ピクシブ百科事典

侍ジャイアンツ

さむらいじゃいあんつ

「侍ジャイアンツ」は、原作:梶原一騎、作画:井上コオによる野球漫画。1973年にアニメ化された。
目次[非表示]

概要

週刊少年ジャンプに1971年8月3日号より1974年10月14日号まで連載された、何をやらせても最終的にバトル漫画になることで有名な梶原一騎原作の野球漫画

ユニークを超えて奇抜極まる魔球が多数登場し、同じく魔球が多く登場する同原作者の巨人の星と比較されることもあった。

漫画とアニメでは結末が大きく異なっており、特に漫画版の最終回はその衝撃的な結末のため、当時の読者に多大なインパクトを残した。

あらすじ

高知出身の漁師息子番場蛮(ばんば ばん)はクジラ父親を食い殺された過去から、「強くてデカくて威張っているヤツ」に対し異様な反抗心を抱いていた。猛烈にノーコンながらも超人的な身体能力を持つ蛮はやがてV9時代の読売ジャイアンツにスカウトされる。初めは嫌がっていた蛮だったが、クジラのように強大な(大洋ホエールズは?)巨人のどてっぱらをぶち破るということを夢見て入団し、様々な魔球を駆使してライバルと対決するのだった。

余談

アニメの後期OP映像では、長嶋茂雄が主人公を殴り倒し、一回転させてコンクリートの壁をぶち抜くという描写があった。超人である。
本作ではあの車田正美がアシスタントを務めていたという逸話がある。

原作とアニメの違い


原作とアニメで微妙に違う部分がある。

  1. 原作にある「ハラキリシュート」はアニメには登場しない。
  2. 逆に「エビ反りハイジャンプ魔球」はアニメオリジナル。
  3. 巨人に対する一種の反逆心は原作では「内面的には入団時にはほぼ無くなっている(漫画内で金田正一氏がそう分析。)」が、アニメ版ではかなりその気持ちを持ち続け後半オープニングで有名な「長嶋茂雄パンチ」を食らうことになる。

そして最も違うのがラスト。

アニメ版ラスト


V9を達成した1973年シーズン終了後、大リーグ覇者であるアスレテックスとワールドシリーズが行われた。苦戦の末に世界最強の打者であるジャックスを「ミラクル・ボール」で三振に打ち取って勝利、MVPに選ばれた蛮が祝福を受ける。

原作版ラスト


1974年の対中日3連戦で分身魔球を駆使し3連投。優勝への望みをつないだ勝利の瞬間、蛮がマウンドで仁王立ちのまま心臓発作で死亡する。

原作版の終わり方は梶原一騎氏の作品の「主人公が悲劇的結末を迎える」中でもかなりインパクトは強い。



関連作品

巨人の星

関連項目

水木一郎 スポ根 野球 魔球 サウスポー

pixivに投稿された作品 pixivで「侍ジャイアンツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41692

コメント