ピクシブ百科事典

山形テレビ

やまがたてれび

山形テレビとは、日本のテレビ局。
目次[非表示]

概要

山形県を放送エリアとする。マスコットキャラクターは宇宙人という設定のみるるん@あっと。

1970年にフジテレビ系列局として開局した。

1975年にNET(→テレビ朝日)系列にも参加したものの、1980年3月をもってテレビ朝日系列から足を洗った(代わりに山形放送がテレビ朝日系列にネットチェンジした。ただし、元々の系列だった日本テレビ系列にも残留しクロスネット局化)、はずだった。

だが、TBS系列のテレビユー山形開局(1989年)にビビるあまり副業に手を伸ばしては大失敗を繰り返した結果(つか視聴率という点では当時ものすごく良かったフジテレビの系列局なんだからそんな事する必要ないだろ)経営が傾いてしまった。そんなときテレビ朝日から「ゼニ出してやるからうちの系列局にならない?」と(同じ県に系列局がありながら)誘われた事から、「俺テレビ朝日系列になりまーす」と宣言してしまう。当然ながらフジテレビは大激怒、1993年3月いっぱいでこの山形テレビはフジテレビ系列から追放されてしまった(ちなみにテレビ局の系列局追放は、1978年9月および1987年9月の、テレビ山口の2度の追放以来3回目。なお、テレビ山口の1回目はテレビ朝日系列、2回目はフジテレビ系列)。

そして強引にテレビ朝日系列にネットチェンジしたのは良かったが、当時のテレビ朝日は、報道番組とアニメこそ充実していたものの、それら以外では「ミュージックステーション」、「はぐれ刑事純情派」、「暴れん坊将軍」、「土曜ワイド劇場」、「日曜洋画劇場」および朝日放送制作の「新婚さんいらっしゃい!」、「アタック25」くらいしかめぼしいものがなかった。結果視聴者はもちろんの事、地元のスポンサーにまで見捨てられ、さらに経営が傾いてしまった。これぞまさに、火に油を注ぐ最悪の事態となった。

また、1993年1月時点で山形テレビは地元紙の山形新聞グループだったが、実は先発のラジオ・テレビ兼業の山形放送もまた山形新聞グループの一員だった。ゆえにフジテレビの怒りの矛先は山形放送にも向けられ、結果山形放送はテレビ朝日の番組を山形テレビに押しつけ、テレビ放送開始から1980年3月まで参加していた日本テレビ系列に復帰した代償として、フジテレビの番組の放送が一切出来なくなったのだった。そのためテレビユー山形が、ごく一部(例・「サザエさん」)のフジテレビ番組の(遅れネットでの)放送を引き受けている。

この一件が遠因となったのか、山形テレビは後に山形新聞グループから独立した。さらに蛇足ながら、フジテレビは1997年4月1日にさくらんぼテレビを開局、山形県内で再びフジテレビ番組が(スムーズに)視聴できるようになった。

もっとも、山形テレビとしては、もともとはNETテレビ系列局として開局するつもりだったらしい。1975年に一旦NETテレビ系列に参加したのはその流れからだった。

ネタ

元々フジテレビ系列だったため、タイムボカンシリーズのうち、フジテレビ放送分(「イタダキマン」まで)はもちろんのこと(と言いたい所だが、フジテレビ系列でも放送出来ず、他系列局に放映権を奪われた局もあった)だが、テレビ朝日系列に移行後、テレビ東京に製作局が移行した「怪盗きらめきマン」を、独立UHF局以外で唯一放送している。結果、読売テレビ(NNS)版「ヤッターマン」の放送が始まるまではシリーズ全作品を放送した実績を持つ、という、珍しい放送局であった。

関連項目

山形県
テレビ局

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「山形テレビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256

コメント