ピクシブ百科事典

TAJIRI

たじーりさーん

TAJIRI(田尻義博:1970年9月29日~、熊本県玉名市生まれ)は、現在WRESTLE-1に所属する元WWEスーパースター。
目次[非表示]

人物

WWEを始めとして、複数のアメリカでのプロレス団体で活躍したので、地域などによっては松井秀喜イチローを超える知名度を持つので、「プロレス版メジャーリーガー」とも呼ばれる。

WWE入団前まで

大学卒業後に金融会社でサラリーマンをしていたが、プロレスラーになる夢を捨て切れずに退職し、アニマル浜口の元で修業を積み、1994年9月19日IWA・JAPANにてプロデビュー。
現在でこそ日本人レスラー屈指のテクニシャンとも呼ばれるTAJIRIであるが、デビュー当時は専門誌から厳しい批判を受けるほど「しょっぱい」試合が多かった。
しかしその後、徐々に頭角を現すとIWA・JAPANを退団しメキシコへ武者修行に出る。
メキシコの超大手でルチャリブレの修行を積むと、帰国後は大日本プロレスへ移籍。1997年1月4日に新日本プロレスとの対抗戦へ参戦。敗れこそはしたものの、大舞台への強さを披露している。
しかしさらなる成長を望み、再びメキシコへ武者修行に出る。
この時の渡墨でポール・ヘイマンにスカウトを受け、トライアウトをクリアした上で1998年にECWマットに登場。
ここで爆発的な人気を得て、ECWの看板レスラーの一人までに成長した。

WWE入団後

2001年に経営難からECWが崩壊。ポール・ヘイマンにつられる形でWWEへ移籍。
この時与えられたギミックは、コッミッショナー(役の現役選手)のお茶汲み役と言う、あんまりな役。
しかし英語で喋りかけてくるコミッショナーに、身振り手振りを絡め、表情豊かに日本語で返す(何故か会話が成立している)スキットは意外にもウケて、退団まで一貫して使われた。
なお、正式にTV収録に参戦した時は、ECWの花形スターと言う認識が高く、試合時に観客から大「ECW」コールが発生した。
2002年に所属する女性選手(?)「DIVA」の一人であるトリー・ウィルソンとの純愛ストーリーで、ベビーフェイスとして活動開始。
しかし抗争相手との抗争終了をもってこの路線も終了となった。
2003年には、怪我で離脱したチャボ・ゲレロJrにかわり、エディ・ゲレロとのタッグ路線を開始。後にエディの代名詞ともなる「改造車ローライダーで入場」と言う路線は、この時に組まれたストーリーで発生した物。
またこの時のタッグはTAJIRIに取っても良い影響を及ぼしたようで、ヒゲの形をお揃いにしたりと良好な関係を築いていた。
また2005年には、日本で行われたTV興業でお茶汲み役として仕えていたウィリアム・リーガルと共にタッグ王座を獲得し、スターダムを確実な物にしつつあった。
しかしそんな矢先、TAJIRIにとって悲痛な出来事が起こる。
ウィリアム・リーガルの前にタッグパートナーとして組んでいたエディ・ゲレロの、あまりにも突然過ぎる死である。
この出来事にショックを受け、当時連載を持っていたプロレス誌で退団を示唆。その後同年の12月12日を持って自主退団。

帰国後

帰国後は日本のプロレス団体「ハッスル!」に参戦。何故か「変態オヤジ」キャラだった。
その後は2010年をTAJIRI自身を中心としてSMASHを創立。更にSMASH解散~WNC(WRESTLING NEW CLASSIC)を経て、2014年に武藤敬司WRESTLE-1に事実上合併という形で移籍した。

得意技

TAJIRIにとって代表的な技・オリジナル技に限って紹介

バズソーキック

TAJIRIの異名である「ジャパニーズバズソー(日本製丸ノコ)」のもととなった得意技。
中腰・膝立ちになった相手の頭部(こめかみ辺り?)への強烈な蹴り。

タランチュラ

バズソーキックとならぶTAJIRIにとって代表的な技。
ロープに絡みつく形で仕掛ける逆エビ固め。基本的にプロレスにおいて、ロープを使っての攻撃やフォールは反則扱いである為、勿論この技も反則扱い。
実は対して痛くない、と言うより良いストレッチになるとか

ハンドスプリングエルボー

素早くロープへ逆立ちするように倒立し、その反動を使って相手にバックエルボーを叩き込む、TAJIRIオリジナル技。その後、数多くのレスラーに使用されるようになった革命技。

グリーンミスト/毒霧

謎の毒液を相手に吹きかける技。入場曲の名前にもなっており、TAJIRIの代名詞の一つ。
審判の目を盗んでミスト発射→ひるんだところにバズソーキックというのがTAJIRIの必勝パターン。
日本ではグレートムタとの毒霧共演もあった。

関連項目

WWE エディ・ゲレロ

pixivに投稿された作品 pixivで「TAJIRI」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3742

コメント