ピクシブ百科事典

ドロップキック

どろっぷきっく

プロレス技の一種。
目次[非表示]

解説

正式名称は『フライングドロップキック』。
格闘技におけるキックの一種。
勢いをつけて高く飛び上がり、そろえた両足で思いきり蹴り飛ばす。
飛び上がった後に落下(drop)しながら蹴るため、こう呼ばれる。

プロレスで多用される技であり、その豪快な見た目から多くのプロレスが使用する。
有名な使い手はジャンボ鶴田ミル・マスカラスジャイアント馬場(32文ロケット砲)、武藤敬司(低空ドロップキック)、近年ではオカダ・カズチカなどの選手たちである。

昭和のプロレスブームも手伝って、誰もが知っている蹴り技の一つともなった。

これ自体が決まり手になることは無く、主にロープから帰ってきた相手への追撃、もしくは跳ね返ってきた際のカウンターとして放たれる。
ただし、派生技であるコーナーポストからのドロップキック(いわゆるミサイルキック)は、しばしばフィニッシュホールドとなる。

お笑いのパフォーマンスとして

元々プロレス界の必殺技が起源だが、TVではバラエティにて芸人がキレると、ドロップキックで攻撃する場合がほとんど。

主な代表

さらにフジテレビ『めちゃ×2イケてる』で、レッドキングプレッシャー星人(岡村隆史)に図体似合わず、蹴りをお見舞いした事もある。(↑上の画像)

関連タグ

格闘技 キック
プロレス

pixivに投稿された作品 pixivで「ドロップキック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 458668

コメント