ピクシブ百科事典

沖縄テレビ

おきなわてれび

沖縄県を放送対象地域とするテレビ単独局。正式名称は沖縄テレビ放送。
目次[非表示]

フジテレビ系列局で沖縄県最初のテレビ局。略称はOTV
アナログ放送においては大東諸島には中継局がなく、大東諸島でのテレビ放送は小笠原諸島向け衛星中継回線を利用していた。2011年7月22日、大東諸島にNHK・沖縄民放2局と同時にデジタル中継局が開局した。

放送局概略

ニュース系列FNN
番組供給系列FNS
略称OTV
愛称沖テレ・OTV
呼出符号JOOF-DTV
呼出名称おきなわテレビデジタルテレビジョン
リモコンキーID8
親局那覇15ch
主要中継局今帰仁15ch


諸々話

  • 初代社長の具志頭得助はフジテレビを訪れる前に日本テレビを訪れ、「沖縄での開局は時期尚早」と断られている。
  • 本土復帰前の一時期(1965年3月-1968年9月)にNHKの番組をCM付きで放送していたことがある。
  • 親局は豊見城市字高安にある。旧NHK沖縄放送会館の敷地にあり、NHKと送信所局舎を共有している。なおRBCQABの親局は豊見城市字嘉数にある。
  • 沖縄には日本テレビ系列局(NNN/NNS)がないため、『24時間テレビ』『高校生クイズ』『高校サッカーの試合』(沖縄大会と全国大会の沖縄県代表校出場試合)に参加している。沖縄県でNNN/NNSマストバイ局を目指して南西放送が設立されたが、日テレがバブル崩壊による不況で大型投資ができず、衛星放送に多額の資金が必要なため、日テレの沖縄進出計画が頓挫し、放送免許の申請が取り下げられた。その後南西放送が破産した。
  • 1986年4月19日、春闘に伴うストライキで自社でのニュースや番組配信ができず、この時は丸一日フジテレビからマイクロ回線をそのまま垂れ流しで放送した。ニュース番組の一つである「FNNスーパータイム」のローカルパートはテレビ西日本の「TNCスーパータイムNEWS&SPORTS」を放送した。現在は万が一、ストライキがあっても放送業務は労働運動とは無縁の管理職や外部からのスタッフを派遣することによって対応するため、このようなことは起きない。
  • 沖縄県は西日本であるにも関わらず、東日本のみで放送しているフジテレビ制作の競馬番組「みんなのKEIBA」を放送している(ちなみに西日本で放送している競馬番組は関西テレビ制作の「競馬BEAT」)。ただし上記の日本テレビとの関係があるためゴルフ中継や24時間テレビで休みになることがある。ちなみに沖縄県にはウインズ(JRAの施設)は存在せず、電話投票のみである。
  • フジテレビ系列のアニメ枠『ノイタミナ』を1度も放送していない。


外部リンク

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

兄弟記事

コメント