ピクシブ百科事典

TVQ九州放送

ていぶいきゅうきゅうしゅうほうそう

「最後の」テレビ東京系列局。
目次[非表示]

概要

福岡県のテレビ局で、テレビ東京系列および日本経済新聞グループ、西日本新聞グループ。略称にQを使うのは本局とQAB琉球朝日放送のみである。

1991年4月に、「ティー・エクス・エヌ九州」と言う名前で開局した。2001年に今の名前に改名している(ただし改名当初は「ティー・ヴィー・キュー九州放送」と名乗っていた)。なお、免許申請の時は「テレビ福岡」の名称も検討されていたという。だったらその名前使えばよかっただろ
開局25年を機に設定されたキャッチコピーは「少し違うがクセになる」・・・・・・・・・・おまえキー局からしてむっちゃ違いすぎるだろ。

福岡VS北九州 仁義なき本社争奪戦

開局の際、本社の所在地をめぐって、福岡市と北九州市の間で揉めたことがあった。というのも北九州市で創業したテレビ西日本が1974年に本社を福岡市へ移転したことで北九州市内に本社を構える民放がなくなってしまった。そこで北九州市はTVQに本社を北九州市に設置するよう働きかけるが、福岡市が「新しい民放は福岡に来てもらうんばい!」と譲らなかったために、官民挙げての争奪戦になった。当時の新聞に「4対1か5対0か」という広告が掲載されたほど。

結果として本社は日本経済新聞西部支社のある福岡市に置かれることになったが、北九州市の面子を立てる意味も込めて北九州市にも本社を設置した。ただしこちらの本社は事実上の支社として使われているのが実情である。

番組

福岡(ダイエー→)ソフトバンクホークス戦実況中継を、4月から9月にかけての、火曜19:00-20:54、土曜18:30-20:54、日曜13:00-16:00に設定しているが、それゆえに火曜日では、該当時間帯のテレビ東京番組の放送日時差し替えの発生ばかりか、番組によっては放送拒否を行っている。さらには土曜日に関しては土曜スペシャルの放送拒否を行っている(プロ野球オフシーズンでも後述のローカル番組を放送しているのでやはり拒否)。ゆえに、プロ野球に興味の無い視聴者からは、不満の声が上がっている。もっとも、火曜日に関しては、血を分けた兄貴兼商売敵に奪われてしまう事も多くなってきた(ただあちらにしては「親方あてにしてたらロクな事にならんわ」という事なのだろうが)。なお、2015年シーズンから放送されているこのプロ野球中継の番組宣伝は、結構ユルい。こちらの方でご確認を。

日本のテレビ局で初めて韓流ドラマを放送した(1996年に土曜深夜に放送したMBC韓国文化放送制作作品「ザ・パイロット」。韓国空軍大韓航空のパイロットを描いた作品だった)が、あまり知られていない。

(プロ野球中継以外の)主な自社製作番組

  • 九州けいざいNOW→ぐっ!ジョブ〜九州ゲンキ主義経済〜

福岡県を中心とした、九州の経済情報を取り上げる、いかにも日本経済新聞の関連会社がやらかす番組である。

  • きらり九州めぐり逢い、土曜の夜は!おとななテレビ
前者は元吉本新喜劇の劇団員である寿一美が九州各地を旅する番組(ただし寿以外の人物が旅する場合がある)、後者はパパイヤ鈴木がナビゲーターを務める情報番組。太川陽介蛭子能収→羽田圭介と田中要次と謎の美女による路線バス乗り継ぎグダグダツアー特番がTVQでは放送されないか、されても30分短縮版になってしまったのは、だいたいこいつらのせいだった。ただ、これに関しても不満の声が(それも相当)あったようで、2016年6月25日放送分(宮崎→長崎?編)ではついにこの両番組をぶっつぶして2時間30分フルバージョンを垂れ流してしまった。もっとも、あの番組のフルバージョンに関しては、正月特番として組まれた場合を中心にそれ以前からごくたまに放送してはいる。
  • おっほ〜ゴッホみたいに言うな!!〜
2015年10月から何となく放送されている番組。元々は金曜深夜に放送されていたが、sakusakuと枠交換する形で日曜深夜に移動している。ツイッター1コマ漫画芸人・おほしんたろうがメインパーソナリティを務める。
  • ばりすご☆ボイガー7→ばりすごMAX
子供向けバラエティ番組。末期はピラメキーノの金曜放送分をぶっつぶして放送していた。

アニメ事情

1年のアニメ総放送本数が鳥取県岡山県徳島県以西では最多である。特に深夜アニメの放送本数は、3大都市圏以外のテレビ局では異常の多さである。

深夜アニメ

テレビ愛知ほどではないが、いわゆるUHFアニメを1クールあたり少なくても1本(前クールからの繰り越しはここでは含まない)、多いときは6本もやらかすため、結果1年で10本前後のUHF深夜アニメを放送している。特に旧角川書店系のUHFアニメは2017年冬アニメまでは原則垂れ流していた(その真逆がテレビ愛知。ここにとって旧角川書店作品のUHFアニメ化は死亡フラグも同然)が、「ジョーカー・ゲーム」および「魔装学園H×H」は珍しく放送していない(「ジョーカー・ゲーム」に関しては逆にテレビ愛知では垂れ流された。旧角川書店系UHFアニメでは異例)。また、R-15」に関しては一旦は決めてしまった放送をドタキャンするという英断を下した。なお、「魔装学園H×H」に関しては、元々放送するつもりは無かったのに、何かの手違いで垂れ流すことになってしまっていた→「うちはこんな下劣なもん垂れ流すつもり無かとねゴルァ!」とブチ切れる→ドタキャンということにされてしまっていた、と言うのが真相のようである。なお、2017年春アニメ以降は複数存在する場合は1作品は放送を行わない方針をとっている。
さらに、テレビ東京深夜アニメでも、東名阪一地域一府一県限定作品は仕方ないとしても、テレビ北海道テレビせとうちでさえも放送したゆるゆり』の放送を拒否した。ただし放送を拒否したのは1期のみであり、2期・3期は放送してはいる。

編成の特徴

金曜日に深夜アニメを組むことはなかった。結果、「アイドルマスターシンデレラガールズ」はネット局で唯一、金曜日に放送しない放送局となった(けどそもそもこれ放送するのは、アニマス」うっかり商売敵でやっちゃったからなぁ・・・・・・)。だが2016年1月改編では、そのタブーが破られてしまった

テレビ東京深夜アニメに関しては(原則)木曜日に編成していた。テレビ東京深夜アニメを2本放送する場合は2本固めて(通販番組を挟む場合もある)放送するが、1本しかない場合は、テレ東深夜アニメのあとに(、やはり場合によって通販番組を挟む格好で)UHFアニメを組むこともあった。ところが、2015年春改編をもってテレビ東京は深夜の新作アニメ放送を凍結、その上その放送時間が深夜2時台であったが、実は同じ時間帯に、商売敵な兄貴深夜アニメ枠を放送していたため、結果ただでさえごく少数なアニヲタの奪い合いをやらかしていた。そう言ったこともあり、テレビ東京の編成方針に合わせる格好で木曜の深夜アニメ枠は廃止された。だが2015年7月、テレビ東京は舌の根も乾かぬうちに深夜の新作アニメ放送を復活させてしまった。それ以降、系列全6局放送作品がある場合に、ケースバイケースで編成すると言う格好を採っている。なお、2016年秋期の「夏目友人帳伍」から2017年6月末までは、極力テレビ東京との同日ネットをやらかしていた。ところで、2016年4月から9月まで「おそ松さん」を火曜深夜に垂れ流したのだが、最初のワンクールに関しては、艦これもどきアニメゲイアニメの間に挟まれた恰好の編成だったそうで・・・・・・・・・。わずか3ヶ月くらいで済んだとは言えいつからTOKYOMX、あるいは赤坂のお友達のひとつ自分の先輩兼お友達に成り下がったんだお前??また、木曜の深夜アニメ枠も2017年春期に再開されてしまったが、深夜3時台(実質クロージング)のため、兄貴の深夜アニメ枠とはかぶらない。なお該当枠はUHFアニメ枠になったりテレビ東京アニメの遅れネット枠になってたりしている。

UHFアニメに関しては、(原則)水曜日に(旧)角川書店発の作品を放送する。ゆえにUHFアニメは、水曜日は確実にやらかしている。また、(旧)角川書店発作品が複数ある場合は、(主に)日曜深夜(など)にも設定される。なお(旧)角川書店発作品は3ヶ月(1クール)作品として放送されることが多い。さらに、(旧)角川書店発作品枠で(旧)富士見書房発の作品を放送することが稀によくある。その一方で、この(旧)2社以外のKADOKAWAUHFアニメは、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」、「魔法科高校の劣等生」、「ラブライブ!サンシャイン!!」および「こみっくパーティー」、「ラブライブ!」「ソードアート・オンライン」と言った、(旧)アスキー・メディアワークス発作品の、ほんのごく一部(「こみっくパーティー」は、漫画版がアスキー・メディアワークスからリリースされたことがあるうえ、「ラブライブ!」は追加放送局、「ソードアート・オンライン」に至っては、赤坂のお友達である商売敵から押しつけられたものだった。ちなみにここのえらい北の方のお友達も該当作品で同じ目に遭っている)、(旧)メディアファクトリーがらみの「ハイスクール・フリート」、「ひなこのーと」、「ようこそ実力至上主義の教室へ」および「メイドインアビス」、「少女終末旅行」(これら2作品はサントラ担当。実はKADOKAWAの音楽ソフト部門はメディアファクトリーからの引き継ぎ)、そして画集がエンターブレインブランドからリリースされたことがある2016年冬期の「ディバインゲート」くらいである。グループ会社の大半を(半ば強引に)まとめたあとでも、ブランドによって「地方展開」に温度差があるのかも知れない(のだが、AT-XおよびBS11があるんだから3大都市圏以外への展開なぞしゃにむに行う必要はないはず・・・・・・)。

かつては(原則)火曜日にアニプレックスが一枚かんだ作品を垂れ流していたが、2016年春期の「ハイスクール・フリート」を最後にアニプレックス絡みの深夜アニメの放送を取り止めた。ちなみにアニプレックスが一枚かんだ作品は半年(2クール)作品として放送されることが多かったが、「ハイスクール・フリート」など、3ヶ月作品として放送したものもある。

さらに深夜以外の時間帯でUHFアニメを放送した事がある(例・「12歳。」。ただし該当作品はTOKYOMXやサンテレビでも深夜ではない時間帯に放送。対象が幼女だから当然と言える)。

放送されている深夜アニメのラインナップは、公式サイトの「アニメ」のページを参照にすること。

送信所

アナログ放送の親局は福岡市内の鴻巣山に置かれ、先発UHF局の福岡放送親局とNHK福岡放送局小笹中継局も置かれていた。デジタル放送では先発VHF局4局と同じ福岡タワーに移転している。本当はアナログ放送のうちに福岡放送と共に福岡タワーへ移転する予定だったが、資金面からアナログ放送は2011年7月まで鴻巣山から送信していた。
直接受信可能なエリアは福岡県にとどまらず、佐賀県山口県西部と周防灘沿岸、長崎県有明海沿岸部、壱岐・対馬の両市、大分県北西部、熊本市以北の熊本県北部、愛媛・島根両県の一部と広範囲に渡るが、地元局が同一チャンネルで送信している場合混信妨害を受ける場合もある。

なお受信可能世帯数はテレビ東京のメディアデータによると、322万6千世帯とテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知に次いで多く、TXN系列4番目である。

その他

テレビ東京系列で唯一、単独でアニメのホスト局を務めたことがない(テレビ北海道でさえ『超ぽじてぃぶ! ファイターズ』というミニアニメのホスト局を務めた)。唯一ホスト局を務めた「サラダ十勇士トマトマン」も、実はテレビ東京との共同制作作品である。

先述の通り4月から9月までの火曜19:00-20:54と土曜18:30-20:54にプロ野球中継を設定しているが、特番枠である土曜日はとにかく、火曜日に関しては番組差し替えが行われており、そのせいでジャンプアニメコンプレックス枠だった『火曜いージャン!』の放送が事実上出来なかった、ということがあった(ただし構成されていた『BLEACH』と『銀魂』そのものは放送日時差し替えの上放送)。

サッカーを題材としたアニメ「フォルツァ!ひでまる」を、商売敵にして実は血を分けた兄弟に放映権を譲った。

本来は1990年10月に開局するはずだったのだが、プロ野球中継(もちろんアレ)目当てに半年遅らせてしまった。また、もともとは(テレビ東京からニュースなどを恵んでもらうつもりではあったものの)独立UHF局として開局しようと考えていた。だが、反対意見が多く出たために独立UHF局としての開局をあきらめ、テレビ東京系列として開局したのだった。旧角川書店系を中心にUHFアニメをやたら垂れ流すのはそのせいか。

外部リンク

※ただし、特撮ドラマの「牙狼」シリーズやバラエティ番組の「あにむす!」もなぜかここに掲載されている。

コメント