ピクシブ百科事典

コールサイン

こーるさいん

無線局を識別するための文字列。この場合は呼出符号や識別信号ともいう。
目次[非表示]

コールサインには複数の意味があり

という意味も含まれる。この記事では放送や無線におけるコールサインについて記述する。

概略(テレビ・ラジオのコールサイン)

よくテレビを遅くまで見ていると画面に「JO○○-DTV」という文字列が表示されることがある。この「JO」から始まる文字列がコールサインでラジオだと定期的に「JOAB、NHK東京第2放送です」などというアナウンスが入る事がある。
なお、コールサインがない無線局は国際電気通信連合の定めた規則に違反する(ここでいう無線局は、ラジオ・テレビでは親局)。

ここではテレビ東京のコールサイン「JOTX-DTV」を例に説明する。
まず最初の2文字「JO」は国名を表し、JOは日本を表す。
3文字目と4文字目の「TX」は局ごとに異なるが、4文字目についてはある程度の規則性があり、例えばテレビ東京の場合はXなのでテレビ単独局だという事が分かる。民間テレビ単独局はほかにもY・H・Iが使われる。これがFやRになると、民間の中波ラジオ単独局あるいはラジオ・テレビ兼営局、U・Vだと民間FM局を意味する。NHKはラジオ・テレビによらず総合系でK・G・P・Q、教育系でB・C・D・Zを使用する(FMは前者のみ)。
最後の「-DTV」は放送の種別を表す。DTVの場合は「デジタルテレビ放送」を表す。アナログ放送は「-TV」で、音声多重放送には「-TAM」、文字多重放送には「-TCM」が付いた。
ラジオの場合は「-FM」と付く場合があるがこれはFMラジオの場合である。
そして無印がAM放送ということになる。AM放送における、親局クラスの出力のあるFM補完放送局もAMラジオのコールサインしか持たない。

なお、原則として一つの放送局には一つのコールサインが割り当てられるが、AMラジオ局では中継局にもコールサインが割り当てられることがあり、KBS京都NBCラジオなどがその例である。特にNBCとHBCは歴史的経緯から「R系」と「F系」のコールサインが両立している。
複数のコールサインが割り当てられていると、親局と別に割り当てられているコールサインを持つ中継局で番組やCMの差し替えができるようになっており、これらは原則的に、親局のコールサイン末尾がRだと当該中継局のコールサイン末尾はO→E→W、親局のコールサイン末尾がFだと中継局のコールサイン末尾はL→M→N→Sの順に割り当てられる。ただしこれら中継局のコールサインで廃止されたものや、使われなかったものの中には、テレビ局のコールサインに転用される例も多い。前者はRKKラジオの人吉中継局がかつて使っていたJOBL→びわ湖放送のJOBL-DTV、後者はテレビ新広島のJORM-DTVなどの例がある。
過去にはRCCテレビなどラジオ・テレビ兼営局のテレビ部門でも複数のコールサインを持っていた例があるほか、ラジオ局ではSBSCBCラジオなどが過去に複数のコールサインを持っていた。
また放送局の組織再編に伴い、ラジオ・テレビ兼営だった局が片方を外に出した場合、どちらかのコールサインを変更する必要がある。「バトンタッチした」という演出を兼ねて告知したケースとして、TBSCBCが挙げられる。
逆にコールサインが不変ながら会社自体が交代した場合も、同一のコールサインながら告知が必要である(法人名の名乗りが変わる)。

概略(アマチュア無線のコールサイン)

日本では一般には「2字+1桁の数字 + 2-3文字」の形をとる。(例:JA1GYなど)
2字+1桁の数字の部分はプリフィクスと呼ばれ2字の部分はアマチュア無線局の国籍を表し、日本ではJA - JS、7J - 7N、8J - 8Nのうちのいずれかが用いられる。
1桁の数字は総務省では「地方局別の数字」と称しており、管轄の総合通信局、つまり地域を表している。

局名告知

一般には「オープニング」だとか「クロージング」と呼ばれているもので各局こだわった映像を制作している。有名所だとCBCテレビジョンの今様やRCC中国放送テレビの呪いのハープテレビ愛知のアナログ時代の局名告知、日本テレビ鳩の休日テレビ朝日のジョイナスがある。
無線局運用規則で「放送局は、放送の開始及び終了の際に、自局のコールサイン又は呼出名称を放送しなければならない。」と規定している。
つまり、局名告知をしないとそのテレビ放送局やラジオ局は運用規則違反となってしまう。
ラジオ放送では、NHKの場合は一定間隔で「JO○○、NHK○○第○放送です」とアナウンスをする。これも局名告知の一つである。他方、民放では2000年の電波法改定にともない放送時間内の呼出名称・コールサイン告知が基本的に不要になったこともあるのか、一日の起点を別にすると、現在はラジオ沖縄南日本放送の例があるのみ。

告知パターン

告知のパターンは複数あるがオープニングでは

  • 「おはようございます。こちらは○○(コールサイン)、(放送局名)です。只今から本日の放送を開始します」
クロージングでは
  • 「今日も遅くまでご覧頂きありがとうございました。こちらは(コールサイン)、(局名)です。これで本日の放送を終了します。」
とアナウンスする事が多い。
放送局によっては中継局のチャンネル一覧を流すことがある。

ジャンクション

24時間放送を行っている放送局にはオープニングやクロージングといったものは基本的に存在せず、原則として基点となる午前5時にジャンクションを流している。例外として、IBC岩手放送のラジオ部門では午前3時が一日の起点である。

特徴的な局名告知

先述したCBCテレビの今様やRCCの呪いのハープ、テレビ愛知、鳩の休日テレビ朝日のジョイナスのように有名なものもあるが、他にも特徴的なものがいくつかある。

山陰中央テレビ放送・通称「呪いのオルガン」

「今日も遅くまで、山陰中央テレビ放送をご覧いただきありがとうございました。これで今日の放送は全部終了でございます。お休み前にはもう一度火の元戸締まりをお確かめください」というアナウンスのBGMにオルガンで演奏された暗い雰囲気の曲を流す。その独特の雰囲気から呪いのオルガンという通称が付いてしまった。

山陽放送テレビジョン・通称「呪いのハープ」

名前がRCCと被っているがこちらはハープ音源ではない。BGMに山陽地方の子守唄を流し女性アナウンサーが「山陽放送テレビ、今日のテレビジョン放送と音声多重実用化試験放送はこれで終わります。金甲山送信所11chの他ご覧の中継局から放送しました。何方様もごゆっくりお休みください」とアナウンスする。映像は花の写真をバックに中継局のチャンネル一覧が表示される。一部では広島より怖いとも言われている。

テレビ愛知・通称「50年オープニング・クロージング」

アニメーション映像とBGMの組み合わせで局名の「テレビ愛知」ロゴが表示されると「テレビあ~~~い~~~ち~~~~」というコーラスが入る。アナログ放送終了までは局名表示後ゆっくりと中継局チャンネル一覧が表示されるようになっていたが、開局時から中継局がある程度増えるまではオープニングでは「テレビ愛知」のロゴが拡大してから、ラストのブルーバックで一括表示、クロージングでは映像の後半半ばあたりの「TVA」ロゴから冷気のようなものが発せられる場面において行われていた。通称の「50年オープニング・クロージング」は「50年は持つものを」という主旨で公募し採用したという社史の記載に由来する。
なおコールサインがオープニング・クロージング映像では表示されず開始前の試験電波発射時に表示していた。無線局運用規則上は違反ではない。

FBS福岡放送・通称「自殺キャンドル」

暗い映像の中ロウソクが燃えている映像を流していた。その暗い雰囲気から「自殺キャンドル」というありがたくない通称が付いてしまった。FBSが所属する日本テレビ系列では南海放送の「星空のピアノ」や西日本放送で同時期に使われていた映像が怖いクロージングとも言われていた。

HTB北海道テレビ放送

怖い放送というよりは、特殊なパターン。通常は黄色いあいつを用いた映像なのだが、過去に2度、特別な映像が流された。

 30時間テレビも参照
サイコロ6のゴールデン特番放送を記念し、30時間以上の生CM収録に及んだもの。収録とCMは12月14日から16日に及んだが、途中15日のクロージングとオープニングをジャックし、宣伝とフリートークが展開された。鈴井貴之大泉洋(クロージングのみ安田顕)が出演し、更に大泉がコールサインを読み上げている。数多のオープニングクロージングはあれど、今や全国区の俳優2人とそれを要する会社の会長が生で出る映像など唯一といってよいだろう。

ちなみに、この時の視聴率は0%であった。ただし、見ていた視聴者や撮影の様子を見ていたギャラリーはいた模様。

  • 社屋移転クロージング・オープニング(2018.9.17)
開局50周年と共に、南平岸の旧社屋からさっぽろ創生スクエアの新社屋に社屋を移転するに伴い放映された特別映像。
旧社屋最後の放映となったクロージングは、開局50年の歴史をダイジェストで振り返り、新社屋最初のオープニングはさっぽろ創生スクエア周辺やテレビ塔の映像を中心としたポップな映像となった。

また、本社の本格稼働となる翌日18日には、ハナタレナックスとの特別オープニングが放送され、TEAM NACSの5人が登場したが、ここで安田がonちゃんを殴る異様(?)な光景が展開された。
番組の最後にはNACS5人でコールサインを読みあげた。なお、大泉は上記と合わせ3度も読み上げた唯一(?)の俳優となったが、3度もコールサインを読み上げる俳優など探してもなかなかいないだろう。

ちなみに、30時間は生放送だったが、18日のものは収録。未公開シーンを含めた全貌は10月5日のハナタレナックスで放送された。

pixivに投稿された作品 pixivで「コールサイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3834

コメント