ピクシブ百科事典

対決列島

たいけつれっとう

『対決列島』とは、HTBによる映像作品『水曜どうでしょう』で行われた企画の名称。
目次[非表示]

概要

正式名称は『対決列島 甘いもの国盗り物語』。

魔神』こと藤村忠寿と『ミスター生き地獄』こと鈴井貴之が各自1名のパートナーを従えてチームを結成し、因縁氷菓『白くま』(白熊)で雌雄を決するべく鹿児島県を目指す日本列島縦断の中で繰り広げる熾烈な甘味早食い頂上決戦。全10回(レギュラー放送中最長放映企画)。

構成

番組における名物企画『サイコロの旅シリーズ』『原付シリーズ』などで鈴井や大泉洋相手に一方的に開催される早食い対決で無類の強さを発揮し、遂には魔神の称号で怖れられた藤村だったが、2001年2月21日放送分の『一致団結!リヤカー喜界島一周』第3回で行われた「白くま500ml早食い対決」において鈴井にまさかの惜敗を喫してしまった。

これまで強烈な甘味を苦手とする鈴井に無茶振りしてはその痛々しい努力を眺めて面白がっていた格下相手に大金星を許し、『魔神・藤村』から『挑戦者・ふじむら』へ降格した一件を機に「僕は実は、甘いモノがそんなに強くはないんではないか?」と疑問を抱き、それならばと藤村が甘味早食い王座に君臨した新王者たる鈴井に正式に挑戦状を叩き付けた。

なお、内容の都合上で今まで企画会議に参加していた鈴井にも一切の説明を差し止めたため、鈴井は同番組内で初めてのドッキリに引っ掛かる事となり、安田顕による口上で知らされた企画発表時に思わず「(何も知らされない)大泉君の気持ちがよく分かった」と複雑な心境を吐露した。

後に、藤村は再編集を経て発売されたDVD副音声中で「『北海道から九州までで縦断する』を実現させるための案」「対決の要素やキャスティングは後から構築された」「に各地の逗留先となる宿で温泉に入る事が企画の本当の趣旨」と告白し、恒例の成り行き任せだった事実を明かしている。(そのため所々に現れる藤村の「計画の詰めの甘さ」に、大泉が指摘し激怒する場面が散見される。)

参加者

ミスターチーム

鈴井貴之

たぁむ


階級大将
得意軽い甘味(氷菓、果物など)、酸味
弱点重い甘味(あんこ系統全般)、餅系
備考得意分野での爆発力は藤村に匹敵する

企画発表当日までダイエット、企画序盤で虫歯再発のため対戦そのものに難あり。ただし、最も得意とする酸味では「梅干しはもう…一壺いけるよ」とまで豪語する自信を持つ。

大泉洋

ビストロ大泉


階級副将
得意特になし
弱点特になし
備考過去の対戦で藤村と接戦を演じた経験あり

これと言った得手不得手の無いオールラウンダーであり、意外と大食いの一面を持つが、自身の好まない味であった場合には悪態が飛び出して極端にペースダウンする。
むしろ視聴者的には、食べるよりお見舞いするイメージが強い。

魔神チーム(チームびっくり人間)

藤村忠寿

祝・水曜どうでしょう新作


階級大将
得意甘味全般、
弱点酸味、氷菓
備考餅の絶対王者

鈴井曰く「魔神」、大泉曰く「天上人」と言わしめ、事ある毎に猛威を振るった怪物。特に、餅については「『飲む』っていう感覚」と平然と言い切る常人離れのを持つ。

安田顕

中の人など安田!


階級副将
得意牛乳
弱点不明(強いてあげるならドジを踏んで空回りしやすい)
備考空回りさえしなければ藤村に次ぐ実力者

「牛乳早飲みの達人」というを聞き付けた藤村にスカウトされた実力未知数の存在。ただし、頑張るほどペース配分を見失いやすく自滅に陥る危険性を孕んでいる。
また大泉曰く、「あいつの早食いはすごい」らしい。

対決ルール

基本規約

  1. 勝負舞台となる地点の名物を使ってシングルマッチ、あるいはリレー方式のタッグマッチで早食い競争に挑む。
  2. 参加者全員が審判員の権限を持ち、競争者の口中が完全に空になっているかを判定する(主に大泉が裁定担当)。
  3. 複数の名物で対決する場合、事前の協議で定められた順番と規定量に従って1種類ずつ食べ進めなければならない。
  4. 勝利を収めた地点の総面積(1km²=1ポイント)が点数として加算され、決戦終了時点の総得点で勝敗を決する。
  5. 諸々の事情で勝負を見送る地域については「積み残し」と称し、鹿児島最終決戦の勝利チームが総取りする。
  6. 総面積計算は決戦地点の合計値の100の位を四捨五入し、端数を切り捨てた数値を点数として扱う。


追加規約

  1. 所によっては「地方大会」を開催し、勝利チームが対決開始までに通過した都府県の点数を総取りする。
  2. 時間外対決「奇襲」を認め、奇襲を受けた側は寝起き直後であっても速やかに対戦に応じなければならない。
  3. 常時中立の立場にある嬉野雅道は、寝込みの奇襲参加要請を受ければそのチームに随行して淡々と撮影を行う。


勝利特典

  1. 魔神チームの場合:藤村主導の次回企画『ユーコン川下りキャンプ生活』が確定し、藤村の称号が『魔神→大魔神』に昇格する。
  2. ミスターチームの場合:鈴井主導の次回企画『ハワイバカンス』が確定し、鈴井の称号が『ミスター→エンペラー』に昇格する。


戦歴

1日目

第1回戦 北海道対決

会場北海道函館市湯川町『コーヒールームきくち』近所の河原
種目ソフトクリーム3種(バニラモカミックス
形式リレー競争(大泉vs安田)&シングルマッチ(鈴井vs藤村)
条件副将に3種のうち1本を注文して配達を頼み、相手より先に全3種を完食する
点数83000pt


最初からクライマックスと言わんばかりに、都道府県最大面積の83000ptを賭けた対決。
なお、魔神は当初、五勝手屋羊羹で勝負を挑もうとしたが、それではミスターのモチベーションが上がらないということで、ミスターの得意分野であるソフトクリームで勝負を挑んだ。
また、ソフトクリームは必ず各1種類計3種全て食べきらないとカウントには入らず、もし「モカ」「モカ」「ミックス」となった場合はバニラを買わなければならず、1本分ロスとなる。
ちなみにここで、安田がやらかしそうと期待がかけられたが・・・。
なお、道中には嬉野D考案の無人カメラ(道端にカメラを置いただけ)が設置されているのみで、ロクに姿が映らない状況下でダッシュでソフトクリームを届けるというタレントにとっては只々うっとうしいだけの作業となった。

対決の火蓋が切られ、大泉と安田がほぼ同時に店に到着したが、店員は一人しかおらず、先に来たのはミスターチームの商品だったため、ミスターチーム優勢でスタートした。だがその差を埋めんとばかりに魔神が猛追。2本目もほぼ同時にスタートとデッドヒートを繰り広げた。
ところが、2本目を届ける最中、案の定安田がソフトクリームを落っことしてしまう。落としたソフトクリームをのっけようとしたが、砂利がついていたため誤魔化すことができず再度買いなおす羽目となり、これが決定的な差となる。
3本目で魔神が食べきる前にミスターが3本目を完食。北海道はミスターチームのものとなった。

この大量失点を取り返すべく、魔神は小汚い策を練ることとなる・・・。

ちなみに、ここから青森までは列車で青函トンネルを通ったのだが、サイコロの旅同様の大泉の衝撃的な寝相が映し出された。

戦績

勝者ミスターチーム
ミスター魔神
83,0000

第2回戦 青森対決

会場青森県青森市安方『青い海公園
種目気になるリンゴアップルクーヘン各1箱
形式シングルマッチ(鈴井vs藤村)
条件特になし
点数10000pt

青森名産のリンゴにちなみ、リンゴを使ったスイーツでの対決。
しかし2つともかなりの重量を誇り、大泉曰く「漬物石」と形容されるほどのヘビー級の対決となった。

ミスターはフルーツが好物のはずだが、いざ対決が始まると、その重量級のボリュームと食感にやられてしまい、ペースが上がることはなかった。
大泉「ギブアップ?」
ミスター「ギブアップ」
大泉「ギブアップノォウ!」
そんなミスターを尻目に、魔神は重量級のモンスターを制し勝利。しかし、10000ポイント。

名シーン『大好きなフルーツです!』

がんばれミスター!


口からなんか泡が…。

戦績

勝者魔神チーム
ミスター魔神
83,00010,000

第3回戦 秋田対決

会場秋田県鹿角市花輪道の駅 かづの
種目焼ききりたんぽ1本(くるみ味噌
形式シングルマッチ(鈴井vs藤村)
条件鈴井のみ給水ハンデあり
点数12000pt

1日目最後の対決。歯痛に痛むミスターに配慮し、甘味を外しての勝負となった。
ミスターのみ給水のハンデがあり、多少有利になるかと思いきや、勝負開始と同時に、
①きりたんぽを串からぶち抜き、
②すかさず丸呑みして瞬殺する
というハンデもくそもない魔神の一瞬の荒業になすすべもなく敗北。
残念ながらその食いっぷりが映ることはなかったが、その光景を目撃した副将は戦慄し、特に大泉は『中国の鉄の球を飲むおじさん』と形容するほどだった。

戦績

勝者魔神チーム
ミスター魔神
83,00022,000

波乱の1日目が終了。この時宿泊した宿で「魔神が勝ったら北海道は男はパンツ一丁女は裸」などと話を咲かせてたり相撲を取ったりと夜が更けていくのであった。


2日目

第4回戦 岩手対決

会場岩手県岩手郡雫石町『小岩井農場 まきば園
種目小岩井まきば牛乳7本(200ml瓶入り)
形式タッグマッチ・ハンデ戦
条件藤村:牛乳まんじゅう2個+牛乳1本→安田:牛乳6本、鈴井・大泉:交代自由
勝者ミスターチーム(安田の反則負け)


2日目開幕。
小岩井牧場までの道中、「牛乳1本を2秒で飲む」という桁外れの荒業を持つ安田の得意分野が大泉の口から語られ、改めて魔神チームの恐ろしさに戦慄。安田の特技と魔神の奇人ぶりから、『チーム奇人変人』『チームびっくり人間』と揶揄され、以降魔神チーム改め「チームびっくり人間」と呼ばれることとなる。

だが、肝心の対決はというと、安田の得意分野でありながら、それも放送的に極めて見苦しいハプニングで呆気ない幕切れとなった顛末に魔神チームが泣きの一回を申し込み、間を置かずに異例の再戦が開催された。

名シーン『安田さんリバース

水雷どうでしょう22 岩手2
水雷どうでしょう22 川内、散る



大変…大変見苦しいところを見した。悪いけど、悪いけどもう一回やらしてくんないか?!

会場岩手県岩手郡雫石町『小岩井農場 まきば園』
種目小岩井まきば牛乳6本(200ml瓶入り)
形式タッグマッチ・ハンデ戦
条件藤村:牛乳まんじゅう3個+牛乳1本→安田:牛乳5本、鈴井・大泉:交代自由
点数15000pt

前の無効試合で6本飲み干したダメージを抱えたままの満身創痍で勝てるはずもなく、決着後に合計11本(2.2L)分の牛乳の大半をのように吐瀉する大惨事(吐→凄吐→超吐)となったが、これが2年後の同社別枠番組『ハナタレナックス』屈指の名言安田を経て、大地に還る』に繋がる布石となった。

名シーン『安田さん再び散る!』

そんなにいっぱい出しちゃらめええええぇっ///
水雷どうでしょう 岩手再戦


安田くん、すごい出てる…。

戦績

勝者ミスターチーム
ミスターびっくり
98,00022,000

第5回戦 宮城対決

会場宮城県仙台市青葉区『青葉城本丸会館 萩
種目ずんだ餅2皿
形式シングルマッチ・ハンデ戦(鈴井vs藤村)
条件鈴井:ずんだ餅1皿
点数7000pt

宮城名物ずんだ餅での対決。当初は1皿3個入りの計2皿ずつの対決てあったが、大泉が1個を「試食」。その後入れ知恵で安田と嬉野Dに1つずつ試食させ、ミスター1皿vs魔神2皿の対決となった。
だが、それでも地力の差は覆らず、ミスターが餅2つに悪戦苦闘してる傍ら、魔神は余裕で6個を下し、それだけでは飽き足らず残ったミスターの餅を食す傍若無人ぶりを見せつけた。

