ピクシブ百科事典

CHUNITHM

ちゅうにずむ

CHUNITHMとは、セガのmaimaiチームが開発した音ゲーである。2015年7月16日から順次稼働。現在は『CHUNITHM PARADISE』が稼働中。
目次[非表示]

概要

セガmaimaiチームの製作する音楽ゲーム

形状

洗濯機とも言われたmaimai(それが理由で、後にSHARPともコラボした)と違い、その形状はDJMAX TECHNIKABeatStreamの1画面バージョンに近い。
(crossbeats REV.もデザインが類似)

それ以外にもパーテーションが装備された筺体は防音効果があり、最近の音ゲーでは標準装備となっているヘッドフォンを持参して使用する事も可能。(※ただし、大音量でプレイせず、周囲の音声が聞き取れる範囲でボリュームを調整して欲しい)

基本ルール

画面奥から流れてくるノーツがライン上に乗ったタイミングで鍵盤状のタッチセンサーを対応する操作を行う。
各ノーツはレーンの幅いっぱいのサイズからレーンの16分の1のサイズまで様々なサイズで流れ、ノーツの何処かに触れていれば取ることができる。

ノーツの種類

  • TAP/ExTAP

赤色のノーツ。最も基本的なノーツで、判定ライン上に来たらタッチセンサーをタップすると取れる。
黄色いTAPはExTAPと呼ばれ、MISS判定以外であれば、どのタイミングで取ってもJUSTICE CRITICAL(最高判定)になり、演出が入る。

  • HOLD
オレンジ色のノーツ。始点でタップし、範囲内を触り続けることでポイントが加算されていく。
なお、終点で手を離す必要はない。

  • SLIDE
青色のノーツ。基本はHOLDと変わらないが、範囲が左右に動くため、それに合わせて触る位置を調節しなければならない。

  • AIR
緑色の矢印型のノーツ。それに合わせて、左右のセンサーの位置まで手を振り上げる。そこから緑色の線が繋がっている場合は手をセンサーの範囲内に上げ続ける。紫色のバー(AIR ACTION)が来た場合、そこで手を振る。なお、曲がったAIRも普通に振り上げて問題なし。また紫の下矢印もAIR ACTIONと同じ操作で良い。

  • FLICK
灰色で中央が水色のノーツ。ノーツに合わせて左右に素早くスライドする。

  • ダメージノーツ
WORLD'S ENDにのみ登場する、青色のノーツ。触るとMISSになる。無視するとJUSTICE CLITICALになる。

クリア条件

ノーツを取ると画面上部のゲージが伸び、取り逃すと減少する。
最大まで伸びたゲージはストックされ、曲終了時にストックされたゲージが規定数以上ならクリアとなる。

キャラクターについて

ストックされたゲージにクリアボーナスなどを足した分マップを進めることができ最後までマップを進めると課題曲が登場してクリアすると楽曲やキャラクターが入手できる。
キャラクターはそれぞれスキルを保持しており、これによってケージの減少を少なくしたり逆にケージの伸び方を多くしたりすることができる。
スキル自体は、他のキャラクターと共有なためお気に入りのキャラクターに好きなスキルをつけることが可能。
ただし、キャラクター専用のスキルも存在する。こちらは装備すると専用グラフィックに変化するものもある。

キャラクターは使っていくとレベルが上がり、新しいスキルが解放されたりキャラクターのエピソードが解放されたりする。

難易度

難易度はBASIC<ADVANCED<EXPERT<MASTERとWORLD'S END。
MASTERはEXPERTでSランクを取らないとプレイできない。
(ゲーム終了時に購入できるMASTERチケットをゲーム開始時に使用すると、無条件でプレイ可能。)

WORLD'S ENDは1クレ追加で払って専用チケットを購入しないとプレイできない特殊な難易度。
「公式公認のク○譜面」であり、普通の譜面ではできない魔改造を施した譜面をプレイできる。
魔改造の傾向は漢字1文字で表され、通常の譜面が数字で難易度が表示されるのに対し難易度は☆の数で表現される。
(例えば「戻」なら譜面が停止&逆走したり、「両」なら2つの譜面が半分サイズで同時に流れてくる。)

アップデート

CHUNITHM(無印)
2015年7月16日稼働開始。

CHUNITHM PLUS
2016年2月4日からアップデート稼働。
WORLD'S ENDが追加された。

CHUNITHM AIR
2016年8月26日よりアップデート稼働。
8月8日にバージョンアップの告知がされ、タイトルが『CHUNITHM AIR』と決まった。
ネームプレートが実装。また、イロドリミドリがオリジナルから新ジャンルに移行した。
WORLD'S ENDにはダメージノーツも追加された。

8月12日、コミックマーケット90の会場にて『ある楽曲』が流れ、オーロラビジョンには消える飛行機雲……。

この瞬間、まさかとも言えるAIRとのコラボが電撃発表された。タイトルのAIRつながりでコラボと言う意味ではmaimaiみかんのうたを入れた理由と似ているのかもしれない。

CHUNITHM AIR PLUS
2017年2月9日よりアップデート稼働。
コースモードという新たなモードが実装された。
また、店内マッチングで、誰でもOKなどのアピールをすることが可能に。

CHUNITHM STAR
2017年8月24日からバージョンアップ稼働。
今作ではゲスの極み乙女や一部アニソンのカバー楽曲が削除される事になり、該当楽曲をプレイする事で入手できた称号等は再獲得できなくなっている事に注意。
新たにチュウニズムクエストが追加。条件を満たすとアイテムがもらえる。
また、コースモードを完走するとクラスエンブレムをもらえるように。

CHUNITHM STAR PLUS
2018年3月8日からバージョンアップ稼働。
FULL COMBOやALL JUSTICEの合計数がわかるOVER POWER機能、新ノーツ(公式によると「やべーEXTAP」と「イカすSLIDE」)、TAP成功音、MAPスキップ(マップ進行2倍または3倍チケット使用時のみ)が追加された。

CHUNITHM AMAZON
2018年10月25日からバージョンアップ稼働。
キャラクターとの1対1のバトルができる「チュウニズムデュエル」追加。新アイテムが貰える。また、目標までの得点を音ゲー中に表示することができるように。
「システムボイス」と「マップアイコン」が追加。
また、カードメイカーに対応。

CHUNITHM AMAZON PLUS
2019年4月11日にバージョンアップ稼働。判定を調整等の細かい調整や楽曲追加がメイン。新曲の中には、DJMAXの楽曲がほぼ予告なしのサプライズで収録された。

CHUNITHM CRYSTAL
2019年10月24日にバージョンアップ稼働。
リザルト画面でのFAST/LATEの表示、チーム機能(スタンダードコース以上)、などが追加される。
今作からローディング画面に間違い探しが追加され、やたら難しいと話題になった(そもそもロードが短いのでじっくり見て探す事ができず、どうしてもやりたければ写真を撮る事を推奨)。

CHUNITHM CRYSTAL PLUS
2020年7月16日にバージョンアップ稼働。この日はちょうどCHUNITHM稼働から5周年である。
キャラクターRANK上限が50に引き上げられたほか、チームオリジナルコース、チームポイント報酬などチーム機能にも新要素が追加された。

CHUNITHM PARADISE
2021年1月21日にバージョンアップ稼働。
ログインボーナスでゲーム通貨以外のものが貰えるようになったり、スタンダードコースに加入しなくても交換所が使えるようになった。これ以外目立った改修はなく、システム面のアップデートは控えめ。
それより衝撃が大きかったのは『FLOWER』『Evans』といったBEMANIシリーズ楽曲のほとんどが削除された事だろう(天下一音ゲ祭で収録されたBEMANI曲は残っている)。

海外展開

長らく国外での稼働はなかったが、海外の音ゲーマーたちからは海外展開を強く希望されていた。
その多数の要望はSEGAの声にも届いており、2020年11月26日にアジア版が稼働開始した(当初は同年夏ごろを予定していたが、新型コロナウイルスの影響で遅れが生じた)。

タイトルは「CHUNITHM SUPER STAR」。筐体や画面のデザインは日本版「STAR」時代のものがベースになっている。
日本版とのデータ互換性はないが、1枚のカードに日本版とアジア版のデータが共存できる。
ジャンル区分は稼働開始時の日本版のバージョン「CRYSTAL PLUS」と同じだが、収録曲は日本版から抜粋されており、多くの曲が未収録
CHUNITHMオリジナル曲もかなり絞られており、稼働時点では「無印」「無印PLUS」時代の全曲と、AIRのイロドリミドリのユニット楽曲、CRYSTALで登場した「シビュラ精霊記」の楽曲(キャラクターの項目も参照)、同じくCRYSTALのボス曲である「Trrricksters!!」に限定されている。
それでも多くの海外音ゲーマーたちがプレイしており、評判は上々のようだ。

