ピクシブ百科事典

ドジャー・スタジアム

どじゃーすたじあむ

MLBナショナルリーグ西地区所属のロサンゼルス・ドジャースの本拠地

概要

カリフォルニア州ロサンゼルスにある球場。
MLB球団ロサンゼルス・ドジャースの本拠地。
1984年のロサンゼルスオリンピックでは当時公開競技だった野球競技の全試合、2009年のWBCの決勝の舞台にもなっている。

かつてオーナーのピーター・オマリーが「ボールパークにファンを呼ぶには、球場を楽しく美しいところ、つまり男がガールフレンドを連れて行きたくなるような場所にすることだ」という名言を残している。その言葉通りの楽しい演出が多く、また球場全体に清掃が行き届いている。さらにカリフォルニアの温暖な気候のおかげで雨天中止が非常に少ない。このことから「ドジャース永遠のホーム」と呼ばれ親しまれている。

特徴

1990年代以降はMLBの球場では珍しくなった、フィールドがセンターライン1]を軸に左右対称の球場である。2009年現在、ナショナルリーグ所属球団の本拠地球場では唯一である。
ファウルグラウンドが比較的広い点も投手有利だと言われていたが、ファウルグラウンド部分に新たに座席が設けられてからはその傾向は薄まっている。
この球場で販売されているホットドッグ「ドジャー・ドッグ(The World famous Dodger Dog)」は、アメリカの野球場の中で販売されているホットドッグの中で最も販売数が多く、また世界で一番有名なホットドッグとしてここの名物となっている。

コメント