その後、移動中の車内で「腹ごなしにさくらんぼ狩りでもしよう」と魔神の爆弾発言が飛び出し、嬉野Dが「腹ごなしに・・・食うって言うか!?」と思わず戦慄した。

戦績

勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
98,00029,000

第6回戦 山形対決

会場山形県東置賜郡高畠町『よねおりかんこうセンター
種目ゼリー2種(ラ・フランス、ラ・フランス&チーズケーキ)、ラ・フランス羊羹5個
形式タッグマッチ・ハンデ戦
条件副将・大将でゼリー各1個、鈴井:羊羹4個、藤村:玉羊羹6個
点数9000pt

さくらんぼ狩りに向かったものの、まだシーズンではなかったため、急遽ゼリー2種とまりも羊羹タイプのラ・フランス羊羹で対決となった。
だが、このゼリーは冷えていなかったため、あまりにも不味く大泉は「マズイ」と連呼するなど旅番組にあるまじき事故発言が飛び出す始末で、悪戦苦闘するミスターチーム。(冷えていれば無論美味である。)
一方のチームびっくり人間は、着実にゼリーを攻略し、(途中大泉の妨害に遭うも)魔神は羊羹を「ポンッ!」と平らげていき、ミスターがゼリーを食べきったと同時に完食、勝利。挙句死体蹴りと言わんばかりに、ミスターチームの羊羹を平らげる暴挙を働いた。

戦績

勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
98,00038,000

第7回戦 栃木対決

宿での夕食後、次の日をどうするかの会議が行われていた。というのも、最低でも面積の小さい7県を通過するためその都度対決を行わなけらばならず、大幅なタイムロスとペース低下が危惧されていた。
しかし、ここで安田により、「面積の小さい都府県を一纏めにする「地方大会」形式の対決」が考案される。この提案はすぐに採用され、翌日通過予定の埼玉県、群馬県、東京都、神奈川県、山梨県を「関東大会」として一纏めに開催し、そのコミッショナーをミスターチームに一任することが決定。
ただ、宿に来る前に2つ懸念事項が発生していた。
1つ目は寝過ごして通過した福島県の対決。これについては最終決戦の鹿児島対決に持ち越すこととなった。2つ目は宿のある栃木対決。これを関東大会に持ち越すかどうかを持ち掛けたが・・・。

魔神「今やっとくか?」
ミスター「えっ?い、今?」

会場栃木県日光市川治温泉『長生閣 明月苑
種目ずんだ餅1皿(宿の夕食のデザート
形式シングルマッチ(鈴井vs藤村)
条件特になし
点数6000pt
なんと夕食のデザートを持ち出され強引に開催された。
突然の事態に大泉は「栃木は捨ててもいい」とミスターに助言する中、ミスターは挑まれた勝負を堂々と受けて立つこととなった。
そして、フェイントをかけて魔神の意表を突くも焼け石に水、魔神が圧倒した。

戦績
勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
98,00044,000

こうして安田さんリバースで始まった混乱の2日目が終了。明日の関東大会に向け一行は眠りについた・・・だがこの後、ミスターチームにとんでもない災難が降りかかる。

3日目

第8回戦 福島県奇襲

安田「やぁやぁ鈴井貴之!昨日すっ飛ばしてしまった福島対決!鹿児島に積み残すわけにはいかーん!今ここでー、対決を申しこーむ!」

会場栃木県日光市川治温泉『長生閣 明月苑』
種目ゆべし4個
形式シングルマッチ(挑戦者:藤村)
条件特になし
点数14000pt
なんと魔神は早朝5時に寝込みを襲うという「奇襲」という形で襲撃。きたない流石魔神きたない。
当然ミスターはなすすべもなく蹂躙されぼろ負け。「ますますわかんなくなってきた。今回のこの企画・・・」とぼやいた。

突然の奇襲により、3日目の火蓋が切って落とされた。この出来事にミスターは「毒盛るしかない」と言ったが、ミスターチームは幸運にもこの後の関東大会のコミッショナーに任命されていたため、ある意味魔神に「毒を盛る」チャンスが到来していた・・・。

あと、前日のずんだが原因で、ミスターのお通じが若草色に染まっていたとか。

戦績
勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
98,00058,000

第9回戦 関東大会

会場埼玉県川越市元町『菓子屋横丁
種目駄菓子4種(日本一長い菓子1本、ビンラムネ1個、花丸せんべい1袋、ジャム5袋)、梅干し約30個
形式変則タッグマッチ
条件4つの競技で構成。順番にクリアしていき、先に完食したチームが勝ち。なお、給水用のお茶は各人1つのみ。
  1. 麩菓子半分のリレー戦(副将→大将)
  2. ビンラムネ1個のリレー戦(副将→大将)
  3. せんべいとジャムのチーム戦
  4. 梅干し30個の大将戦
点数18000pt(埼玉県4000+群馬県6000+東京都2000+神奈川県2000+山梨県4000)

埼玉県に向かう道中、魔神は『すっぱいものがダメ』とつい漏らしてしまう。
無論この貴重な情報をミスターチームは聞き逃すはずがなく、前日に関東大会のコミッショナーに任命されていたこともあり、「競技」を選定することとなった。その結果、買ってきたものは・・・。

  1. 「日本一長い麩菓子」・・・かなりの水分を持っていかれる。
  2. 「ビンラムネ」・・・昔懐かしい駄菓子。すっぱい。
  3. 「花丸せんべい+梅ジャム」・・・特に梅ジャムは大泉曰く「メイン」。すっぱい。
  4. 「梅干し(30個)」・・・昔ながらの製法で、試食した大泉曰く「遊びのないすっぱさ」とのこと。

見事なまでに魔神の「毒」ばかり。このあまりにも不利な条件に魔神はハンデを要求するが、早朝の奇襲の一件もあり、大泉はただ一言「ノーだ」と突っぱねる。

こうして酸味対決となった関東大会の火蓋が切って落とされた。麩菓子対決はほぼ互角に終わり、続くビンラムネ対決は魔神がむせた隙にミスターチームがリード。大きく差をつけた状態で入ったせんべい&梅ジャム戦では、安田が麩菓子戦でお茶を使い果たしてしまっていた上、魔神が梅ジャムを安田に押し付ける一方、ミスターチームは大泉が梅ジャム1袋に苦戦する傍らで、ミスターが梅ジャムを4袋を瞬殺するという大混戦を見せた。ミスターチーム優勢のまま入った梅干し対決では、淡々と梅干しを平らげる中、魔神も味覚を殺しつつも梅干しを平らげていく。だが、ミスターの梅干しが残り1個となったところで魔神の味覚が戻ってしまい大悶絶。余裕で梅干しを食し、関東大会はミスターチームの手に堕ちた。得意分野が違うだけでミスターも化け物である。

なお、ここでも醜態を見せた安田は、とうとう魔神から戦力外通告を言い渡されてしまった。

戦績
勝者ミスターチーム
ミスターびっくり
116,00058,000

第10回戦 長野対決

会場岐阜県下呂市湯之島『川上屋 花水亭
種目おやき2個(あんこ入り、野沢菜入り各2個)
形式シングルマッチ
条件盆上に置かれた4つのおやきから1つを選び出し、相手より先に2個完食する
点数14000pt

長野県においておやきは米の代用品として作られており、あんこ以外にも野沢菜などのおかずが入ったものも販売されている。
ここでの競技は「中身を空けてみないとわからない、あんこ入り、野沢菜入り各2個の4つ用意されたおやきから2つを選んで食べる」所謂こしあんルーレット形式である。そのため、場合によっては不利になり、有利にもなりえる運試しの勝負ともいえる・・・。

競技開始ともに両者がかぶりつくも、不運にもミスターはあんこ入りを当ててしまい、奇遇なのか魔神もあんこ入りを引き当てる。となると残った2つは野沢菜!しかし、悶絶するミスターをよそに余裕で1つ平らげる魔神は何故か2つ目に手を付けずそのままミスターを待つという不可解な行動に出る。
野沢菜でも勝てるというのか、それともフェアプレーとしてミスターを待っているのか・・・。何とか1つ目を完食したミスターは悶絶しながらも、隙をつき2つ目にがっついた!

