ピクシブ百科事典

Bリーグ

びーりーぐ

Bリーグは、2016年に新たに創設された日本の男子プロバスケットボールリーグの通称。正式名は「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ」。
目次[非表示]

発足までの経緯

これまで、日本における男子バスケットボールのトップリーグは、実業団チーム中心の日本リーグだった。しかし、2005年4月14日にアルビBBが同じくプロ化のために日本バスケット協会からの脱退を表明したさいたまブロンコスとともにプロ化を目標としたbjリーグ(後にターキッシュエアラインbjリーグ(TKbjリーグ)に改称)を発足し、国内に2つのリーグが存在することになった。
そこで、日本バスケットボール協会(JBA)は両チームの統一を目指して、2013年に新リーグNBLを発足するが、bjリーグ側は「実業団チームが所属しているのは、プロチームとは言えない」と新リーグ合流を拒否し、分裂は解消されなかった。同年12月、事態を重く見た国際バスケットボール連盟(FIBA)は、リーグ分裂はファンの拡大や競技レベル向上の妨げとなり、解消できない原因はJBAの組織運営に問題があるからだとして、分裂解消と組織運営の改善を求め、国際試合の出場制限や、東京オリンピックへの開催国枠出場の適用除外もあり得るとも言及した。
これを受け、JBAは2014年2月に改革委員会の設置と、新たなプロリーグの発足を決定した。しかし、進展が見られなかったため、FIBAは同年4月、JBAに10月末までに方向性が示さなければ、資格停止処分の可能性もある最後通告を出した。6月、JBA・NBL・bjリーグの三者で統一プロリーグの設立に向けた話し合いを行うと発表、翌月に統一プロリーグ推進会議の発足が決定された。しかし、企業チームの多いNBLから「企業名を排除することは好ましくない」と反発し、結局期限までに方向性を示すことが事実上不可能になり、11月、FIBAはJBAに対し無期限の資格停止処分を科した。この処分は男子代表だけでなく、無関係の女子代表やユースチームも対象に含まれていて、全てのバスケットボール日本代表が国際試合に出場できないほか、リオデジャネイロオリンピックの予選にも出場できないという異常事態に陥ってしまう。
2015年1月28日、FIBAはJリーグを創設にあたった川淵三郎をトップにタスクフォース「JAPAN 2024 TASK FORCE」を発足。チーム主導で改革と統合リーグの検討を進め、4月にBリーグは発足され、2016年9月22日開幕戦を迎えた。

なぜ2つリーグがあったか

当初日本初のプロチームになったのはアルビレックスBB
プロチームということはつまり、チーム自らの収入でチームを運営するという話につながるため、基本、バスケをやるためのお金をバスケで稼ぐしかないというのに、試合などで得た稼ぎをみんなリーグが持っていってしまう。というのも、基本、日本のバスケットボールというものはアマチュアの世界であるため、興行でお金を稼ぐというシステムになっておらず、プロチームなのに興行権を持っていない、そのためプロチームなのに興行でお金を稼ぐというシステムになっておらずスポンサーも撤退したためスッカラカンになってしまった。
実際、実業団のあるチームは大企業がバックについているため稼ぎを持っていかれてもどうってことないがそんなもんが無いチームはどうしようもない。
という訳で逃げなきゃ死ぬという状況の中脱退を表明しさいたまブロンコスととも新リーグを立てるのは当たり前だった。

断絶

2005年、アルビレックスBBとさいたまコロンブスを失ったJBAはbjリーグと断絶、選手からの接触を禁止(青山学院大学などでbjリーグのトライアウトを受けた選手に除籍処分を下す方針を打ち出すほど)した。さらには協会主導の新リーグを立ち上げようとしたが、企業側の反発により断念、企業チームと新たなプロチームの混合となる日本バスケットボールリーグ(JBL)を設立した。
しかし2006年に行われたFIBAバスケットボール世界選手権日本大会において赤字が13億円に上り、その責任の所在を巡りJBA評議委員会で内紛に発展した。それにより日本オリンピック委員会(JOC)が12月10日に2007年度の強化交付金約1100万円をJBAに交付しないことを決め、翌年にはJOCが主導でJBA人事を決めるはずが、JBAが断りもなく衆議院議員の麻生太郎を会長に選出したため、JOCはJBAに追加で無期限資格停止処分を課した。麻生会長は8月10日に就任が決まり、同月23日付でJOCがJBAの資格停止を解除した。その後2013年にFIBAから改革要求を受ける形で統合となった。

試合方式 ※

レギュラーシーズン

1部リーグの「B1」、2部リーグの「B2」ともに18チームが所属する。両リーグとも、チームが本拠地を置く地域ごとに、「東地区」「中地区」「西地区」の3つに分かれ、同じ地区のクラブと6試合ずつ(計30試合)、さらに別の2つの地区の12クラブと30試合の計60試合行う。
レギュラーシーズン終了後、B1・B2の上位8クラブならびにB1下位4クラブはプレーオフに進出、B2最下位クラブはB3クラブとの入れ替え戦に出場する。

プレーオフ

基本的に上位クラブのホームでの2戦先勝方式のトーナメント戦で行われる。

Bリーグチャンピオンシップ

各地区の勝率上位の2クラブと各地区3位以下のうち勝率上位2クラブを加えた計8クラブが出場し、決勝のみ中立地(主に横浜アリーナ)で行われる。

B1残留プレーオフ

B1勝率下位の4クラブが出場。1回戦で敗退した2クラブがB2に自動的に降格。2回戦で勝利したクラブはB1残留、敗れたクラブはB2の3位クラブと一発勝負の入れ替え戦を行う。

B2プレーオフ

Bリーグチャンピオンシップ同様の要項で8クラブ出場(2017-18まで各地区優勝クラブ+勝率最上位クラブの4クラブ)。
決勝戦進出の2クラブがB1へ自動昇格。3位決定戦の勝利クラブはB1残留プレーオフ2回戦敗退クラブとの入替戦に進出。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で2019-20シーズン途中でリーグ戦が打ち切りとなり、B1→B2への降格がなくなった影響により2020-21シーズン以降、大幅なレギュレーションの変更が行われている。

クラブ名

クラブ名は、地域に根差したスポーツクラブを目指すという理念から、一定のルールを設けている。

チーム名

  • クラブの公式サイト、印刷物等で使用。
  • 企業名は入れられる。(※前シーズンに企業名が入っている場合に限る)


呼称

  • Bリーグ公式サイト、印刷物等で使用。
  • 地域名+愛称または愛称+地域名とすること。
  • 企業名は入れてはならない。


クラブ一覧(2020-21シーズン現在)

※2015-16所属は2015-16シーズン(NBLNBDLおよびTKbjリーグにおける最後のシーズン)時点での所属先。
※※2020-21シーズンはレギュレーション変更に伴い、B1,B2共に従来の「東中西」の3地区制ではなく「東西」2地区制で行われる。

B1

地区チーム名略称前期所属ホームタウン2015-16所属備考
レバンガ北海道北海道B1東北海道札幌市NBL
秋田ノーザンハピネッツ秋田B1東秋田県秋田市TKbjリーグ
宇都宮ブレックス栃木B1東栃木県宇都宮市NBL
千葉ジェッツ千葉B1東千葉県船橋市NBL
アルバルク東京A東京B1東東京都渋谷区NBL
サンロッカーズ渋谷SR渋谷B1東東京都渋谷区NBL
川崎ブレイブサンダース川崎B1中神奈川県川崎市NBL
横浜ビー・コルセアーズ横浜B1中神奈川県横浜市NBL
新潟アルビレックスBB新潟B1中新潟県長岡市TKbjリーグ
富山グラウジーズ富山B1中富山県富山市TKbjリーグ
西信州ブレイブウォリアーズ信州B2中長野県千曲市TKbjリーグ
西名古屋ダイヤモンドドルフィンズ名古屋DB1西愛知県名古屋市NBL
西三遠ネオフェニックス三遠B1中愛知県豊橋市TKbjリーグ
西シーホース三河三河B1中愛知県刈谷市NBL
西滋賀レイクスターズ滋賀B1西滋賀県大津市TKbjリーグ
西京都ハンナリーズ京都B1西京都府京都市TKbjリーグ
西大阪エヴェッサ大阪B1西大阪府大阪市TKbjリーグ
西島根スサノオマジック島根B1西島根県松江市TKbjリーグ
西広島ドラゴンフライズ広島B2西広島県広島市NBL
西琉球ゴールデンキングス琉球B1西沖縄県沖縄市TKbjリーグ


