ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

カリフォルニア州ロサンゼルスを本拠地とするMLB球団。

アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースと並ぶMLBの名門チームであり、同チームとはリーグは違えどライバルであった。また、同じくニューヨークで創設され共にカリフォルニアへ本拠地を移したサンフランシスコ・ジャイアンツ、こちらも同じくカリフォルニアを拠点とする古豪球団であるサンディエゴ・パドレスとも強いライバル関係にある。ロサンゼルスのお隣のアナハイムに本拠地を置くロサンゼルス・エンゼルスとも因縁があり、両チームの対決は「フリーウェイ・シリーズ」と呼ばれる(両方のチームの本拠地を繋ぐ州間高速道路5号線に由来する。日本でいう阪神なんば線シリーズみたいなものである)。


1883年ニューヨークブルックリン・ベースボールクラブとして創設された。ユニフォームの色を採ってグレイズ、新婚の選手が多かったことからブライドグルームズ、監督を務めていたウィルバート・ロビンソンの名前に因みロビンスなど様々なニックネームで呼ばれていたが、1932年から正式にドジャースを名乗る。チーム名は創設時の本拠地ブルックリンの住民がトローリードジャース(路面電車を避ける人達)と呼ばれていたことが由来とされる。

その後、新球場建設を巡ってニューヨーク市ともめたことが発端となり1958年にロサンゼルスに移転した。現在の本拠地はドジャー・スタジアム

また、2012年に大手資産運用会社のグッゲンハイムグループの傘下となったことから、全米でもトップクラスの金満球団となった。


人種差別体制確立後ではMLB初のアフリカ系アメリカ人選手となるジャッキー・ロビンソンや、MLB史上初めて日本出身の監督としてワールドシリーズを制覇したデーブ・ロバーツ、1995年に野茂英雄が入団して以降、多くの日本人選手が在籍していたこと(最多は2003~2004年で、野茂英雄・石井一久・木田優夫の3名が在籍していた)と、中日ドラゴンズがユニフォームのデザインを真似していた時代があったことで、日本でもライバルのヤンキースと同様、非常に知名度が高い人気球団である。


リーグ優勝24回はメジャー2位でワールドシリーズ制覇は7回。うちブルックリン時代の制覇は1955年の僅か1度。6回はロサンゼルスに移転してからである。初制覇までに出場7シリーズ連続で敗退しており、これはMLB最長ワーストと記録されている。6度の制覇のうち3度のワールドシリーズ(1955,1963,1981)の対戦相手がヤンキースである。


1992年から1996年まで5年連続で新人王を輩出(1992年エリック・キャロス、1993年マイク・ピアッツァ、1994年ラウル・モンデシー、1995年野茂英雄、1996年トッド・ホランズワース)。

同時にその頃は先発投手陣にアメリカ出身の選手がいないこと(ドミニカ共和国出身のラモン・マルティネスとペドロ・アスタシオ、日本出身の野茂英雄、メキシコ出身のイスマエル・バルデス、韓国出身の朴賛浩)が話題となっていたが、それと前後して左腕投手が先発登板しない試合を約5年に渡って続けていた(MLB最長記録)ことはなかなか気付かれない。

2009年にはMLB3球団目となる1万勝を達成。


2020年にはタンパベイ・レイズを4勝2敗で下し、32年ぶりにワールドシリーズを制覇した。

しかし、その後はレギュラーシリーズでは圧倒的な戦績を収める一方、ポストシーズンでは相変わらず早々に敗退するなどワールドシリーズからは遠ざかる年が再び続くことになる。

そうした事態を打開すべく、2023年オフに、1800億円近い莫大な金額をつぎ込んでの超大型補強を実施。この大半が日本人選手の獲得に宛がわれ、投打の二刀流でお馴染みの大谷翔平と、当時NPB最強の先発投手との呼び声も高かった山本由伸というオフシーズンのFA市場の最大の目玉であった2人の日本人スター選手を揃って獲得することに成功した。

このことは日米の野球ファンの間で良くも悪くも大きな話題となり、ドジャースファンは大喜びだった一方、有力選手を軒並みかっさらわれる形となった他球団のファンからは、かつてのヤンキースに準え、「悪の帝国の再来」と非難轟々であった。加えて、ドジャースは以前から度々アメリカ国外の選手に対してタンパリングを行っていた疑惑が持たれており、これが2024年にMLB側が選手やスタッフ等のMLB関係者が日本・韓国・台湾メキシコの選手と許可なく接触することを禁止する規約を設けるきっかけとなったと言われている。


日本との関わり

実は、第二次世界大戦後の1956年に日本を訪れ日米親善試合を行ったことがあった他、当時ドジャースがキャンプ地として使用していたベロビーチを読売ジャイアンツが訪ねたことがあるなど、MLBの球団の中では古くから日本と非常に深いつながりがあった。野茂が入団することができたもこうした背景があったためと考えられる。

元々本拠地としているロサンゼルスには日本人日系人多く住んでおり日系のコミュニティが一定の勢力を持っていたことも関係しているのではないかとも言われている。


2024年元旦日本の能登半島で大地震が発生した際に、大谷選手と共に全MLB球団の中でいち早く支援の意思を表明し、被災地に100万ドル(当時の日本円1億4500万円)の支援を行うことを発表した。また、これとは別に大谷選手も個人で寄付をしたとのことである(支援金額は非公表)。


主な球団関係者

永久欠番

ドジャースは「米国野球殿堂入り」を永久欠番の条件としているが、例外としてコーチ在籍中に逝去したジム・ギリアム(19番)がある。また24番もウォルター・オルストンの野球殿堂入りが決まる前から永久欠番に制定されている。

1996年からジャッキー・ロビンソンの名前でMLB全体の永久欠番となっている42番だが、ドジャースでは1972年から永久欠番としている。

番号人物名ポジション
1ピー・ウィー・リース 遊撃手
2トミー・ラソーダ 投手・監督
4デューク・スナイダー外野手
19ジム・ギリアム二塁手・三塁手
20ドン・サットン投手
24ウォルター・オルストン監督
32サンディー・コーファックス投手
34フェルナンド・バレンズエラ投手
39ロイ・キャンパネラ 捕手
42ジャッキー・ロビンソン二塁手
53ドン・ドライスデール投手
マイクロフォンヴィン・スカリーアナウンサー
マイクロフォンハイメ・ハリンアナウンサー

日本人選手


関連項目

ロサンゼルス都市圏を本拠地にしているチーム(MLB以外)


MLB

関連記事

親記事

ナショナルリーグ なしょなるりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50367

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました