で西側に亡命するも、キューバ危機の発生でソ連に身柄を引き渡された過去を持つ。


FOXが行ったヴァーチャスミッションでネイキッド・スネークに保護されるが、突如現れたザ・ボスとヴォルギンに遭遇。ボス率いるコブラ部隊に拉致されてしまい、スネークの負傷と共に任務は失敗に終わる。

その後はヴォルギンによって強制的にシャゴホッドのフェイズ2(中距離弾道弾射程合成延伸システム)の最終調整を命じられる。

スネークイーター作戦でグロズニィグラードに潜入してきたスネークと再会。約束を果たすべく脱出しようとするも最早諦めの境地にあり拒否。その理由はたとえアメリカへ亡命したとしても再び殺戮兵器開発へ利用されることを懸念したためであり、アメリカにいる家族との再会も断念。タチアナも実際はヴォルギンの愛人であることも明かし、残した家族をスネーク達に託した。

彼によるシャゴホッドのフェイズ2の解説及び、政治に利用される科学者としての苦悩を吐露するシーンはMGS3の中でも屈指の名シーンである。


スネークとの接触後はヴォルギンに見つかり身柄を拘束され、凄惨な拷問に掛けられた末に殺された。ヴォルギンにとってはシャゴホッドが完成してしまえば用済みだったのである。しかし、彼は最後まで口を割ることはなかった。


…が、実は生きていた事が発覚する。ポータブルオプスではジーンによって救出され、グラーニンが考案したメタルギアの設計をさせられている事が判明。

メタルギアを使って暗躍するジーンの真意を知った後は、ゴーストと名乗って無線でスネークにサポートするようになった。


その後の消息は不明。

余談

ヴァーチャスミッションの際、ソコロフのいる廃工場の部屋は窓が割れているため、部屋の中にグレネード等を投げ入れることができる。なお、スモークなどの非殺傷物なら怖がるだけだが、通常のグレネードを直撃させるとタイムパラドックスが発生してゲームオーバーとなる。


関連タグ

MGS3 MPO グラーニン

科学者

関連記事

親記事

MGS3 めたるぎあそりっどすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63852

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました