ピクシブ百科事典

CHUNITHM

ちゅうにずむ

CHUNITHMとは、セガのmaimaiチームが開発した音ゲーである。2015年7月16日から順次稼働。2016年8月25日には『CHUNITHM AIR』が稼働。現在は『CHUNITHM STAR』が稼働中。
目次[非表示]

形状

洗濯機とも言われたmaimai(それが理由で、後にSHARPともコラボした)と違い、その形状はDJMAX TECHNIKABeatStreamの1画面バージョンに近い。
(crossbeats REV.もデザインが類似)

それ以外にもパーテーションが装備された筺体は防音効果があり、最近の音ゲーでは標準装備となっているヘッドフォンを持参して使用する事も可能。(※ただし、大音量でプレイせず、周囲の音声が聞き取れる範囲でボリュームを調整して欲しい)

収録曲傾向

基本的にはmaimaiと傾向がよく似ている。公式サイトの収録曲リストを参照。

初期プレイ可能楽曲にはオリジナル新曲はもちろんのこと、J-POP東方アレンジ、有名ボーカロイド曲アニソン、セガのゲーム曲等に並んで、「L9」「Altale」「Aragami」「B.B.K.K.B.K.K.」といったBMSの有名曲、まさかの旧ナムコ発売(プロデュース開発・現版権はD4エンタープライズ)の『パカパカパッション』から「Blue Noise」と「JET」、そして更にコナミの『BEMANIシリーズ』からも天下一音ゲ祭でmaimaiに収録された「FLOWER」や、「ひなビタ♪」から「ちくわパフェだよ☆CKP」が超展開と言える収録を果たした。また、セガのゲームから「クレイジータクシー」の主題歌「all i want」(オフスプリングスというバンドの曲)も収録している(しかもフルバージョン)。

それらを踏まえると、傾向が同じでもmaimaiと全く同じラインナップと言う訳ではなく、maimaiとの差別化をしようと努力している個所は存在する。
(maimaiで削除されたJ-POP系列が系列だったので、アップデートではJ-POPではなくアニソンボカロ曲東方アレンジBMS楽曲がメインになってしまったとも言えるだろう)

なお、追加曲に関してのアナウンスは稼働初期では報告がないが、「最近追加された楽曲」という項目が公式ホームページにある為、ネットワークを利用したアップデート形式で曲が増える可能性もあるだろう。(※後述する『CHUNITHM AIR』でも同様)

その後、アップデート曲としてSOUND_VOLTEXにも収録されている「HAELEQUIN」(原曲はBMS楽曲)が収録。更には、conflictまで収録された。

CHUNITHM PLUS

2016年2月4日からアップデート稼働。

楽曲ラインナップとして第1弾で告知された物としては、ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション(2016年冬アニメでは最速)、Fate/Zeroグリザイアの果実てーきゅう回レ!雪月花シュガーソングとビターステップパカパカパッションから新規1曲の追加が発表されている。

稼働日前日には、前回のFLOWERの例にもれず、Elemental_Creationがサプライズ収録された。なお、その際に詳細が伏せられたもう一曲は3月2日に発表された

3月17日には、Tatsh楽曲とイロドリミドリ新曲に加え、想定外とも言えるミルキィホームズがイベント扱いではない追加配信枠で収録される。

4月21日にはカゲロウプロジェクトイベントと別口で、maimaiにも収録済の「DRAGON LADY」(原曲はBMS)が収録された。

5月26日にはCytusにも移植された「FREEDOM_DiVE↓」(BMS曲)が収録される事になった。

6月23日には「Lapis」(BMS曲)が追加収録されている。

7月28日には「SAMBISTA」(BMS曲)も追加収録。

CHUNITHM AIR

8月8日にバージョンアップの告知がされ、タイトルが『CHUNITHM AIR』と決まった。

8月12日、コミックマーケット90の会場にて『ある楽曲』が流れ、オーロラビジョンには消える飛行機雲……。

この瞬間、まさかとも言えるAIRとのコラボが電撃発表された。タイトルのAIRつながりでコラボと言う意味ではmaimaiみかんのうたを入れた理由と似ているのかもしれない。

8月18日には、バージョンアップ日が8月25日である事、あの花とのコラボも同時に発表された。

正式稼働時の収録楽曲は、AIRコラボとあの花コラボ以外では、夏祭り(maimaiに収録された物と同じ)、フレンズ(光吉猛修によるカバー)、アニソンからは魔法科高校の劣等生東方アレンジ2曲、BMSからはタイトルつながりの『AIR』とBMSイベントであるBOF2015Uから『DataErr0r』、更にはBEMANIコラボとして凛として咲く花の如くが収録された。

9月8日には初音ミクの消失深海少女を初めとしたボカロ曲が追加され、9月21日には「Angel Dust」や「ERIS」等のBMS4曲が追加予定。

10月6日には東方アレンジが複数追加される中、ゆうゆP(篠螺悠那)の「Imperishable Night 2006」(本来は東方アレンジだが、BMSが初出の為にバラエティー扱い)が収録されている。

CHUNITHM AIRPLUS

2017年2月9日よりアップデート稼働。コースモードと言う新たなモードを実装する以外にも新たな楽曲が追加、アップデート後からイベントが開催等の新要素が追加されている。

新規楽曲では、ご注文はうさぎですか??Re:ゼロから始める異世界生活が収録予定であり、ムーンライト伝説のカバー版、イロドリミドリの新曲も追加予定。

イベントでは、上記のご注文はうさぎですか??チェインクロニクルあの花の復活イベントが予定されている。

その後、アップデート日直前に行われたイベントでjubeatからEvansEZ2DJから神威パカパカパッションからの追加曲を初めとした他機種の楽曲がサプライズ収録される展開になった。

アップデート稼働後、おこちゃま戦争エイリアンエイリアン等のボカロ曲BMS楽曲が多数収録されている。

CHUNITHM STAR

8月24日からバージョンアップ稼働。今作ではゲスの極み乙女や一部アニソンのカバー楽曲が削除される事になり、該当楽曲をプレイする事で入手できた称号等は再獲得できなくなっている事に注意。

稼働初期の追加楽曲としては、グルコスに遅れる形での収録になったようこそジャパリパークへ、過去に太鼓の達人でも収録されていた晴レ晴レユカイ東方アレンジ数曲、ナユタン星人による新曲、Fate/zero(藍井エイルの歌うエンディングテーマ)、後述のイベント絡みで君の名は。Re:ゼロから始める異世界生活等が収録された。

その中でも一番の異色なのは、BEMANIコラボでもなく予告なしで収録された「MIRU key way」(初出はbeatmaniaIIDX17 SIRIUS)だろう。

CHUNITHM STARPLUS

2018年3月8日からバージョンアップ稼働。OVER POWER機能、新ノーツ(公式によるとやべーEXTAPとイカすSLIDE)、TAP成功音、MAPスキップ(マップ進行2倍または3倍チケット使用時のみ)が追加された。

コラボ

※楽曲とキャラクターの両方が関係するコラボでは、イベント期間中でしかキャラクターを入手出来るチャンスが存在しない。楽曲は先行配信扱いの為、イベント終了後は解禁される。
(イベントの楽曲全てが無条件解禁とは限らない為、公式ホームページのアナウンス等も参考にしよう)

楽曲+キャラクター

2015年

  • 化物語魔法少女まどか☆マギカコラボイベントが7月28日~期間限定で開催されていた。ロケテスト時に収録されていたコネクトもコラボイベント開催に合わせて収録されている。
  • P4Dとのコラボが稼働前から決定し、P4の楽曲が実際に収録された。イベントに関しては8月13日~10月7日まで行われ、maimaiでも同様のイベントが展開、共通楽曲2曲と機種別2曲が収録された。
  • 9月10日~10月7日までの期間、「Steins;Gate」とのコラボが行われ、ラボメンメンバーを入手出来た。楽曲に関してはアニメ版主題歌である「Hacking to the Gate」と「スカイクラッドの観測者」も収録された。
  • 10月8日~11月11日まで「蒼き鋼のアルペジオ」の劇場版公開を記念してのコラボが展開される事になり、「SAVIOR OF SONGS」と「ブルー・フィールド」が収録される。それ以外にもメンタルモデル勢がキャラクターとして入手可能。ただし、キリシマに関してはキリクマではない模様だが……。なお、イオナイ400イ402に関してはmaimaiのプレイが入手の前提になる事が告知されている。
  • 11月12日~は東方紅魔郷イベントが行われた。先行楽曲をはじめ、スカーレット姉妹十六夜咲夜パチュリー・ノーレッジ紅美鈴のキャラクターを入手する事が可能。フランドール・スカーレットに関してはmaimaiでもアイコンを入手する事が出来るのだが、事前にこちらで入手する事が必要。

2016年(~AIR)

2016年(AIR~)

  • 8月25日~はC90でも『あの曲』が流れたことで判明したAIRコラボイベントが行われる。鳥の詩夏影がイベントに合わせて収録されるが、開催期間中はイベントで解禁しなければプレイは不可能なので要注意。
  • AIRコラボと同時開催としてあの花コラボイベントも行われる。エンディングテーマでもあるsecretbaseが収録されているが、こちらもイベント開催期間中はイベントで解禁する事が必要。
  • 11月2日~11月30日にノーゲーム・ノーライフとのコラボイベントが行われる。オープニング及びエンディングテーマの先行収録、を初めとしたメンバーがキャラクターとして収録される事が告知されている。
  • 11月17日~12月14日に冴えない彼女の育てかたとのコラボイベント第2弾が行われる。今回のイベントでは楽曲の新規収録はなく、キャラクターの再入手チャンスと考えるべきだろう。
  • 12月1日~2017年1月11日に干物妹!うまるちゃんとのコラボイベントが行われる。オープニング(maimaiには収録済)及びエンディングテーマの先行収録、土間うまるを初めとしたキャラクターも収録される事が告知されている。

2017年

  • 1月12日~2月8日には僕は友達が少ないNEXTとのコラボイベントが開催される。三日月夜空をはじめとしたキャラクターの収録、主題歌の先行収録、アイテムが収録される予定。

2017年(AIR PLUS)

  • 2月9日~はチェインクロニクル(アニメ版)とのコラボイベントが開催、主題歌の先行収録、アイテム、キャラクターが収録された。こちらに関しては元原作のゲームでもCHUNITHMコラボが行われている。
  • チェインクロニクルコラボと同時開催でご注文はうさぎですか?とのコラボイベントも開催、主題歌の先行収録、アイテム、ラビットハウスのメンバーが収録された。
  • 2月23日には別口イベントとしてラグナロクオンラインとのコラボが行われ、楽曲が収録された。ネームプレートに関してはROのプレイが必要となる。
  • 3月8日~はばくおん!!とのコラボイベントが開催、主題歌の先行収録、アイテム、キャラクターが収録予定。
  • 3月23日~はきんいろモザイクとのコラボイベントが開催、主題歌の先行収録、アイテム、キャラクターが収録されている。
  • 3月23日に別口コラボとしてWakeUp,Girls!とのコラボイベントが開催、主題歌、キャラクターが収録。ただし、キャラクターに関してはmaimaiでのWUGコースをプレイする事が必要なので、両方が設置されている店舗でプレイするのがベストだろう。
  • 4月8日からはTokyo7thシスターズとのコラボが行われる。アプリ系リズムゲームコラボはアイ★チュウの楽曲がポップンに収録された一例はあるのだが、今回は楽曲だけでなくキャラクターも収録される。楽曲に関しては先行収録扱いの為、イベント期間終了後でもプレイは可能。なお、ナナシスコラボはmaimaiでも行われる。

2017年(STAR)


キャンペーン復活

※記載のないキャンペーン復活もあります。そちらに関しては公式ホームページを参照の事。

  • 2015年12月17日~2016年2月3日の期間限定で化物語魔法少女まどか☆マギカキャンペーンが復活する。キャラクターを入手していなかったプレイヤーにとっては朗報だろう。今回は単純にキャラクター入手チャンスだけでなく、アルティメットまどか忍野忍が新規に収録される事も告知されている。
  • Steins;Gate」コラボに関してもシリーズ累計販売100万本突破を記念し、復活する事が決まっている。キャンペーン復活はPLUS稼働後の2月4日からだが、期間が短めなので入手を考えている方はお早めに。
  • PLUS稼働に合わせて「P4D」コラボも同時に復活をしている。こちらはmaimaiでも期間限定で復活中。こちらも上記のシュタゲと同様に期間が短いので、取り忘れている方はお早めに。
  • 東方妖々夢イベントの開催に合わせ、東方紅魔郷イベントも復活している。ただし、こちらは開催期間が短いので入手を考えている方はご注意を。

その他

  • maimai言ノ葉カルマ及び悪戯のキャラクターがゲスト参戦しており、maimaiで該当曲をプレイする事でチュウニズムでも使用可能になる。
  • コラボとは趣旨が若干異なるが、ログインボーナスとして博麗霊夢霧雨魔理沙の2名がサポートキャラクター枠扱いで入手出来る。

余談

maimaiスタッフ以外にも、実はコナミが関わっている。
どの程度の割合で関係しているのかは不明だが、実際にタイトルデモループ内で表記を確認出来る。
Cooperative company of "CHUNITHM":
Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

ラジオドラマ

2015年7月19日より『セハガールのハードなSEGA情報RADIO セハらじ』内にてイロドリミドリのメンバーが登場する、ラジオドラマが放送中。

キャラクター・グループ

イロドリミドリ
ブリランテ

追加記述待ち

楽曲

GO!GO!ラブリズム片霧烈火オンザミンマンション
幾四音-Ixion-M.S.SProject
言ノ葉カルマそらるろん×れるりり(maimaiからの移植)
AnemoneESTi
閃鋼のブリューナクsasakure.UK
After_the_rain霜月はるか
Teriqmaowl*tree
こころここからふわりP
リリーシアTaNaBaTa
Theme_of_SeelischTact植松伸夫
The_wheel_to_the_rightSampling_Masters_MEGA

追加記述待ち

関連動画

SEGAによる公式の遊び方説明

関連イラスト

Teriqma


関連タグ

maimai 音ゲー

チュウニズム:表記揺れタグ

頭文字D ARCADE_STAGE 実は現在のチュウニリズムのプロデューサーは以前頭文字D Arcade Stage(ver.1~D8∞)を担当していた。 

BMS:カテゴリーは大人の事情でバラエティ扱いだが、カテゴリー内では収録数が一番多い。アップデートでも続々と追加曲が配信されている。

外部リンク

チュウニズム公式ホームページ
公式Twitter アカウント

pixivに投稿された作品 pixivで「CHUNITHM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1307226

コメント