ピクシブ百科事典

LiPPS

りっぷす

リズムゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』の中で実施されたイベント「LIVE Groove Visual burst」にて結成された5人組のアイドルユニット。
目次[非表示]

概要

 『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』(通称:デレステ)で最も過酷なイベント形式である「LIVE Groove」の初ビジュアルイベント、LIVE Groove Visual burstにて結成された5人組。持ち歌はTulip
 イベント内に於いてスペシャルコミュがいくつか存在する。

 ビジュアルに特化したハイティーンアイドルで構成されており、その内訳を見ても、アニメでプロジェクトクローネの先鋒を担った3人に、カリスマモデルギフテッドという豪華な顔ぶれとなっている。
 ひと癖あるメンバー同士の掛け合いによる化学反応は強烈かつ濃厚で、小悪魔感に溢れる持ち歌のイメージも相まって高いカリスマ性を誇り、イベント開始時から注目を集めるユニットとなった。
 その人気はイベントが終了した現在でも根強く、コンテンツ6周年を記念して実施されたアンケートの一つ「好きなユニット」の回答結果では、トライアドプリムスに次いで得票数2位に輝くという快挙を遂げた。
 一説には著名タレントを使用したCM放送開始後初の新曲やストーリーコミュを持ったユニットだった為強い印象を残したのだという。
 デレステとの共同開催となった第7回シンデレラガール総選挙でも全員がランクインしている。

 構成メンバーやコンセプト・スペックなどから、このユニットの結成にある人物の関与を噂する声も少なからずある。無論アニメとは別のパラレルワールド設定ではあるものの、イベントコミュ内においてもお遊び程度にその存在が示唆される描写がある。

メンバー

kanade


あたしらしく 新しくなれ


カリスマだな〜


FREDERICA


Tulip



※楽曲の詳細に掲示されている順

mobage版では

 イベントのライバルユニットとしての登場はない(※)。
 しかし「アイドルLIVEロワイヤル お花見SP」で登場した美嘉・奏・志希によるトリオユニット「イノセント・アニマ」が、LiPPSのある種の派生系として注目を集めた。
 ちなみに、ここに周子とフレデリカによるデュオユニット「テンプテーション・アイズ」を加えるとLiPPSになるという式である。

 また、シンデレラガールズ劇場第762話(題材は新R美嘉)では奏がゲスト出演しており、その直接の続編にあたる第792話(題材は新SR奏)では美嘉と周子がゲスト出演するなど、LiPPSを意識した絡みが描かれた。

(※) LiPPSが登場した当時のモバマスでは、ユニットが絡むライブバトルは最大3人までしか登場が出来なかった。その後、仕様が変更され、現在は5人でも登場が可能となっている。

 2019年12月10日から開催されたLIVEツアーカーニバル第2次スーパーロボット大戦CG THE TUNE DUELLERS 』では、サイドストーリーを彩るサブキャラクターとして参戦。公演のオープニングでは、主役の一人であるリカのモノローグにおいて「探検に出た姉が行方不明」と語られ、美嘉がどのような形でストーリーに絡むのかという点も注目された。
 第1日にカナデ、第3日にシュウコ、第5日にはフレデリカが登場。ダークブレイン勢力に対抗する地球連邦軍フタバ隊の前に立ちはだかるも、それを指揮していると思われる「隊長」に再三意見している様子から、その行動が彼女たちの本意ではない様子が見て取れた。
 リカたちがダークブレインへの反攻を強める第7日にしてシキとミカが出揃ったことで明らかになった役どころは「ゾヴォーク独立部隊・LiPPS」。モバマスにおいて初めてLiPPSが揃い踏みする機会に正統派の強キャラ集団の役があてがわれ、その隊長役を堂々務め上げたのが苦労人扱いされることの多い美嘉であるという点は、配役の妙と言えるだろうか。
なお、カナデの本来の乗機はビュードリファーである事がプレイヤー勝利時のセリフで明かされている。また、人数の都合上なのかシキ&ゲイオス=グルードはサイドストーリー解放には関係しないユニット(もちろんサイドストーリーには登場する)。

役名乗機登場ステージ
カナデライグ=ゲイオス荒野
シュウコゼイドラム防衛都市
フレデリカオーグバリュー巨大兵器攻略戦
シキゲイオス=グルード因果地平
ミカクェット・ジョガーニャンバラン=シュナイル因果地平

太鼓の達人

 2017年1月31日から始まるコラボの目玉として登場。『Tulip』が新曲として登場するほか、メンバー5人のぷちキャラも登場。特設サイトではメンバー5人のプレイ動画が見られる。

リアル体験型イベント

 2019年9月3日から開催された『開幕直前目指せアイドルフェスティバル Shining one Step』(めざフェス)のプロデュース対象として登場。
 国内最大のアイドルフェス『トップアイドルフェスティバル』に当日急遽参加できることになったLiPPS。急な話で大変だが成功させるために新宿を駆け回ってプロデュースしよう。
 例によってメンバー5人も参加して楽しんだ模様。

二次創作

 大抵の状況で美嘉がフリーダムな他3名の抑え役になっているが、当然の様に抑えきれない模様。場合によっては(大抵キス絡みだが)奏まで暴走する。
 ……なお案の定、公式でもイベントのエンディングを描いたエピソード『Crown Shining in Everyone』にて同様の展開になった。姉の心労がマッハ

LiPPSコミュ
LiPPSまとめ



グッズ展開

 2018年3月にチョコブラウニーとセットのスティックチャームからなる「 "LiPPS" stick charm & cake set. 」が発売される(商品紹介サイト)。
 『Tulip』のCDジャケットでメンバーが纏う衣装・フレグランスオブナイトをイメージしたスティックチャーム5個と、スティックブラウニーがこちらも5個、そしてイラストカードのセットがショーウィンドウ風のボックスに入っている「LiPPSからのギフト」――なのだが、ひねると光るチャームのLEDギミックや形状が日曜日の朝に見かけそうな変身アイテム(あるいはプリキュア映画入場特典の応援ライト)のように見える上、お菓子が付いてきて、なにより仮面ライダーが大好きなモバPには慣れ親しんだプレミアムバンダイの商品であることから、発表直後から「いつものバンダイの食玩だ」という感想が相次いだ。
 奏役の飯田友子も『恋が咲く季節』ほか発売記念番組「シンデレラNIGHT」でこのグッズを紹介した際、チャームについて「幼い頃の気持ちをちょっと思い出す」「なんかこーゆーのに憧れた」とコメントしている。「ローストしたくるみが香ばしい濃厚な~」という妙な妄想を掻き立てる売り文句が添えられたスティックブラウニーのサンプルも登場し、結構な勢いで頬張っていた『恋が咲く季節』からの参加者たちは感想を訊かれ口を揃えて「美味しかった」と太鼓判を押した。番組全体に対して出演しての感想を訊ねられた場面でお菓子の味の感想を答えられてスタジオや視聴者が笑いに包まれたのはいうまでもない。

余談

 中の人達も仲がよく、集まってアーモンドミルク鍋を食べてみたり、MERRY-GO-ROUNDOME!!!記念の西武線スタンプラリーに参加したりしている。
 人気トップクラスのユニットだが人数が5人と多いため全員揃うのはLIVEやラジオの目玉扱いされる節がある。

 Special3chord♪名古屋公演2日目から一週間後の2019年11月17日に放送された『シブヤノオト』(NHK総合)に出演、シンデレラガールズ初となる地上波でTulipを歌唱した。同時に速水奏に言って欲しいセリフの募集が行われ、飯田が生放送で披露した。
 そして名古屋のおすすめグルメ紹介コーナーではチーズカレーホットサンドを実に美味しそうに食べ、次のコーナーに入ってもなお食べ続ける姿がピクチャ・イン・ピクチャで流されてLiPPSの歌唱が終わっても番組を見続けていたプロデューサーを魅了したのだった。

関連イラスト

LiPPS
センシティブな作品


センシティブな作品
Lipps


センシティブな作品



関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ
シンデレラガールズユニット Tulip フレグランスオブナイト

メンバー相関

志希周子フレデリカ
美嘉しきみか奏美嘉フレみか
フレデリカしきフレ(※1)周フレ(※2)かなデリカ(※3)
イノセント・アニマ奏周子
周子しきしゅう

※1:「レイジー・レイジー」としてユニット化
※2:「テンプテーション・アイズ」としてユニット化
※3:「FrenchKisS」としてユニット化

プロジェクト苦労姉 - お姉ちゃんってつらいよね。
誘惑イビル - ブレーキなんて付いてない。

関連記事

親記事

シンデレラガールズユニット しんでれらがーるずゆにっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「LiPPS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21851000

コメント