だが次の瞬間、甘い甘いあんこに悶絶するミスターの姿が!
何と、用意されたおやきは全てあんこだったのである。
大泉「あんこです! 藤村君またもや汚い攻撃に出た! 用意されていたのは4つともあんこだ!汚いぞ藤村!卑怯だぞ藤村! 野沢菜なんかなかったんだ!」

ここで藤村は安田にも内緒で「勝負に用いる盆上のおやきを全てあんこにすり替える」という不正を行った。だが本来抗議するべき立場にある大泉はすでにこのからくりに薄々勘付いており、「ミスターがあんこ入りのおやきにかぶりついて狼狽する姿を見たくて仕方なかった」と進んで不正の片棒を担いだため、藤村の反則は不問に付された。

こうして、フェアプレーもくそもない魔神のラフプレーにより、長野は魔神の手に渡った。

戦績

勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
116,00072,000

こうして各陣営の陰謀が渦巻いた3日目が終了。
そして岐阜県をどうするか、またしても「アレ」をやるのか、と思ったら案の定・・・。

4日目

魔神「二度とあの手は使わないだろうとは言ってましたが、同じ手を使って明日の朝行きますから。」

第11回戦 岐阜県奇襲

会場岐阜県下呂市湯之島『川上屋 花水亭』
種目入り水羊羹1竿(約20cm)
形式シングルマッチ(挑戦者:藤村)
条件特になし
点数11000pt


4日目開幕。
やっぱり強行されてしまった奇襲。なんと前日より早い4時半に開催された。
ミスターは羊羹ではなくリモコンに齧り付く小ボケをかましつつ挑むものの、早朝から食えるわけがなく、半分もいかずに撃沈。
一方魔神は、「積み木がなくなるかの如く」と比喩されるほどのペースで圧倒した。

ミスターは「朝っぱらからこんなもの食えるやつおかしいよ・・・」とぼやき、安田も「親の顔が見てみたい」と思わずつぶやいた。
だが、安田の発言は早朝に実現することになる・・・。

戦績

勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
116,00083,000

第12回戦 愛知対決

会場愛知県名古屋市中区『ラディッシュ』(2014年1月31日閉店)
種目小倉トースト半枚、特製小倉クリームサンド2個、ミックスジュース1杯
形式シングルマッチ・(ある意味)ハンデ戦(鈴井vs藤村)
条件完食後に「美味しかったよ母さん」を宣言する
点数5000pt


愛知決戦は藤村の実家にして両親が経営する喫茶店で開催され、藤村にしてみれば本当の意味でのホーム戦となった。しかし、色々と番組構成を考えた上で敢えて試合会場を実家に定めた事こそがこの企画における藤村最大の足枷となり、ここぞとばかりに鈴井から「美味しかったよ母さん」の宣言を勝利条件とするこの上無いハンデを課せられて心理的風下に追いやられ、気恥ずかしさから勝利宣言に詰まっているうちに「あんこ好きの藤村vsあんこ嫌いの鈴井」という絶対的アドバンテージをも覆す勢いで猛追する鈴井が肩を並べたため、どうにかタッチの差で言葉をひねり出して辛くも勝ちを収めた。

ところが、移動車中で母親から「たーくん」と呼ばれている事、母親の好意で見せてもらった藤村夫妻の結婚写真の内容などをミスターチームにネタにされて絶大な精神的ダメージを負う羽目となり、まさしく「試合に勝って勝負に負けた」苦々しい一幕となった。

名シーン『かぁちゃんおいしかったよ』

水曜どうでしょう名言シリーズ。


早く…、早く帰りたい…。

ちなみに、オンエア後にPTAでネタになったらしく、魔神は藤村夫人に叱られた模様。

戦績

勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
116,00088,000

第13回戦 近畿大会

会場兵庫県三木市加佐『三木サービスエリア・下り
種目明石焼き6個、牛乳2本(200ml瓶入り)
形式シングルマッチ(大泉vs安田)
条件牛乳は明石焼きを完食した時点で1本ずつフタを開けて飲み干す
点数19000pt(兵庫県8000+滋賀県4000+大阪府2000+京都府5000)


2回目の地方大会。
前回の対決から間が開いておらず、互いの大将共に(負ったダメージが癒えていないのと)満腹状態であったことから、出番がなかった副将同士が登板することとなった。

互いに明石焼きに挑むものの、安田が僅かにリード。そして大泉が食べ終わる前に牛乳をこぼしながら飲み干し、余裕で勝利した。
漸くチーム勝利に貢献できた瞬間である。

・・・が、この後の移動中おなかを下した。

ちなみに、後の未公開シーンにて、この時魔神に「面白いダジャレを言ったらSAに寄ったげる」と無茶苦茶な条件を突き出されている。
何とか面白いネタをひりだし、大惨事に至らなかった模様。

戦績

勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
116,000107,000

5日目

第14回戦 岡山県奇襲

会場香川県高松市西宝町『喜代美山荘 花樹海
種目サンフルーツ1個
形式シングルマッチ(挑戦者:鈴井)
条件特になし
点数7000pt


途中のSAで大泉が買ってきた小林旭の「自動車ショー歌」を流しつつも瀬戸大橋を渡り、四国へ到着。ちなみに、アレコレソレとは違い、四国に呼ばれずに来た瞬間でもある。

ここで、罰ゲームの川下りについての恐るべき内容について魔神より語られる。

で、岡山を通り過ぎていたため、案の定やると魔神が言うと、「私も策を練っております」とミスターの口から飛び出し、まさかの奇襲合戦が行われることが宣言され、4日目が終了。

そして5日目が開幕。先手を取ったのは、今まで(甘味という名の)苦汁をなめさせられてたミスターチーム。
まさかの日付が変わった後の深夜12時半にサンフルーツ片手に魔神チームに押し掛けた。
やる人とやられる人と食材の味の種類が変わっただけで、前日と前々日の構図が展開された。

勝利後、魔神の枕元にあったきび団子を発見し、没収。向こうはこれで奇襲をかけるつもりだったらしい。

大泉「玄関にウンコして帰ってやりましょう!」

戦績

勝者ミスターチーム
ミスターびっくり
123,000107,000

第15回戦 四国大会

会場香川県綾歌郡綾川町『山越うどん
種目釜玉うどん2杯
形式タッグマッチ
条件副将→大将の順で1杯ずつ食べ、各完食時に「うまい!」を宣言する
点数19000pt(香川県2000+徳島県4000+愛媛県6000+高知県7000)


戦績

勝者チームびっくり人間
ミスターびっくり
123,000126,000

第16回戦 九州大会

会場熊本県熊本市北区『北熊本サービスエリア・下り
種目くし切りスイカ4枚
形式じゃんけん対決(大泉・安田)→シングルマッチ(鈴井vs藤村)
条件副将が1回ずつじゃんけんをし、勝者が有利と思われる大きさのスイカを選ぶ
点数19000pt(熊本県7000+大分県6000+福岡県5000+佐賀県2000+宮崎県8000)


戦績

勝者ミスターチーム
ミスターびっくり
142,000126,000


最終日

鹿児島県最終決戦

会場鹿児島県霧島市溝辺町『西郷公園
種目白くま750ml1個
形式シングルマッチ(鈴井vs藤村)
条件特になし
点数97000pt(鹿児島県9000+沖縄県を除く積み残し分88000)





決戦行程

一日目北海道→青森→秋田→岩手(宿泊)
二日目岩手→宮城→山形→栃木(宿泊)
三日目栃木(奇襲)→埼玉→岐阜(宿泊・奇襲)
四日目岐阜(奇襲)→愛知→兵庫→香川(宿泊)
五日目香川(奇襲)→香川→熊本→宮崎(宿泊)
最終日鹿児島


総合成績

チーム名勝敗数最終獲得ポイント
ミスターチーム5勝12敗151000
魔神チーム12勝5敗223000


余談

魔神チームの勝利条件に従って鈴井、大泉の両名は藤村の憧れを実現する企画『ユーコン川160キロ 地獄の6日間』に駆り出され、それぞれ散々な目に遭う事となったが、鈴井はこの企画を通じてアウトドア、もっと言えば大自然の中で苦難と向き合いながら生活する魅力に開眼し、後に北海道赤平市で開拓を始めるきっかけとなった。
もしこの対決列島の企画でミスターチームが勝利していたら、鈴井の現在は今と違うものになっていたかもしれない。

また、大逆転勝利で幕を下ろした藤村も5泊6日、昼夜を問わず甘味を摂り続けた反動からしばらく甘味に飽きてしまう体となり、図らずも企画序盤で大泉の口から出た「彼も気づかない甘いものの恐さってのが後半オレ出てくると思うよ」の予想が的中する結果となった。

関連タグ

HTB 水曜どうでしょう
藤村忠寿 鈴井貴之 大泉洋 安田顕 嬉野雅道

pixivに投稿された作品 pixivで「対決列島」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110734

コメント