ピクシブ百科事典

アイドルマスターシンデレラガールズU149

あいどるますたーしんでれらがーるずゆーいちよんきゅう

『アイドルマスターシンデレラガールズU149』とは、Webコミックサイト『サイコミ』連載の『アイドルマスターシンデレラガールズ』のスピンオフ作品である。
目次[非表示]

小さなアイドル達と小さな新人プロデューサーが贈る新しいシンデレラストーリー、開幕。

概要

Cygamesの運営するWebコミックサイト『サイコミ』に連載されることとなった「アイドルマスターシンデレラガールズ」のコミカライズ作品。
作者は廾之(きょうの)。
2016年10月19日に第0話が公開され、11月28日より本連載開始となった。

タイトルの『U149』はUNDER149の略であり、公式プロフィール上で身長が149cm以下となっている年少アイドルをメインとしてストーリーが展開されることに由来する。
シンデレラガールズの長編コミカライズは過去にも複数発表されているが、小学生アイドルをメインに据えたのは今作が初である。
また、独立したキャラクターとしてのプロデューサーが登場する作品は『WILD WIND GIRL』に続き2作目。

サイコミ連載の作品としては初めて単行本化が決定した作品の一つ。
第1巻は2017年7月28日発売で、楽曲とドラマパートを収録したオリジナルCD付き特別版も同時発売。
さらに同日ソーシャルゲーム版では発売記念キャンペーンとして本作のアイドルが着用したオリジナル衣装がぷち衣装として配布された。

登場人物

第3芸能課

物語の中心となる大手芸能プロダクションの一部署。物語開始時点では表立った活動実績はなく、割り当てられている部屋も半ば物置と化している。
下記の通り小学生アイドルばかりが所属しているが、挙げられている9人の他にも所属アイドルがいることが語られている。
過去にも別の担当プロデューサーがいたらしいが…

所属アイドル

橘ありす
櫻井桃華
古賀小春
結城晴
的場梨沙
佐々木千枝
赤城みりあ
市原仁奈
龍崎薫

特殊な点として、薫や桃華がPを普通に「プロデューサー」と呼んだり、小春はヒョウくんについて登場も言及もなかったりと、原作の彼女らを知っていると違和感を覚えさせる部分がいくつかある。
全体から見るとミスとは考えづらく、意図的に改変していると考えられる。

プロデューサー

(CV:米内佑希)※オリジナルCDより
物語開始から第3芸能課に配属となったプロデューサー。
れっきとした成人ではあるが、見た目はアイドルたちよりちょっと高いくらいの低身長で顔も童顔。性格面でも低身長を気にしていたり12歳相手に同レベルの言い合いをしたりと見た目相応に子供っぽい部分が目立つ。
おまけに三船美優片桐早苗といった大人のアイドルが好みで、職場に私物のグッズを持ち込んだりしていたこともあり、所属アイドルからの第一印象は最悪に近かった。
本人も当初相手は子どもと侮っていたが、長い間仕事がなく不安を抱えてきた彼女たちの気持ちを理解するようになり、真剣に彼女たちと向き合うことを決めた直後に仕事を取ってくる熱血漢ぶりを見せ、次第に信頼を勝ち取っていく。

第1芸能課

同プロダクションの別部署で、ニュージェネレーションズレイジー・レイジーなど人気アイドルを多数輩出し実績を積んでいる。

単行本限定CD

本作の単行本は通常版と特装版の同時発売となっており、特装版にはオリジナルボイスドラマと楽曲で構成されたオリジナルCDが付属する。

巻数(発売日)曲名
第1巻ハイファイ☆デイズ櫻井桃華・橘ありす
2017年7月28日Orange Sapphire市原仁奈・龍崎薫
お願い!シンデレラ橘ありす

※ドラマパートは省略

第1巻はサイコミ掲載作品の単行本化第一弾であり、それに伴い種々の発刊記念キャンペーンが実施された。
特にアドトレーラーが秋葉原やコミックマーケット会場、そして5thLIVESerendipityParade!!!会場さいたまスーパーアリーナをありすの『お願い! シンデレラ』を流しながら運行し、参加者たちに多大なインパクトを残した。

関連イラスト

u149
シンデレラの魔法使いたち



関連タグ

サイコミ
アイドルマスターシンデレラガールズ
U149P米内P

その他の長編コミカライズ作品

アイドルマスターシンデレラガールズニュージェネレーションズ
アイドルマスターシンデレラガールズロッキングガール
アイドルマスターシンデレラガールズワイルドウインドガール

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「アイドルマスターシンデレラガールズU149」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35147

コメント