ピクシブ百科事典

山形テレビ

やまがたてれび

山形テレビとは、日本のテレビ局。
目次[非表示]

概要

山形県を放送エリアとする。マスコットキャラクターは宇宙人という設定のみるるん@あっと。

1970年にフジテレビ系列局として開局した。

1975年にNET(→テレビ朝日)系列にも参加したものの、1980年3月をもってテレビ朝日系列から足を洗った(代わりに山形放送がテレビ朝日系列にネットチェンジした。ただし、元々の系列だった日本テレビ系列とも番販購入を継続しクロスネット局化)、はずだった。なおその一方で、山形放送が番販購入を見送った日本テレビの番組(例・日曜日の後楽園球場東京ドームからのセ・リーグ中継、天才・たけしの元気が出るテレビ!!)の番販購入もやらかしている。

だが、TBS系列のテレビユー山形開局(1989年)にビビるあまり副業に手を伸ばしては大失敗を繰り返した結果(つか視聴率という点では当時ものすごく良かったフジテレビの系列局なんだからそんな事する必要ないだろ)経営が傾いてしまった。そんなときテレビ朝日から「ゼニ出してやるからうちの系列局にならない?」と(同じ県に系列局がありながら)誘われた事と、時期は相当前後するが山形新聞グループの総裁で、山形のヒトラーと呼ばれた服部氏の急死(1991年)も重なったのか、「俺テレビ朝日系列になりまーす」と宣言してしまう。当然ながらフジテレビは大激怒、1993年3月いっぱいでこの山形テレビはフジテレビ系列から追放されてしまった(ちなみにテレビ局の系列局追放は、1978年9月および1987年9月の、テレビ山口の2度の追放以来3回目。なお、テレビ山口の1回目はテレビ朝日系列、2回目はフジテレビ系列)。

そして強引にテレビ朝日系列にネットチェンジしたのは良かったが、当時のテレビ朝日は、報道番組とアニメこそ充実していたものの、それら以外では「ミュージックステーション」、「はぐれ刑事純情派」、「暴れん坊将軍」、「土曜ワイド劇場」、「日曜洋画劇場」、「題名のない音楽会」および朝日放送制作の「新婚さんいらっしゃい!」、「アタック25」くらいしかめぼしいものがなかった。結果視聴者はもちろんの事、地元のスポンサーにまで見捨てられ、さらに経営が傾いてしまった。これぞまさに、火に油を注ぐ最悪の事態となった。
さらに言えば、ネットチェンジ当日の山形新聞に『山形テレビの新しい門出をお祝いいたします。テレビ朝日系列番組一同』という内容の全面広告が掲載されたため、山形県民からは「不謹慎過ぎる」というクレームが殺到した(そりゃそうだろうな)。


また、1993年1月時点で山形テレビは地元紙の山形新聞グループだったが、実は先発のラジオ・テレビ兼業の山形放送もまた山形新聞グループの一員だった。ゆえにフジテレビの怒りの矛先は山形放送にも向けられ、結果山形放送はテレビ朝日の番組を山形テレビに押しつけ、テレビ放送開始から1980年3月まで参加していた日本テレビ系列に復帰した代償として、フジテレビの番組の放送が一切出来なくなったのだった。そのためテレビユー山形が、ごく一部(例・「サザエさん」)のフジテレビ番組の(遅れネットでの)放送を引き受けている。

この一件が遠因となったのか、山形テレビは後に山形新聞グループから独立した。さらにフジテレビは1997年4月1日にさくらんぼテレビを開局、山形県内で再びフジテレビ番組が(スムーズに)視聴できるようになった。
ただし、山形新聞は今でも山形テレビの大株主に名を連ねてはいるし、フジテレビも(フジメディアホールディングス名義で)山形テレビの株式をある程度保有してはいる。

もっとも、山形テレビとしては、もともとはNETテレビ系列局として開局するつもりだったらしいが、開局直前に山形新聞に完全子会社化され、服部氏とフジテレビの鹿内会長の個人的な付き合いという理由でフジテレビ系になった。1975年に一旦NETテレビ系列に参加したのはその流れからだった。

ネタ

タイムボカンシリーズ

元々フジテレビ系列だったため、タイムボカンシリーズのうち、フジテレビ放送分(「イタダキマン」まで)はもちろんのこと(と言いたい所だが、フジテレビ系列でも放送出来ず、他系列局に放映権を奪われた局もあった)だが、テレビ朝日系列に移行後、テレビ東京に製作局が移行した「怪盗きらめきマン」を、独立UHF局以外で唯一放送している。結果、読売テレビ(NNS)版「ヤッターマン」の放送が始まるまではシリーズ全作品を放送した実績を持つ、という、珍しい放送局であった。

フジテレビ系列からの追放の影響

フジテレビから三行半を突きつけられ、追放され、テレビ朝日系列へのネットチェンジを余儀なくされた結果、様々な影響が現れた。その例を示す。

  • ハウス食品世界名作劇場(「若草物語 ナンとジョー先生」)の放送が出来なくなったため、「まぼろしまぼちゃん」というアニメを、ハウス食品の一社提供番組として放送した。なお件の作品は、フジテレビ系列局でも放送しなかった局が少なくなかった一方で、系列外のテレビ局(ちなみにTBS系列局)でも放送されたのだが、実はこのテレビ局、この山形テレビ同様フジテレビ系列から追放されたテレビ局だった。何とも皮肉な物である。
  • テレビ朝日系列へのネットチェンジが決まったため、「勇者特急マイトガイン」を放送することになったが、ネットチェンジ直前の3月30日と31日に約2ヶ月分の集中放送を、お昼の再放送枠をほぼ潰した上で行っている。
  • 平日夜10時を久米宏に独占されたことに加え、土ワイの恒例のおっぱいタイムで山形県民の怒りが頂点に達したと言う説がある。
  • 首都圏関西からやって来た観光客やビジネスマンが、ホテル月9やゴールデン洋画劇場を見ようと山形テレビにチャンネルを合わせたらニュースステーションや土ワイが垂れ流しになっているのに驚かされた事があったらしい。

関連項目

山形県
テレビ局

外部リンク

コメント