ピクシブ百科事典

ミル・マスカラス

せんのかおをもつおとこ

ミル・マスカラス(本名:アロン・ロドリゲス)とはメキシコ出身のプロレスラーである。別名:仮面貴族。
目次[非表示]

概要

1942年7月15日生まれ。メキシコのルチャ・リブレを代表するルチャドールの一人、そして世界で最も著名な覆面レスラーの一人として、華麗な空中殺法で人気を博した。

1965年にメキシコのルチャの大会場アレナ・メヒコでデビュー。日本には1971年に初来日。スパイロス・アリオンと言う選手と組んで馬場猪木の「BI砲」が持つインタータッグ王座に挑戦し、猪木とのシングルマッチも行われた。73年10月からは全日本プロレスに参戦し、ジャンボ鶴田ザ・デストロイヤーと好勝負を展開。『サマー・アクション・シリーズ』など夏場のシリーズに例年参戦しており、ドス・カラスとの兄弟コンビ(マスカラス・ブラザース)での来日は全日本の「夏の風物詩」ともいわれた。

また、MSG(マディソン・スクエア・ガーデン)における「覆面レスラーはマスクを脱いで素顔で出場しなければならない」というルールを破り、初めて覆面を被ったままMSGに登場した人物でもある。俳優としても活動しており、これまで20本以上の映画(ルチャシネマ)に出演している。

70歳を過ぎた現在もリングに上がっており、現役最高齢の部類に入る。ちなみに「膝に負担をかけず、アルコールよりもお寿司や肉(動物性タンパク質?)を摂り、静かな生活を心がける」事が重要らしい。

2014年12月の東京愚連隊の興行にて、テリー・ファンク、舟木誠勝とタッグを組み、往年の空中殺法も披露した。

兄弟

弟に同じくルチャドールの竜巻仮面:「エル・サイケデリコ」、飛鳥仮面:「ドス・カラス」がいる。

マスカラス兄弟


(手前の青いマスクがドス・カラス)

覆面

試合毎にマスクを変えることから "千の顔を持つ男" と呼ばれた。リングネームはスペイン語で「千の仮面(マスク)」という意味である。ただし、初来日時には画像の覆面のデザインが奇怪に見えた事から「悪魔仮面」のニックネームが付けられた。

日本で試合に出場した時には複数枚のマスクを用意して、リングに入場する際、マスクの上に別のマスクを更に被り(オーバーマスク)、そのオーバーマスクを投げファンにプレゼントするパフォーマンスが人気を集めた。

入場テーマ

ジグソウの「スカイ・ハイ」。全日本プロレスで使用されたのは映画主題歌版。


関連タグ

プロレス

pixivに投稿された作品 pixivで「ミル・マスカラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43709

コメント