ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

フリルドスクエア

ふりるどすくえあ

フリルドスクエアとは『アイドルマスターシンデレラガールズ』のユニットおよび衣装の名前である。 初登場時は2人組ユニットだったが、後に4人組ユニットへ発展した。
目次 [非表示]

現在のメンバーは以下の4人。


概要

ソーシャルゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するユニットの1つ。公式での略称は「フリスク」で英語表記は「FRILLED SQUARE」。

2021年開催の「ドリームユニット決定戦」にて1位に輝く。

詳細は後述するが、ゲーム内で回せる有料の「プラチナオーディションガチャ」にメンバー同士が同じ衣装を着た絵柄のカードを投入し、これをきっかけにメンバー同士の交友関係を掘り下げてユニットを結成していくという方式で結成されたユニットである。

これまであまり接点が無かったアイドル同士の交友関係を掘り下げていくこのような試みは比較的好評を受け、2013年末ごろから同じ方式でユニットが結成されたケースが増えている。過去には『りんなおかれんトライアドプリムス』が同じような方式でメンバー同士の交友関係の掘り下げとユニット結成が行われており、フリルドスクエアはこれを参考にして結成されたケースとも言える。


略歴

初出から2人組ユニット結成まで

しのほの^~

まず2013年10月のガチャ「シークレット☆モード」のレア枠で[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香が、次のガチャ「フォーチュン★スター」で[スクールスタイル]のレア枠で工藤忍が登場した。

特訓後の衣装が色違いで似ていたために共演が予想されており、第4回ドリームLIVEフェスティバルのライバルユニットとして初登場した。この当時は穂乃香と忍の二人のユニットであり、『シンデレラガールズ劇場』もそのガチャでの第169話と第173話でこの二人のみの登場であった。


3人組ユニット結成

しのほのゆず

2014年2月、ガチャ「無防備☆ガール」にて[無防備☆ガール]喜多見柚が登場。同ガチャでの『シンデレラガールズ劇場』(第243話)には穂乃香も登場した。

その次のガチャ「ドキドキ☆チャレンジ」にて[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香が登場。その特訓前の場面では穂乃香が忍や柚に編み物を教えている場面が描かれている。『シンデレラガールズ劇場』(第251話)は、柚によるあの「ぴにゃこら太ぐさぁーっ!」事件が起きている。

そしてその後に開催された「第4回アイドルLIVEロワイヤル」にて穂乃香と忍に柚が加わった新生「フリルドスクエア」が登場した。


4人組化への伏線

先述の[無防備☆ガール]喜多見柚の特訓前背景には桃井あずきの姿があり、『シンデレラガールズ劇場』(第243話)では穂乃香のセリフに忍の名前を出していた事から、4人がいい友人関係であることがここからうかがい知れていた。

その後しばらく3人と疎遠になっていたあずきだが、2014年6月にガチャ「黄金の好運」のレア枠で[フレンズ大作戦]桃井あずきが登場。特訓後の衣装は[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香や[スクールスタイル]工藤忍の特訓後ととても似ており、当該ガチャの『シンデレラガールズ劇場』(第331話)でも柚を含めた3人と共演していた。これらのことから、あずきも今後このメンバーに加わって活動していくことが予想されていた。


4人組結成へ

ぴにゃこらスクエア

2014年8月開催の「レディアントヴィーナス」ガチャには[フレンズホリデー]喜多見柚としてレア枠で登場し、特訓後は先述の3人と同じ系統の衣装であった。これによって4人の同系統衣装のレアカードが揃い、フリルドスクエアがこの4人組である事が同系衣装カードの存在とアイドル同士の交友関係の両面を合わせた上で事実上確定した。

当該ガチャの『シンデレラガールズ劇場』(第364話)は4人で遊園地に行ったとこで、カードのセリフも合わせるとプロデューサーが4人のオフを合わせてくれたらしく、そのプロデューサーも一緒だったようだ。


そして第8回ドリームLIVEフェスティバルにあずき・柚コンビのフリルドスクエアが登場。衣装はもちろん上記二つの特訓後のもの。あずきはようやくフリルドスクエアとして初参加となった。


第9回アイドルLIVEロワイヤル

フリルドスクエアまとめ

2015年の年内開始初のイベント「第9回アイドルLIVEロワイヤル」は、フリルドスクエアのためのイベントとなった。

  • イベント上位Sレア[ロワイヤル・スクエア]桃井あずき
  • 前半メダルチャンス他最上位Sレア[ロワイヤル・スクエア]喜多見柚
  • ポイント報酬級Sレア[ロワイヤル・スクエア]綾瀬穂乃香
  • イベントR[ロワイヤル・スクエア]工藤忍

イベント報酬カードが既存ユニットのメンバーのみで構成され、イベント上位SレアからイベントRまで二つ名が全てロワイヤル・スクエアに統一された。この試みは初となる。


ダイスDEシンデレラ

ダイスDEシンデレラ四象rkgk

2018年1月より忍が実装されたのを機に4か月連続でメンバーが追加されることとなった。

  • 忍…玄武
  • 柚…白虎
  • 穂乃香…青龍
  • あずき…朱雀

四神イメージで実装されている。


TVアニメに登場

2015年1月からスタートしたTVアニメでは第2話に4人揃って登場。わずかではあったがダンスレッスンに勤しむ姿が描かれた。また、『マジックアワー』特別編においても注目のユニットとして触れられている。

2018年9月25日に放送された『しんげき』シーズン3最終回(通算39話)『お花の妖精使い フローラル夕美』では喜多見柚がイタズラ妖精役で登場、フローラル夕美の活躍で撃退されるが残り3人の襲来を予告して去っていった。

フリルドスクエア万歳!

次回予告では全員集合、イエローリリーと三代目を撃破したらしいシーンが流れた。


スターライトステージ

2015年9月からリリースされたスターライトステージでは、あずきと穂乃香が初期からRで登場。

その後11月のガシャ更新で忍(R)、12月の更新で柚(N)が登場し、全員が揃った。


またSレアカードについては、第1回シンデレラキャラバン(2015年10月)で[クロネコチアー]綾瀬穂乃香が、第2回シンデレラキャラバン(同年11月)で[艶娘大作戦]桃井あずきが登場した。

この流れから次回のキャラバンで忍か柚が登場すると予想されており、予想通り第3回(2016年1月)で[フード☆メイド]喜多見柚が登場した。

一方忍は第4回を待たず第3回とほぼ同じ2016年1月更新のプラチナガシャに[ハッピーマジシャン]工藤忍が追加され、予想よりも早くSレアでのフリルドスクエアが出そろうことになった。


忍以外の3人は「シンデレラキャラバン」のうち高確率でドロップできるSレア報酬であったことから、多くのPが大量入手を狙い、スターランク15を作成の上で次回キャラバンでのセンターに起用されるようになっている。


その後2種類目のSレアとして、穂乃香「ドキドキ☆チャレンジ」、あずき「湯けむり大作戦」、忍「私だけのステージ」が実装されたほか、

SSレアについても、柚の「ハイテンションスマッシュ」、次いで忍の「夢追い人の光」、あずきの「お祭り小町大作戦」と4人中3人が実装されている。


なお2018年7月時点では、グランブルファンタジーとのコラボ曲、「キミとボクのミライ」が4人編成の曲(ユニットは5人編成だが、2D、3D共に表示されるのは4人)として最初に登場したほか、「Wonder goes on!!」「私色ギフト」「Heart Voice」でもフリルドスクエア4人でのダンスが視聴可能。


童話公演 気まぐれアリスと不思議の国

2016年3月開催の公演イベントでは、ライバルユニット「白の宮廷」として柚、あずき、忍の3人が[ロワイヤル・スクエア]の衣装で登場した。

劇中では赤の女王と親交のある白の王国のキング・アズキとその家来という設定で、王冠を狙う一角獣獅子に追われ女王の城に亡命してきたものの、侵入してきたアリスに王冠を奪われてしまう。LIVEバトルに勝利するとその実力を認めてアリスに王冠を守るよう命ずるが…

ちなみにもう1人はお休みとのこと。


シンデレラガールズ あんさんぶる!

コミカライズ作品『アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!』では、52nd Lessonが4人のメイン回となっている。(2016年4月発売の第3巻収録)

発表時期は先述のゲーム内イベントやアニメ登場と同時期の2015年1月(この時は51st Lesson)。

ダンスレッスンにてお互いの改善点を出し合うなど、それぞれの思いを伝えることができるユニットとして描かれトレーナーたちからも感心されている。

また、柚は周りの緊張を和らげるためか練習ではぴにゃこら太の振り付けや歌も披露。

そして本番のミニライブを成功させ、ニュージェネレーションに笑顔も褒められている(ちなみにぴにゃの歌の思い出し笑いでもあったりする)。


65th Lessonにも主役の千川ちひろと一緒に登場。

事務所の七不思議の一つである「誰も着ない衣装」は、彼女の私物であり趣味がコスプレであることを知る。

そしてこの度、「5人目がいる4人ユニット」という七不思議が追加された。


アイドルLIVEロワイヤルお月見SP

2016年9月の「アイドルLIVEロワイヤルお月見SP」では、ライバルユニット「月夜の歌詠み~フリルドスクエア編~」として穂乃香、柚、あずきが登場。

このイベントでは「月夜の歌詠み」ユニットはメンバーで短歌を詠む趣向となっていたが、柚が忍から発句を預かるという形でフリルドスクエア全員による歌を作り上げている。

  • 忍「月に雲 フリルのように」
  • あずき「きらめいて」
  • 穂乃香「空のLIVEは」
  • 柚「今、最高潮!」(Loseの場合は「果てなく巡る」)

2017年

この年の第6回シンデレラガール総選挙では、柚がパッション2位に入り、メンバー初のボイス実装。

また忍も35位に初めてランクインするなど、大きな成果を挙げた。

同年末に行われたユーザーアンケートの「好きなユニット」部門では、強豪ひしめく中7位に入り、プロデューサーからの高い人気を証明した。


2018年

この年のデレステ3周年カウントダウンにて、スターライトステージ公式ツイッターアカウントより、フリルドスクエアの4人が描かれたイラストが公開されている。


2019年

エイプリルフールイベントデレxコミ!にて巻頭グラビアに抜擢された。4人全員に1ページが割り当てられて登場する厚遇に今後の展開に期待するPも。

そしてこの年行われた第8回シンデレラガール総選挙では、中間発表時の各種投票データをまとめた『総選挙レポート』において『一緒に投票されているアイドル』第2位にフリルドスクエアの4人がランクイン。一昨年のアンケートと同様に、高い人気が証明された。このほか最終結果では忍が総合12位(キュート4位)にランクインするなど、ユニット全体・メンバー個人の双方において極めて大きな存在感を示す結果となった。


2021年

第10回シンデレラガール総選挙と同時開催で行われた初の試み「ドリームユニット決定戦」で1位を獲得。報酬としてフリルドスクエア4人のモバマスでのSレア実装が決定した。

1位のインタビューで桃井あずきが「私たちフリルドスクエアは皆のおかげで活躍の場が広がってこれからもっと皆に会えるよ!・・・待っててね♪」(一部省略)とコメントしていたことからも更なる活躍を期待したい。

7月末から開催された『アイドルプロデュース 古城に響く愛の歌』で穂乃香がプロデュースメンバーとなったが、その際ドリームユニット決定戦の報酬は別枠であることが明言され、同時にドリームユニット決定戦報酬の存在を意識して担当P達は改めて勝利を実感した。


その後、10周年企画においては優勝ユニットとして起用され、『M@GICAL WONDERLAND TOUR!!!』CosmoStar Land延期公演にてドリームユニット決定戦上位ユニットのイラストレーターコラボ企画が発表され、フリスクは森倉円氏による描き下ろしグッズが販売されることとなった。


2022年

2022年2月、「アイドルプロデュース 青春大作戦☆フリルドスクエアのプリズムファンフェスタ」が開催され、ギフト報酬およびイベント専用引き換えカード報酬として桃井あずき、イベント上位報酬として喜多見柚のSRカードが登場。またイベントに合わせる形で工藤忍、綾瀬穂乃香がガチャSRで実装され、ドリームユニット決定戦の報酬が全て実現した。

本イベントはその後、同年11月にモバゲー版内で行われたイベント人気投票においてもアイドルプロデュースイベント部門で第1位に輝き、2023年3月に復刻開催。また同年4月に開催された展覧会「アイドルマスター シンデレラガールズ ~ありがとうが集まる場所~」の入場特典リーフレットの題材として、他の上位入賞イベントと共に採用されている。


2022年4月に行われた第2回ドリームユニット決定戦においても、5位入賞を果たしている。



関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ

シンデレラガールズユニット アイドルマスターシンデレラガールズのユニット一覧

工藤忍 綾瀬穂乃香 喜多見柚 桃井あずき

ぴにゃこら太

ロワイヤル・スクエア

関連記事

親記事

シンデレラガールズユニット しんでれらがーるずゆにっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3065573

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました