ピクシブ百科事典

原付西日本制覇

げんつきにしにほんせいは

水曜どうでしょうの国内企画の一つ
目次[非表示]

2000年5月24日~6月28日放送、全6夜。
始まりは「四国八十八ヵ所Ⅱ」の最終夜に放送された「春を満喫グルメといで湯 ぶらり京都の旅」から繋がる。京都を初めて旅する旅人・鈴井を「京都の達人」大泉が案内をするという設定で、嵐山から京都旅行を満喫。しかし、金閣寺駐車場にて「『カブの旅』で佐多岬まで向かう」という本当の企画発表が行われる、どうでしょうでは定番の「大泉騙し」から始まる企画。

行程

1日目

京都市北区金閣寺→国道162号・国道27号・京都府道8号・国道9号・国道426号→兵庫県城崎町城崎温泉で一泊

  • 城崎の手前の出石郡出石町で、出石そばを食べ、ミスターの荷台に出石そば粉が積まれる。

2日目

城崎温泉→国道178号・国道9号→島根県玉湯町玉造温泉で一泊

  • 大泉の荷台に鳥取砂丘の砂が20kg積まれる。ただしこのシーンはDVD未収録
  • 途中で交通量の少ない山道を選ぶが、カーブと積雪に悩まされ、立ち寄った三朝温泉で休憩

3日目

玉造温泉→国道9号・国道191号→山口県萩町

  • 出雲市にて出雲そば割子3段を食べたのち、鈴井の荷台に出雲そばを積み増し。大泉も荷台に新しく1万5000円の張子虎を積む。ただ途中で首が取れてしまい、後続車が踏み潰してしまう。なお踏み潰した犯人はD陣の追走車ではない
  • 琴ヶ浜において鳴き砂を採取したが、あまりの重さに一部を廃棄
  • 萩市で時間切れとなり、2週間後に再開とした

4日目

萩市→国道262号・国道9号・国道2号・関門海峡トンネル・国道10号・国道387号・国道500号→大分県湯布院町で宿泊

  • 萩市より再出発。ここから「だるまの嫁取り」をテーマとすることにし、大泉に高崎のだるま、鈴井に秋田のなまはげを積む。どちらも東日本編で使用したもので、高崎のだるまはだるま屋ウィリー事件を経験したあのだるまである。
  • 関門トンネルをカブは通過できないため、大泉・ミスターは人道トンネルを通過。この時藤村は100円を手渡している

5日目

大分県湯布院町→やまなみハイウェイ・国道442号・国道502号・国道326号・国道10号・宮崎県道40号→宮崎県綾町

  • 大分県竹田市の『後藤姫だるま工房』にて、高崎のだるまと姫だるまのお見合いが行われ、だるまの親代わりを大泉・仲人を鈴井が務めた
  • 都農町から入った県道では藤村が何度も道を間違え、大泉が自分に対して「地図も読めないバカ」と評していたことを槍玉に挙げる

6日目

宮崎県綾町→宮崎県道26号・国道220号・鹿児島県道68号・国道269号→鹿児島県指宿温泉でゴール

  • 前日魔神藤村が大隅半島の対岸にある指宿温泉に注目したため、ゴールをフェリー経由で指宿に変更する旨を出演陣に申し入れ、ゴールが佐多岬から指宿温泉に変更された
  • 途中での大泉の寄り道が原因でフェリーに乗り遅れかけそうになったが、最終的に間に合い指宿温泉へゴールした。道中鈴井も巻き込んで壮絶な罵り合いに発展した

鳥取砂丘での不適切行為

道中立ち寄った鳥取砂丘に隣接するレストハウス周辺に吹きだまった飛砂を採取し、荷台に載せて走行したが、本放送から7年経った2007年7月、日本海テレビでの放送を見た視聴者から、この砂採取は自然公園法に反する行為ではないかとの指摘が鳥取市に寄せられ問題化。
この企画は番組販売が無くなり、Classicでは放送されないこととなった。一部報道ではDVDへも収録されないと報じられたが、実際は問題の部分をカットする形でDVDへの収録がされた。

pixivに投稿された作品 pixivで「原付西日本制覇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203

コメント