B2

地区チーム名略称前期所属ホームタウン2015-16所属備考
青森ワッツ青森B2東青森県青森市TKbjリーグ
仙台89ERS仙台B2東宮城県仙台市TKbjリーグ
山形ワイヴァンズ山形B2東山形県天童市NBDL
福島ファイヤーボンズ福島B2東福島県郡山市TKbjリーグ
茨城ロボッツ茨城B2東茨城県水戸市NBDL
群馬クレインサンダーズ群馬B2東群馬県前橋市TKbjリーグ
越谷アルファーズ越谷B2中埼玉県越谷市NBDL
アースフレンズ東京Z東京ZB2中東京都大田区B2中
西ファイティングイーグルス名古屋FE名古屋B2中愛知県名古屋市NBDL
西西宮ストークス西宮B2中兵庫県西宮市NBL
西バンビシャス奈良奈良B2西奈良県奈良市TKbjリーグ
西香川ファイブアローズ香川B2西香川県高松市TKbjリーグ
西愛媛オレンジバイキングス愛媛B2西愛媛県松山市TKbjリーグ
西ライジングゼファー福岡福岡B2西福岡県福岡市TKbjリーグ
西佐賀バルーナーズ佐賀B3佐賀県佐賀市-
西熊本ヴォルターズ熊本B2西熊本県熊本市NBL


過去に参加していたクラブ

過去にB2以上のカテゴリに所属していたが成績・財政面などの問題などで、現在B3リーグ以下のカテゴリに参加しているクラブ。

成績面でのB3降格

所属チーム名略称ホームタウン参加年度2015-16所属備考
B3岩手ビッグブルズ岩手岩手県盛岡市2016-18TKbjリーグ
B3東京八王子ビートレインズ八王子東京都八王子市2018-19NBDL2020年1月より経営面の問題で準加盟資格失格


B2ライセンス不交付によるB3降格

所属チーム名略称ホームタウン参加年度2015-16所属備考
B3鹿児島レブナイズ鹿児島鹿児島県鹿児島市2016-17NBDL運営団体の経営悪化
B3金沢武士団金沢石川県金沢市2017-19TKbjリーグ3期連続での赤字計上
B3東京エクセレンス東京EX東京都板橋区2016-17,2019-20NBDLホームアリーナの要件を満たせず


準加盟クラブ

準加盟クラブは翌シーズンのBリーグクラブライセンスの申請が可能になる。なお現在は3部に相当するB3リーグに参加。

チーム名略称ホームタウン承認年度2015-16所属備考
岩手ビッグブルズ岩手岩手県盛岡市2018-19TKbjリーグ2016-18まではB2所属。
さいたまブロンコス埼玉埼玉県2016-17TKbjリーグ
ベルテックス静岡静岡静岡県静岡市2019-20-
トライフープ岡山岡山岡山県岡山市2019-20-
鹿児島レブナイズ鹿児島鹿児島県鹿児島市2017-18NBDL2016-17はB2所属。

承認されなかったチーム

所属チーム名ホームタウン2015-16所属備考
近畿和歌山トライアンズ和歌山県なし※「クラブが実質的に存在していない」と判断されたため入会不可、現在は地域リーグ所属
中国広島ライトニング広島県TKbjリーグ広島県バスケットボール協会からの支援文書の提出がないため入会不可、その後クラブは活動休止。


※和歌山トライアンズは2014-15シーズンまではNBLに所属していたが、2015-16シーズンへの参加を拒否された。


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

バスケットボール ばすけっとぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Bリーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24370

コメント