収録曲傾向

公式サイトの収録曲リストも参照。
オリジナル曲は勿論のこと、アニソンボカロ曲東方アレンジ、同じくSEGAの開発したmaimaiオンゲキのオリジナル曲の移植など、多数の曲が収録されている。
また、BMS曲はBOF上位曲などの有名曲が取り揃えられており、その数は他音ゲーより圧倒的に多い。
他社音ゲーの曲も多く、稼働当初からnamcoパカパカパッションの楽曲が収録。のちに「天下一音ゲ祭」で太鼓の達人グルーヴコースターSOUND_VOLTEXの曲が移植。ついには海外音ゲーであるEZ2DJDJMAXArcaeaともコラボしている。特にArcaeaは計3回のコラボイベントが行われており、その度に新曲が追加されている。

CHUNITHM-NET

プレイデータの連動サイト。
STAR PLUSまでは、1プレイで1日利用権を入手できた。
AMAZONから、オンゲキと統合され、有料サービスとなった。サービス名もゲキ!チュウマイネットスタンダードコースと変更された。

無料コーススタンダードコース
プレイヤーデータ詳細
レコード>マップ
レコード>マップ以外
コレクション
フレンド
全国ランキング
アクティビティ
プレゼントの確認
アイテムの有効期限確認
シリアルコード
グッズキャンペーン
設定

コースに加入していると、毎月1枚「マップ進行×3倍」「超・キャラクターランクブースト」「課題曲全難易度プレイ」「MASTERプレイ」の効果が付いたチケット「CHUNITHM-NETスタンダードチケット」を受け取れる。

コラボ

※楽曲とキャラクターの両方が関係するコラボでは、イベント期間中でしかキャラクターを入手出来るチャンスが存在しない。楽曲は先行配信扱いの為、イベント終了後は解禁される。
(イベントの楽曲全てが無条件解禁とは限らない為、公式ホームページのアナウンス等も参考にしよう)
※追加コンテンツが無しイベントの復刻については、ここでは割愛します。




  • 2017年(AIR)
    日付作品名キャラプレート楽曲備考
    1/12僕は友達が少ないNEXT
    1/26ミカグラ学園組曲追加












キャラクター

イロドリミドリ/HaNaMiNaと、ゲスト参戦した言ノ葉プロジェクトオンゲキのキャラクターは、それぞれ当該記事を参照。

キャラクターごとに世界観を分けた「レーベル」が振り分けられている。
担当楽曲の背景や、後述するチュウニズム大戦に影響。

  • SeelischTact(ゼーリッシュタクト)
シズマ・クロサキ」を主人公に、古代兵器「ゼーレタクト」を巡る発掘旅団と帝国軍の対決が描かれる。
ストーリーがある全てのキャラクターが一つの物語として繋がっている。さらにCRYSTALでは、メタヴァースと世界観が繋がっていることが明らかになってきている。
担当楽曲は様々なゲームミュージックを手掛けた作曲家たちが提供。

  • Genesis Of Destiny
ギタリストや歌手ら、音楽家のキャラクターが集まるレーベル。
メインとなるのは、煉獄の神「G.O.D.」を軸とするストーリーで、彼の引き起こす災厄としか言いようがない事件が描かれる事も多い。
担当楽曲は生楽器を使った、特にロック調の曲が多い。東方アレンジを手掛けるサークルは主にこのレーベルに提供する。

  • Metaverse(メタヴァース)
電脳世界「メタヴァース」を舞台とするレーベル。
キャラクターは人間の姿をしていても、実際にはプログラム(=ロボットのようなものと考えるのが簡単)である事が多い。一応普通の人間のキャラクターも出てくる事もある。また、maimaiからのゲスト参戦が2人いる(Ep.マップ課題曲は必ずどれかのレーベルに割り当てる理由での参戦であり、メタヴァースの世界観とは無関係)。

物語は5年間の蓄積により非常に膨大かつ難解。キャラクターもトップクラスに多く半分以上のキャラのストーリーが繋がっているので、読破には非常に時間がかかるだろう。また、CRYSTAL以降からはゼーリッシュタクトと世界観が繋がっていることを示唆する描写が登場している(同じ姓を持つキャラの登場、聖剣「ゼーレタクト」の存在が決定的な証拠)。
ちなみに、PARADISE Ep.Ⅰの楽曲「Last Celebration」は、他のメタヴァース楽曲と背景が異なる。しかし、担当キャライゼヴェル・ヤグルーシュのストーリーが同Epのメタヴァースキャラであるラトーナ・ヘイズの世界観と共通している事を特記しておく(もしかすると後々別レーベルとして出てくるかもしれないが、現状レーベル名が不明なため)。

担当楽曲はクラブミュージック・電子音楽を主とする。他音ゲーで名を連ねるコンポーザーも多く参加しており、バージョンごとのボス曲はほとんどこのレーベルが担当する。

  • GUMIN
アイドルのキャラクターが集まるレーベル。1人を除いて全員が女性である事も特徴。
主に「鬼蝮ユリア」と彼女を取り巻くアイドルたちの物語がコメディー調で描かれる。このレーベルに属するキャラクターのうち、STAR以降の完全新キャラ全員が関与しているが、実際に物語が連続性を持って動くのはAMAZON、本筋はCRYSTALからのストーリーになる。
また、「愛野ヒカリ」「美嶋はるな」「兎音ココ」はAMAZONまで毎バージョン、担当楽曲1曲ずつ追加されていた。彼女たち3人は無印時代に登場したからか「元祖アイドル」と呼ばれており、前述したユリアたちのストーリーからは完全に独立している(本筋に関与しないキャラは他にもいるが)。

担当楽曲はアイドルソング、電波ソングが主体。公募曲以外は全て歌が付いている(公募では歌のないインスト楽曲のみを募集している為)。

  • リレイション
ニコニコ動画で活躍したアーティスト、主にボカロPが楽曲を提供している。
逆にそれ以外の共通点はない。ただし、一部のキャラクターは世界観を共有している。

  • アニマリア
STAR PLUSから登場。
いわゆるケモノのキャラクターが集まるレーベル。全員のイラストを夢ノ内氏が担当している。
グンマ県を舞台として、キャラクター達の日常の中のちょっとした事件が描かれる。CHUNITHMの中でもダントツに平和。
担当楽曲はFUTURE BASEが中心。

  • シビュラ精霊記
CRYSTALから登場。
精霊を宿した4人の少女たち「巫女《シビュラ》」に待ち受ける戦禍と、その後に人間を見放した神「創造神イデア」と人類の希望と祭り上げられた少女「聖女アンナ・マルグレーテ」の対立を描く。
「少女たちを翻弄する残酷な運命と悲劇の記憶」というキャッチコピーに違わず、読者からは「今までの鬱ストーリーを足して掛けたもの」「CHUNITHMトップの鬱展開」と称されている。

担当楽曲はほとんどが海外に在住するアーティストによって制作されている。このレーベルの登場と同時期にCHUNITHM初の海外展開が発表されたため、「海外展開への布石ではないか」とも言われていた。実際、海外版「CHUNITHM SUPER STAR」では、このレーベルの6曲が稼働当初から収録されている。

CHUNITHM(無印)

チュウニペンギン (CV:前川綾香)
荒場流子
愛野ヒカリ
シズマ・クロサキ
NEO
ノルン
バーニッシュ
常世のサツキ
フィーネ・アルトリネス
マジカルスター☆リリィ
黒原きずな
TXR-メルヴィア
波風レン
熱砂のディース
棚町ケンゴ
ブリランテ
美嶋はるな
クレメンス・ジークハルト
エクレール
グレン・ヴァン・トランクイロ
ローズマリー
青の死神
ピリオ
G.O.D (CV:若本規夫)
東雲彰
DJ-MEGA (CV:千葉繁)
アルマ・ヴィス・アウダーチア
ルミエラ・ヴィス・アニマート
帝国魔導士イセリア
帝国騎士グスタフ
機神トール
幸野うさぎ
兎音ココ
織原ひめみ
鬼蝮ユリア
アストライア
ティエイト
ペンデュラム・オルタ
グラーヴェ・ノーヴァ
シラー・スティング
カラドリウス・ブルー
パピオン
アンナ・プルナ
TKG-SOUSOU
ジェミニ・α
RG-XIIIダインスレイヴ

CHUNITHM AIR

AIR ep.I
七海あおい
高砂瑞穂
轟雷音
星河うた
天音エイジ
天野あい
ロックスター★アミー
ニニカ・クロッシュ
シカトリス
ソラマチ・メメ

AIR ep.II
ちびみるく
ラニウス・ヴルベクラ
MDA-01【シリウス】
シューブリス
スザク (CV:岡本信彦)

AIR ep.III
渋沢ノノ(CV:小倉唯)
小金井竜子
少年A
黒亀北斗(CV:阿部敦)
リリアリス・コルチカム(CV:田中理恵)

AIR ep.IV
舞園星斗
愛野ヒカリ/最愛の光
マリアンヌ新城
エクレール・エヴァンジール

AIR ep.V
兎音ココ/ゲシュタルト崩壊中
葉和とれび
美嶋はるな/夢のカケラ
八咫烏鋼太郎(CV:田村ゆかり)

AIR ep.VI
セリドウェン・マグメール
ステラリウス・エオン・ブリルノーヴァ
白川虎之助
チュウニペンギン/サウンドパレード!!

