ピクシブ百科事典

永久欠番

えいきゅうけつばん

何らかの理由により該当数字の使用を不可逆的に封印すること。本項目では主にスポーツ選手の背番号について解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • 不慮の事故などにより、交通機関の便名の数字を半永久的に封印すること。例としては日本航空123便墜落事故以降、日本航空123及び対となる122は永久欠番扱いである。
  • スポーツの団体競技において、輝かしい実績を挙げた所属選手の(主に)背番号を欠番にすること。本項目ではこちらについて解説する。

概要

野球サッカーバスケットボ-ルなど、背番号を使う競技において輝かしい実績を挙げた選手を讃えるため、その選手の引退後、その番号を他の選手に使わせないようにする措置の事である。

野球における初めて永久欠番はニューヨーク・ヤンキースに在籍したルー・ゲーリッグの「4」で、1939年に制定されている。ヤンキースではかつての名選手が一桁台の背番号をつけていたケースが多く、一桁台の番号が全て永久欠番となっている。
日本のプロ野球では1947年に制定された巨人黒沢俊夫がつけていた「4」が最初とされている。なお、黒沢は腸チフスで亡くなっており、彼の背番号である「4」が死を連想させ不吉であるため永久欠番となったという俗説があるが確かではない。

讃える意味とは別に、「死に」「死人」を連想させる「42」は日本人がほとんどつけない番号であるが、日本にくる外国人は好んで使う番号である。これは「42」が黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを讃えてMLBの全球団が永久欠番に制定した番号であり、メジャーではつけられないためである。ロビンソンは全球団で欠番だが、複数の球団で永久欠番に指定された人物は他にノーラン・ライアンカリフォルニア・エンゼルスヒューストン・アストロズテキサス・レンジャーズの3球団)やグレッグ・マダックスシカゴ・カブスアトランタ・ブレーブスの2球団)などがいる。逆に複数の人物名義で永久欠番となっている番号もあり、ヤンキースの「42」はジャッキー・ロビンソンとマリアーノ・リベラ(MLB史上最後の背番号42を着けた選手)の名前で欠番となっている。

また、「13」は「13=悪魔(サタン)」との連想から特にキリスト教徒はこれを嫌うことが少なくない。(映画「13日の金曜日」などで知られているため、日本人でもつけたがらない者は多い)。
なお、サッカードイツ代表では、伝説的ストライカーのゲルト・ミュラーが着用していたことから、13番が一種のエースナンバーとしての扱いを受けている。

サッカーJリーグ横浜・F・マリノスはかつて在籍した松田直樹(当時・松本山雅)が練習中急死したことにより、同選手がつけていた背番号「3」を永久欠番としている。

アメリカンフットボールNFLデンバー・ブロンコスペイトン・マニングとの契約に際して、既にフランク・トリプカの名義で永久欠番になっていた「18」(P.マニングがインディアナポリス・コルツ時代に使用していた)を解禁して用意し、マニングの引退を以てトリプカとマニングの2人の名前で永久欠番とした。NFLに於いて永久欠番となっている番号を“借りる”ケースは少なくないが、後発の選手も永久欠番に名を連ねたのは希少なケースである。
また、ラスベガス・レイダースダラス・カウボーイズアトランタ・ファルコンズ永久欠番を作らない方針を掲げており、中でもレイダースは「過去の人物を番号で讃えない」としている。

アイスホッケーでは1934年にトロント・メイプルリーフスがエース・ベイリーの背番号「6」を永久欠番に指定したことを北米プロスポーツ界初の永久欠番としている。
NHLはリーグ全体でウェイン・グレツキーが選手時代に使用した「99」を永久欠番にしている(2000年2月6日、NHLオールスター開催に合わせて発表された)。
ベガス・ゴールデンナイツは、2017年に起きたメスキート(球団の本拠地パラダイスと同じクラーク郡に属する)の銃撃事件での犠牲者を追悼する意味を込めて、その人数「58」を永久欠番としている。

アメリカでは選手のみならず、球団に永く関わった人物をも永久欠番扱いとすることがある。チーム専属アナウンサーであれば数字の代わりにマイクロフォンのアイコンを掲げたり(ニューヨーク・メッツのラルフ・カイナーなど)、球団の経営・運営に携わった人物をその苗字やイニシャルで顕彰するケースもある(コロラド・ロッキーズのケリー・マクレガー「KSM」など)。

日本語では“永久”としているが、オーナーの交替や球団名の変更を理由にして失効することもある(MLBのモントリオール・エクスポズ、NHLのケベック・ノルディックスなど)。

フィクション作品における永久欠番

ドカベンなど、現実のプロ野球とリンクさせて、架空選手を活躍させる場合、扱いが困るのが、架空の登場キャラに何番の背番号を与えるか、という問題が生じる。

巨人の星星飛雄馬川上哲治の背番号「16」(新・巨人の星では長嶋茂雄の背番号「3」)、侍ジャイアンツ番場蛮は前述黒沢の背番号「4」を使っている。
これは現実の選手が使ってる背番号は使えない、かと言って現実に空いてる背番号が連載中に使われるようになったら、変更しなくてはならない、という理由から永久欠番の背番号を使ったものとされる。

ドカベンでは現実では存在しない「01」「02」などを使用(一時、阪神で02を使っていたが、現在は規定で使えない)。スーパ-スターズ編以降は現実の球団に遠慮がなくなったため、これらの架空球団に所属する選手の番号は普通の番号となっている。
野球狂の詩では東京メッツが架空の球団であることもあって野呂尋久須の背番号「03」以外は実在する球団と同様の普通の背番号をつけているが、阪神タイガースに入団したとされる王島大介は背番号「10」、沢村慶司郎は背番号「11」と実在する同球団の永久欠番をつけた設定となっている。
一方で、同じ水島作品のあぶさんにおいてホークス(南海ダイエーソフトバンク)に所属していた景浦安武は背番号90で、こちらは現実のホークスでも同漫画の連載中は欠番となっていたが、これは「現実の球団があぶさんの功績を讃える意味で欠番にした」のであり、南海時代から20年以上続く伝統となっていた。あぶさんの連載が終了した後、2016年に使用が解禁された。

現在の永久欠番

野球の永久欠番一覧
サッカーの永久欠番一覧

関連タグ

中島みゆき:この名の楽曲がある。
止め名:大相撲の四股名や歌舞伎の名跡における永久欠番に相当。
ファイティング原田:日本ボクシングコミッション(JBC)では「ファイティング」が欠名とされている。

関連記事

親記事

欠番 けつばん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「永久欠番」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「永久欠番」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21307

コメント