ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

🌰概要

クリとは、ブナ科クリ属の落葉樹の総称、およびその食用となる種子木の実)。クリ属植物は北半球冷帯から暖帯に広く分布しているが、日本で特記しない場合は日本列島に自生するシバグリおよびその栽培種であるニホングリを指す。


実はイガに覆われ、1個から7個の種子が入っている。

くりっこ。栗

栗拾いをする場合は頭上からいがいがに包まれた栗の落下に注意。帽子や厚手の長袖等で防御しておこう。


木材としてはや腐蝕に強い。かつては建築建材としても用いられた。丈夫な木で幹を切り倒しても切り株から蘖(ひこばえ)が生えて再生する。


英語では『Chestnut(チェスナット)』。

フランス語では『châtaigne(シャテーニュ)』という。


marron(マロン)』という呼び方が有名だが、これはマロニエセイヨウトチノキ)に生る実のことも含む。

シャテーニュのうち、イガの中に2個から3個の小さな種子が入っているのがシャテーニュ、1つの大きな種子が入っているのがマロンと呼ばれる。

マロニエの実は「マロン・ダンド(インドのマロン)」で、大量のサポニンを含み食用にできない。


主なクリ属の植物

ニホングリ

野生品種はシバグリと呼ばれ、日本列島北海道西南部九州(南端は屋久島)と朝鮮半島南部に分布する。樹高は20mほど。


日本では縄文時代から栽培され、シバグリから作られた栽培品種を一般にニホングリ(和栗)と呼んでいる。大粒で甘みが少ない。渋皮が剥がれにくく果肉が割れやすいため食べづらく、近年は渋皮が簡単に剥ける改良品種が開発されている。


ヨーロッパグリ

ヨーロッパ南部と小アジアを中心に分布し、樹高は30mに達する。耐寒性が強く長寿。

ヨーロッパで古くから栽培されていた。和栗より実はやや小さめで、渋皮は堅いが剥き易く、デンプン質。


シナグリ

中国大陸に分布し、樹高は20mほど。

和栗より実はやや小さめで丸い。甘みが強いため日本では「甘栗」と呼ばれる(中国では「板栗」)。

渋皮が簡単に剥けるので食べやすいが、固いため料理には向かず、天津甘栗のようにそのまま食べる事が多い。


アメリカグリ

アメリカ合衆国東海岸に分布し、樹高は30mに達する。

木材は耐久性が高く木目が美しい高級材で「チェスナット」と呼ばれる。

実は小さく、渋皮は剥き易く、デンプン質で甘味があり香気に優れる。


関連タグ

ブナ科  木の実 くり クリ いがぐり

マロン 甘栗/天津甘栗 笑い栗 栗拾い

食べ物 ナッツ スイーツ ケーキ デザート モンブラン

栗みたいな口 口みたいな栗 栗みたいな口しやがって 口みたいな栗しやがって 栗みたいな栗しやがって 栗とリス

ジンバーマロンアームズ

関連記事

親記事

ブナ科 ぶなか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1803853

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました