ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

長野県4番目のテレビ局として1991年4月1日に開局。開局時からテレビ朝日マストバイ局である。略称はabn。以前は大文字のABNだった。

放送局概略

ニュース系列ANN
番組供給系列テレビ朝日ネットワーク
略称abn
愛称abn・長野朝日
呼出符号JOGH-DTV
呼出名称ながのあさひデジタルテレビジョン
リモコンキーID5
親局長野18ch(美ヶ原
主要中継局善光寺平24ch

アナログ時代から親局がUHFだが、アナログ放送の山ノ内中継局はVHF帯域8chでの送信だった。同じようなVHF中継局は全国にも何箇所か存在したが、平成新局が置局していたのはここだけだった。

中継局について

平成新局でよく見られる「先発局より中継局が少ない」はここにも当てはまる。

開局までの事情

長野県の朝日新聞系のテレビ局に信越放送があった。SBCは信濃毎日新聞を中心に設立され、朝日新聞も同等の株を持ち、ラジオニュースを提供したが、テレビはJNN加盟のためニュースを送れなかった。
その後1969年に朝日新聞、読売新聞などの相乗りで長野放送が開局。しかし中日新聞と東海テレビ、フジサンケイグループが設立に関わったことから、NBSはフジテレビ系列のみに加盟した。

その後朝日新聞とテレビ朝日、読売新聞と日本テレビが新局開局に動き出した。テレ朝系列メインを目指したものの読売新聞と日テレが突っ込み、1980年10月1日、テレ朝系列(ANN)と日テレ系列(NNN)のクロスネット局してテレビ信州が開局した。一応テレ朝メインだったが、テレビ信州は日テレとテレ朝の両方の番組を均等に購入していた。

1987年10月にテレ朝から19時台のニュース番組「ニュースシャトル」をネットするため、テレビ信州はゴールデンタイムにおけるテレ朝の番組購入率を7割に増やし、テレ朝メインの局となったが、当時の日テレ系列の人気番組が打ち切り、遅れネット、信越放送への番組販売となったため、テレビ信州に苦情が殺到した。テレビ信州は「ニュースシャトル」の件をきっかけに、第4のテレビ局開局を機にANNを脱退、NNSに加盟し、NNN/NNSマストバイ局に移行することを決めた。
その第4のテレビ局への割り当ては「ニュースシャトル」の始まる前の1984年11月16日に行われ、1364社からも申請があったが、開局が大幅に遅れ、1989年にテレ朝系列として開局が決定、1991年4月1日に長野朝日放送が開局した。abn開局の際、テレビ信州から一部の社員がabnに移籍している。

アニメ事情

テレビ朝日系の全日帯アニメはきっちりと放送している。深夜アニメについては「BLACK LAGOON」シリーズ2作品、「ヤミと帽子と本の旅人」、「タイガーマスクW」の3シリーズ4作を放送したことがある。なお、「BLACK LAGOON」の第2シリーズと「タイガーマスクW」との間には約10年のブランクがある。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「長野朝日放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169

コメント