ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

青森市松森1丁目に本社を置き、青森県をエリアとする放送局。愛称は開局時の社名「ラジオ青森(Radio Aomori Broadcasting)」から「RAB」。

ラジオはニッポン放送及び文化放送系列(NRN)・TBSラジオ系列(JRN)クロスネット局。テレビは日本テレビ(日テレ)系列(NNN/NNS)だが、読売新聞の資本は入っていない(青森県の事実上の県紙・東奥日報の事実上の子会社)。


ラジオ編集

中波放送呼出符号周波数空中線電力
青森本局JOGR1233kHz5kW
八戸JOGO1485kHz1kW
弘前JOGE1215kHz500W
深浦 1485kHz100W
十和田1485kHz100W
野辺地1062kHz100W
FM補完中継局通称周波数空中線電力
青森FM局RAB青森FM91.7MHz1kW
八戸FM局RAB八戸FM92.7MHz100W
野辺地FM局RAB野辺地陸奥湾FM93.2MHz100W
大間局RAB大間下北FM78.8MHz20W

  • 毎週月曜日0:30〜4:00の間は放送休止。
  • 親局は、首都圏では周波数帯が近隣しているニッポン放送(1242kHz、100kw)に打ち負け、直接聴取が困難である。

デジタルテレビ編集

  • 呼出符号JOGR-DTV
  • 青森本局の物理チャンネル:UHF28ch・リモコンキーID:1
  • 空中線電力1kW(馬ノ神山)

当放送局の地上デジタル放送のリモコンキーIDは、アナログ親局時代のチャンネル番号に合わせた『1』を使用しており、東北地方の日本テレビ系列局で唯一『4』を使用しない放送局でもある。

日本テレビ系列局では他に、北日本放送日本海テレビ四国放送がアナログ親局の1chを踏襲した『1』を、リモコンキーIDに使う。


沿革編集

1952年10月1日に東北放送が青森県にラジオ局を開局しようとし、地元紙の東奥日報が危機感を募らせ「県民の、県民による、県民のためのラジオ局」の開局を目指した。

1953年1月6日にラジオ東奥としてラジオの放送免許を申請、8月1日に予備免許が与えられ、9月26日にラジオ青森に改称、10月6日に本免許が与えられ、翌日からのサービス放送を経て、12日6時にラジオ局が開局した。

1956年にはテレビ放送の免許を申請、翌1957年10月に予備免許が下り、1959年9月5日に試験電波を発射、9月13日にラジオ東京テレビ(KRT、現在のTBS)メインの編成でサービス放送を開始した。しかし当時唯一のニュースネットワークJNNに加盟すると、北海道道南、岩手県北部、秋田県北部までの広いエリアだったために営業面に影響が出てRABに大手スポンサーがつかなくなることや、当時日本テレビがカラー放送の技術を持っていたこと、さらにKRTから提示されたネット保証金が予想より安かったことなどから、9月25日15時の大相撲中継から日テレメインに変更した。10月1日、「ラジオ青森テレビ」が、日テレ・KRT・フジテレビ・NET(現在のテレビ朝日)とネットを組んで開局した。

1961年10月28日に「青森放送株式会社」に改称。


1965年5月2日には発足したJRNに加盟し、8月1日にNRNに加盟。1966年4月1日にはその日発足したニュースネットワークのNNNに加盟。

1975年3月30日をもって青森テレビがNET(現在のテレビ朝日)系列のANNを脱退し、TBS系列のJNNに正式に加盟(ただし開局当初から番組販売やニュース送配信などでTBSとのクロスネットだった)したため、青森放送が代わりにANNに加盟、これによりNNNとANNのクロスネットとなった。1977年4月1日に青森テレビがゴールデンタイムのフジテレビ系列の番組の同時ネットを取りやめたため、フジテレビ系列の番組もこの局で放送した。

1991年10月1日、青森朝日放送が開局したことに伴いANNを脱退すると同時に、青森放送はNNNフルネット局に移行した。これに伴いフジテレビ系列の番組のスポンサードネットや同時ネットに制限がかかり、「ライオンのごきげんよう」と「タイム3」を打ち切った。

現在はNNN/NNSフルネット局だが、青森県に系列局がないフジテレビ系列やテレビ東京系列の番組も一部放送している。山形テレビのフジテレビ系列からテレビ朝日系列のネットチェンジの際に、フジテレビから背後関係を疑われた果てにフジテレビ系列番組の番販拒否を受けた山形放送とは対照的である。なお、山形放送と青森放送は日本テレビ系列局・ラテ兼営・テレビ朝日系列参加経験ありという共通点がある。


1970年4月1日、NHKに対抗する朝の番組としてテレビローカルニュースバラエティーショー「RABニュースレーダー」の放送を開始したが、1977年4月1日に夕方へ放送時間を移動した。ただ東名阪、あるいは北海道福岡県以外の地方で朝に独自のニュースバラエティーを組んだのは、ここが初めての試みではあり、日本で初めてフライングスタートを行った番組でもある(6:58放送開始)。なお、番組自体は2023年秋改編時点でも平日18:15-19:00に放送されており、さらにはラジオでも平日18:00-18:15に放送されている。


青森県を中心に活躍するマルチタレント・伊奈かっぺいは、元々はここの社員だった。


深夜アニメ事情編集

日本テレビ系列全27(+3)局放送作品(例えば「デジタル所さん」や「葬送のフリーレン」)以外では、以下の作品を放送したことがある。


2001年から2006年にかけて、UHFアニメこみっくパーティー」、「HAPPY★LESSON」シリーズ、「らいむいろ戦奇譚」シリーズ、「下級生2」、「フタコイ オルタナティブ」、「ロザリオとバンパイア」シリーズの、6シリーズ9作品を放送した。


2016年4月から同年6月にかけて、製作委員会に参加した「ふらいんぐうぃっち」を放送し、土曜17時30分-18時に再放送した。2017年1月から同年3月にかけて、金曜の事実上のクロージングプログラムとして再々放送した。同年4月以降、その時間帯は日本テレビの深夜アニメを放送する枠としていたが、2017年10月改編廃止した。その後同年11月から翌年1月にかけて、毎日放送制作の「魔法少女まどか☆マギカ」を放送した。これは青森市にある青森県立美術館で行われた「蒼樹うめ展in青森」を主催したためで、毎日放送制作番組が青森放送で放送されるのは1975年以来42年ぶり。なお、2017年春期と秋期にはミニアニメ「ラブ米」を放送した。

2024年春期には「じいさんばあさん若返る」の放送を行っている。これは作者が青森県在住者かつ舞台になった場所が青森県内のある村をモチーフにしているかららしい。


外部リンク編集

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 937

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました