2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ゴールデンスペシャル・サイコロ6放送を記念して24時間プラス6時間の生CMを放送したもの。後にどうでしょう本編で「30時間テレビの裏側全部見せます!」でその裏側と生コマーシャルが放送された。

年末の繁忙期にぶち当たったためにスタッフが少なく、生放送であるにもかかわらず、藤村D嬉野D・技術スタッフ2名×3交代、北海道共立の大道具1名・スタイリスト小松の6名のスタッフのみで多くは運営された。
ちなみに待合と衣装の着替えはHTBの第3応接室で行い、副調整室は設けずに「定刻になると、HTBの駐車場にあるカメラの映像をマスターから自動的に送出する」ように設定。そのため、万が一画面上が「カラ画」になっても大丈夫なように、カメラ前にはミスター大泉の等身大パネルが用意された。

その他

  • 生CMを自宅で見ていた鈴井貴之の娘は放送後に「(こんなの)パパじゃない!」と電話口で号泣した。
  • 安田顕も一部CMで参加しているが、元々は出る予定がなく、家で晩酌中だった。大泉によって安田宅にタクシーが強制的に配車され、HTBに酔っぱらった状態で到着した安田は、開口一番どうらんを塗って雪ん子の顔をした鈴井に「(当時)37歳が何やってんの?w」とツッコんだ。
  • 本来なら視聴率の高いゴールデンタイムにもCMとして入れる予定だったが、テレビ朝日系の番組を優先させざるを得ないために難しく、深夜・早朝時間帯の空いた枠にしか入れられなかった。また、総放送時間がたったの18分だったことに対して、「本編より短い」と述べている。
  • 放送の終了・開始を跨ぐ企画だったため、この企画の中でHTBの放送終了・開始のコールサイン送出も担当。しかし藤村Dはその説明を鈴井に本番直前に指摘されるまで忘れていた。ここで初めて藤村Dは「法律(正確には総務省令の1つ)で決まっている事だから」と説明し、大泉に「法律で決まっていることをどうして言わなかったのか」と注意を促された。本番では大泉・鈴井(クロージングでは安田も参加)が生出演し、大泉が「JOHH-TV、JOHH-TV、こちらは北海道テレビです。」を読み上げている。

関連記事

親記事

水曜どうでしょう すいようどうでしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「30時間テレビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26071

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました