ピクシブ百科事典

銀牙

ぎんが

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された漫画作品である。TVアニメ化もされた。
目次[非表示]

概要

正式名は「銀牙-流れ星銀-」。
忠臣蔵を範に取った赤カブト編と、八犬伝を範に取った八犬士編に分かれる。

犬同士の会話を人間の言葉に置き換ることで彼らの友情、結束、葛藤、成長を描き、国内のみならず、海外でも支持を得ている。生命の誕生と死、幼くして巨大な敵に向かう運命を持った熊犬・銀の冒険熱血青春ドラマ。
犬たちが「しゃべりまくる」「感極まって涙する」「『明治時代』『視神経』というような言葉の意味を理解している」「日本の地理を解し、どこに行くトラックか理解して荷台に乗り込んでいる」事は、連載当時から(笑い話のタネとしても)かなり話題にされた。実際には、(後の「甲冑の戦士雅武」とは違い)会話はあくまで犬同士限定であり、人間や、他の動物とは言葉が通じず、吹き出しも人間、犬、熊で形が異なるなど、明確な線引きがされている。
義理や人情、仁義を重んじる犬達の熱き関係は「人間よりも熱い漢(おとこ)達」と評価されている。
アニメ版は各国語に翻訳されて1990年頃までにアメリカ、韓国、ハンガリー、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドで放映またはビデオ発売された。北欧での人気が高く、2003年 - 2006年にかけて北欧3カ国およびフィンランドでDVDボックスが新たに発売されている。

ストーリー

熊犬としての熱い血を父親から受け継いだ。人間ですら歯が立たない凶暴な人食い熊・赤カブトに敗れた祖父シロと父リキの仇を討つため、銀はベンクロスらとともに仲間となってくれる犬の「男」を探す旅に出る。

登場キャラクター

TVアニメ

1986年4月から9月までテレビ朝日系列で放送された。バイオレンスアクションが過激過ぎたのか、初期の視聴率低迷が原因で、裏番組のTBS系「クイズ100人に聞きました」やフジテレビ系「月曜ドラマランド」を相手に後半善戦したにも関わらず全21話で終了の憂き目に遭う。(夏季に特番休止が多かったのも話数短縮の悪影響)
その事を局担当者は非常に悔やみ、枠移動した「聖闘士星矢」でリベンジを果たす。
本作がテレビ朝日系月曜夜7時半アニメ枠の最終作となり、土曜日夜7時に時間帯が移動した。

主題歌

オープニングテーマ

「流れ星 銀」
作詞:寒太郎/作曲:木森敏之/編曲:矢野立美/歌:宮内タカユキ

エンディングテーマ

「TOMORROW」
作詞:寒太郎/作曲:木森敏之/編曲:矢野立美/歌:宮内タカユキ

各話リスト

話数サブタイトル
第1話小さなヒーロー銀の誕生!
第2話銀よ努力の向こうに明日がある
第3話命を賭けた銀の友情
第4話巨大熊赤カブトへの挑戦!
第5話壮絶! 傷だらけの勝利
第6話吠えろ! 山が呼んでいる
第7話胸に刻め! 熱き男の誓い
第8話今! 男たちの旅立ち
第9話魔犬! 甲斐の三兄弟
第10話怪物! 霞岳のモス軍団
第11話忍犬! 伊賀の里に黒い影
第12話危うしベン! 忍者屋敷の対決!!
第13話正義! リーダーへの条件
第14話進め! 小さな若大将
第15話紅桜! 地上最強と呼ばれる男
第16話熱き涙! 仲間の死をのりこえて
第17話今、集結の時! 総大将のもとへ!!
第18話死闘! 男が命を捨てる時!!
第19話悲愴! 真紅に咲いた紅桜の最期
第20話燃えよ銀! 今こそ見せろ男の勇気!!
第21話銀よ! 新たなる男の旅立ちへ!!

トリビア

当初は早死にする予定で、「流れ星銀」は「幼くして流星の様な短命の人生を駆け抜けた」と言う意味だった。
「熊犬としての短命の宿命を背負った儚くも素晴らし虎毛の子であった」の原作漫画第一話のナレーションと、幼少期からの過酷な特訓はの死亡フラグの筈だったが、結果として過酷な特訓がが長生きした遠因となった。

忠臣蔵と同様、野犬軍団は一部を除き全滅する予定だった。(赤穂浪士の47人は失踪した寺坂吉左右衛門を除き処刑された)

「八犬士」編は、例によって編集部の圧力で作らされたエピソードで、作者は当初何時でも連載終了出来る様に登場犬の半生を綴った中編にしたかったが、編集部の圧力で実現しなかった。(だから八犬士編の後半がダレたり、急展開だったのである。)
序でに続編では「八犬士」編の存在は曖昧にぼかされており、登場犬の半生を綴った中編はその後実現している。

舞台化

2019年夏 東京・神戸
公式サイト

関連タグ

週刊少年ジャンプ 週刊少年ジャンプ連載終了作品の一覧 銀牙伝説WEED
 
奥羽山脈・・・主な舞台

関連記事

親記事

週刊少年ジャンプ連載終了作品の一覧 しゅうかんしょうねんじゃんぷれんさいしゅうりょうさくひんのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「銀牙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 590006

コメント