ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

所属OB
出身石川県能美郡根上町
生年月日1974年6月12日
身長・体重188cm、95kg
投球・打撃右投左打
守備位置外野手
プロ入り1992年ドラフト1位
引退2012年


1993年、星稜高校からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。
2003年にFA権を行使し、MLBへ移籍。ニューヨーク・ヤンキースに入団。2009年にはワールドシリーズでのMVP選手となる。
2010年よりロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムへ移籍。
2011年よりオークランド・アスレチックスに移籍。
2012年はフリーランスとして開幕を迎えるも、タンパベイ・レイズとマイナー契約、その後メジャー昇格。
2012年12月28日(※日本時間。現地時間では27日)に現役引退を表明。

2013年5月5日、恩師の長嶋茂雄と共に、安倍晋三首相(当時)から国民栄誉賞が授与された。
同年7月28日(※現地時間)には引退セレモニーがヤンキース主催で行われた。

引退後はニューヨーク・ヤンキースのGM特別アドバイザーに就任。

選手として

NPB、MLB通算の本塁打は507で、2020年終了時点で歴代7位。

NPB時代は稀代のホームランバッターとして名を馳せた。NPBでの実働は10年だが本塁打王・打点王・最高出塁率のタイトルに3度も輝き、ベストナインも1995年から8年連続受賞。更には首位打者にも1回輝くなどアベレージヒッターとしても優秀だった。なお、三冠王は惜しい所で逃している。大舞台にも強く、2000年に日本シリーズMVPを獲得している。
MLBでは中距離打者にシフトした関係でホームランは大きく減少したが、チャンスに強い打撃でチームを支え、ヤンキースのクリーンナップを任された。中でも2009年にはここ一番での勝負強さが光り、ワールドシリーズMVPを獲得した。
シーズンホームラン数はNPBにおいて50本、MLBにおいて31本が最多(ともに日本人選手として歴代2位)。

ヘッドスピードがとにかく速かったことで知られ、ある投手曰く「手を出さないから打ち取ったと思った次の瞬間ホームランになっていた」、別の投手曰く「投げてみるまで結果が分からない」。

逸話

彼を語る上で外せない逸話に、1992年夏の甲子園2回戦で起きた松井秀喜5打席連続敬遠事件がある。
星稜高校の4番であった松井は、対戦相手であった明徳義塾高校から5打席全て敬遠(走者がいない打席でさえも)を受け、結果星稜は敗退。この行為を見かねた観客から罵声や怒号が飛び交う高校野球史上類を見ない大事件となった。試合後も明徳義塾の滞在する宿舎に抗議や嫌がらせの電話が殺到し、報道陣や過熱したファンが押しかけるなどして宿舎や選手・監督らを警察や警備員が警護する事態にまで発展した。
明徳義塾の監督は当時の松井を「高校生の中に一人だけプロが混じっているようなもので、絶対に打たせるわけにはいかなかった」と勝利のためにはやむを得ない指示だったと語っている。

野球を始めた頃は右打ちだったが、すぐに左打ちに転向した。その理由というのが「あまりに打ちすぎるから周りからハンデとして左打ちを命じられた」というもので、本人が同じく右投げ左打ちである掛布雅之のファンだったことから渋々承諾したという。
このことからも分かるように、小学生時代の松井は阪神ファンであった。

松井の巨人在籍時に監督であった長嶋茂雄は松井と付きっ切りで素振りの指導を行っており、松井が渡米後打撃不振に陥った際には電話越しに素振りの音を聞いて打撃のチェックを行った。

松井が長らく背負った背番号「55」王貞治のシーズンホームラン記録(当時)の55本にあやかってつけられたという噂が流れているが、本人が否定している。
ちなみにこの「55」は彼が在籍したいずれの球団でも欠番指定されていない。

実はWBCには一度も出場しておらず、3回あった機会のいずれも辞退している。

関連記事

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「松井秀喜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43600

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました