ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

韓國プロ野球

かんこくぷろやきゅう

文字通り韓国で興行されているプロ野球。1982年に韓国野球委員会(KBO)が設立されプロリーグが始まった。
目次 [非表示]

主なレギュレーション

1999年と2000年にドリームリーグとマジックリーグと2リーグに分けて開催された時期を除いて、日本と違って1リーグ制で開催されている。(なお、2軍は移動の利便性を考慮し、北部と南部に分けて2リーグ制で運営されている。)

指名打者制度を採用し、各チームは助っ人を3人まで保有することができるが、3人全員を投手などといった偏った形ので登録は認められていない。


レギュラーシーズンの順位をもとに2位から5位で締めた球団による、上位優位のトーナメント方式でポストシーズンを行い、レギュラーシーズン1位の球団とポストシーズンで勝ち上がった球団による韓国シリーズで、4勝方式でそのシーズンの優勝球団を決定する。


韓国球界の衰退

かつて北京オリンピックを制し、WBCでは第1回3位(総当たり等での準決勝敗退チームで成績が上回った事から)・第2回準優勝と輝かしい結果を残し、前述した3大会では幾度となく日本代表と激突し死闘を繰り広げるなどアジア野球の盟主の1つとして日本と共に名を馳せていた韓国野球だが、2013年開催の第3回WBCでまさかの1次リーグ敗退を喫する。

その後2015年に開かれた第1回プレミア12では優勝するも、以降の国際大会ではアジア大会を除く殆どの大会で結果を残せなくなってしまった。

WBCでも同様で、2017年開催の第4回では予選から勝ち上がってきたイスラエル代表に敗れる不覚を取り1次リーグ敗退。第5回では11位と7位だったオーストラリア代表と3大会振り優勝した日本代表(歴代のトップチームでは2017年のAPBC含めて4連覇)に敗北(しかも日本代表にはコールド負け1歩手前の惨敗を喫する有様)し、3大会連続の1次リーグ敗退という不甲斐ない結果に終わってしまう。


韓国プロ野球のレベル低下については近年KBOからNPBへ移籍した選手が通用せず、他方でNPBで泣かず飛ばずだった選手がKBOでは大活躍するといった事例が多発したことから以前から指摘されていたが、第5回WBCでの敗退を機に韓国野球の失墜が改めて浮き彫りになってしまった。


その理由として、投手のレベル低下、選手育成力の低下、人材不足(他の国同様、競技人口が減っていることに加え、そもそも韓国は不動産価格の上昇や教育費の高騰の影響もあり、日本以上に少子化が進んでいることで有名)による年俸バブルや、それに伴う選手同士の競争力や向上心の低下が指摘されている(参考)。また、日本で唯一の韓国プロ野球専門のジャーナリストとして知られる室井昌也のコラムによると、高校野球が木製バットで行われるようになってから競争力が低下したという。参考

また、2010年代以降は八百長、賭博、公然猥褻など相次ぐスキャンダルに見舞われ、2020年から2023年にかけて毎年現役選手の飲酒運転が摘発された(韓国民の飲酒量は日本国民を凌ぐと言われている関係上)。2021年には遠征先のホテルに女性を招いて宴会を開く新型コロナウイルス感染対策違反により、KBOの公式戦が中断される事態に発展。こうしたスキャンダルは氷山の一角に過ぎない。


ただ、韓国野球界もこうした事態を重く見て、今一度野球のレベル強化に努める姿勢をようやく打ち出すようになった。

再興には時間がかかるだろうが、いつの日かまた日本をはじめとする世界の強豪国と果敢に渡り合う韓国野球チームの雄姿が見られることを期待したいものである。


特徴

日本のプロ野球との大きな違いは、本拠地とビジターのユニフォームをそれぞれ着用した観客が隣合せで観戦したり、試合を行っているチーム以外の球団ユニフォームを着て観戦する観客がいたりとややフリーダムな雰囲気が見られたり、

鳴り物を使わずスピーカーで音楽を流し、内野席に設けられたステージで応援団長と数人のチアガールが観客に向かって鼓舞し一緒になって応援するスタイルを採っている(WBSC野球及びBFA選手権等でも韓国側の攻撃の際に採用されている)。なお、チアガールが存在するのは台湾プロ野球も同様であり、アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)では、これに併せて日本代表の応援団も各チームから選抜したチアガールが応援を盛り上げるスタイルが取られるようになった。また、2024年より23秒タイマーが増設され、試験運用期間から本運用に至った場合、ボールが1つ追加される規程が適用される見込となっている。


現在リーグに参加してるチーム

球団名球団名(英語)本拠地最初参加年
斗山ベアーズDoosan Bearsソウル蚕室総合運動場野球場1982年
LGツインズLG Twinsソウル蚕室総合運動場野球場1982年
起亜タイガースKIA Tigers光州KIAチャンピオンズフィールド1982年
サムスンライオンズSamsung Lions大邱サムスンライオンズパーク1982年
ロッテジャイアンツLotte Giants釜山社稷野球場1982年
ハンファイーグルスHanwha Eagles大田ハンファ生命イーグルズパーク1986年
SSGランダーズSSG Landers仁川SSGランダースフィールド2000年
キウムヒーローズKiwoom Heroesソウル高尺スカイドーム2008年
NCダイノスNC Dinos馬山総合運動場野球場2013年
ktウィズkt wiz水原ktウィズパーク2015年

かつて存在したチーム

球団名球団名(英語)本拠地最初参加年最後参加年
サンバンウルレイダースSsangbangwool Raiders全州公設運動場野球場1991年1999年
現代ユニコーンズHyundai Unicorns水原総合運動場野球場1982年2007年

関連タグ

野球 プロ野球

関連記事

親記事

野球 やきゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82432

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました