ピクシブ百科事典

編集

へんしゅう

制作過程の一部であり、文章、映像、画像等に書き加えたり不要なものを削除したりする事。

この行為は知的集積(文章やその集積物である書物など、映像や音声など)を作成するための作業のひとつである。
 特にこのサイトにおいては記事に対し文章や単語、画像の削除追加、親記事や内部リンクの追加削除、文章や画像の位置や表示等の変更などの修正を行うことである。
 つまり、記事の誤字や脱字を発見した際、または記事の内容が古くなった時等に新しくその記事を書き換える場合のことを表すことがある。
また、記事を書くこと(新規項目の作成)そのものを「編集」と呼称する場合もある(実際は百科事典等の場合、この単語ではなく編纂というのだが)。


編集の留意点
 この行為を行うものが留意する点としては複数存在する。

  • 目的にあった内容とするべきであり、矛盾などが生じないようにする
  • 主題をわかりやすくなるようにする
  • 目的以外のことで他者の批評を受けないようにする
等が存在する。
 これをこのサイトで説明すると、
  • pixivのタグについてpixivのタグの説明等を行いpixivに入ってくる人が、より楽しめるようにすること
  • その記事に関して「知らない人にもわかりやすく」記述すること
  • 誤字脱字や事実誤認などを修正すること
  • 利用規約ヘルプを遵守する
等になる。


インターネット上
 インターネットにおいては「誰でも編集可能なサービス」(特にwikiシステムを用いたサイト)においてはIPを記憶、あるいは会員登録を行うことにより基本的に「誰でも」「好きな内容を」記述したり修正したり消去することが可能である。

利点

 このようなサービスは以下のようなメリットが存在する。
 誤字や間違った文章を修正できる
 記事で前後の文と繋がりがおかしい部分(特に時間を空けて記述したり、多人数により修正されると発生しやすい)や、誤字やタイプミスなどにより記事の内容が意味不明になったり、大きく変わってしまう場合がある。そういう場合に安易に修正が可能となる。
最新の情報を手に入れやすい
 そのサイトにて取り扱う物事や事柄に変化があった際、簡単に新しい情報を反映することが可能となる。
必要となる記事をすぐ作れる
 そのサイトが取り扱う内容において重要と思われる内容の記事、または需要があると思われる内容についての記事が無い場合も、すぐに記事の作成が可能である。


注意点
 しかし、そのシステムを悪用してその記事に関係のないことを書き加えたり(たとえば宣伝など)、個人情報の漏洩第三者への一方的な批判自己主張、さらには特定の何かに対する攻撃、さらにはその記事を荒らす行為、根拠のないデマなど、閲覧者を不快にさせたり、故意に混乱させることは通常どのサイトでも許されていない
 また、このようなサイトを運営するがわとしては、上記に記述した行為などが起こらないように注意する必要がある(類似事例ではアップローダーを放任したためそこに法律に触れるものがアップロードされ運営者が起訴された事もある)。
 そのような行為を行う人物はアカウント停止追放等の処置を運営から受け、それらの対象となった記事はユーザーの編集が不可能となる。最悪の場合訴訟に発展する可能性すらある。
 そのようなサイトにおいて記事を執筆、または編集する時は、サイトの利用規約やガイドラインに必ず目を通すこと、一部の人を不快にさせないよう、中立的な立場で編集する、閲覧者に誤解されるような単語や文章は控えるソースのはっきりしない、又根拠のない噂はそれと明記するか記述しないことがあげられる。

 これらは基本的なネットマナーではあるが、できるだけその内容が分かりやすい記事を心がけよう。


余談
英語においてはこれらの行為はedit、compile、redaction、revision、bookmakeという単語に含まれる。

関連タグ

荒らし ソース 情報 記事 削除 加筆

pixivに投稿された作品 pixivで「編集」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99685

コメント