AIR ep.VII
MDA-21【レグルス】
断絶の破壊神
RG-XXXティアマット
オメガ・クィントゥス

その他
しゃま
サツキ/光と闇を紡ぎし者
NEO/リジェネイト
ディース/砂海の舞姫
光吉猛修/友
光吉猛修/美
光吉猛修/愛
光吉猛修/東方Project:森近霖之助

CHUNITHM STAR

STAR ep.I
マゼラン・マゼラン
純白の歌闘士ユーリス
観音寺にこる
トリスメギストス (CV:三木眞一郎)
戯曲のフォルネウス
清瀧藍
ソウル・ブラザーズ
牧野もこ
暁凶香
津久井シズノ

STAR ep.II
スカイフェザー
MIR-202【アルテミス・レナ】 (CV:内田真礼)
オールドブルー
リヒトシュッツェ (CV:中村大樹)
MTA-XXX【パンドラネメシス】

STAR ep.III
ショコラ
テルミット・ヴィエルジュ
中曽根秀光
HAR-ヒロイン09【ネレイダム】 (CV:藤田咲)
間宮真琴

STAR ep.IV
ティフォン
第八皇女エルルーン
暴虐のギーゼグール(CV:中田譲治)
G.O.D/魔縁

STAR ep.V
ペンデラ
ミミ
シロタ
ゴマネ
パンタパンタ

STAR ep.VI
美嶋はるな/淡い約束
兎音ココ/夏だ!海だ!夏期講習だ!
愛野ヒカリ/サンシャインサマー

STAR ep.VII
MIR-203【セレネ・シェリル】
MIR-201【ヘカティ・ベアトリクス】(CV:能登麻美子)
エリスネメシス
ワイズマン
グランレイス
チュウニペンギン/メシア

その他
アストライア/ゾディアック
ソラマチ・メメ/夢の大地へ
観音寺にこる/ポートレイトマフィア
渋沢ノノ/BIGBANG!!
ルフ
アシェル&シメオン
CHUNITHM筐体(STAR)
maimai筐体(MILK)
オンゲキ筐体
ショウニペンギン

CHUNITHM AMAZON

AMAZON ep.I
高橋早苗
橘伸吾
ダオ・トッテナ (CV:八代拓)
アーリア・ネージュ
新井桃子(CV:豊崎愛生)
ネルネ&ツムネ
ナージャ・ベルリオーズ
後藤田杏
シラタキ
シルヴィアス

AMAZON ep.EX
ルミエラ・ヴィス・アニマート/セイクリッドフォトン
八咫烏鋼太郎/慰めの天使
MDA-21【レグルス/フォースリベレイター】
ニニカ・クロッシュ/無意識との対話
アストライア/女神の微笑み

AMAZON ep.II
新田ちえ
マリーメイア・クレスケンス
ハイパーネットゲーマーアルテラ
モガラ様
三田ナナコ

AMAZON ep.III
XES-72【ディアナ・プリメーラ】
XGN-72【ルナ・ノーヴァ】
ソルナ
Dr.ユバル・ホルミスダス
憎悪の戦神アレウス

AMAZON ep.IV
リラ
コニー
鬼蝮アイリ
哲学主ジェフティ
Dr.メト・バサナテル

AMAZON ep.V
三嶋はるな/放課後の天使
兎音ココ/受験相談室
愛野ヒカリ/最強の花嫁

AMAZON ep.VI
裁定者セラフィータ
Dr.テオ・メルキオル
ヴェルゼビュートネメシス
テスタメントネメシス

AMAZON ep.VII
京極院桜花
クーデルカ・プルミエール
ジョニー・サイアスティン
不動絶音
チュウニペンギン/ラブリーハート

カードメイカー
津久井 シズノ/弘明寺温泉物語
HAR-ヒロイン09【ネレイダム】/聖夜の女神
兎音ココ/満点ドリーム
葉和とれび/テンタクラースイーツ
舞園星斗&荒場流子/雛飾りの二人
ソラマチ・メメ/駆け抜ける桜吹雪
牧野モコ/ファザーファーム
MIR-03【セレネ・シェリル】/ブライドフォーム
愛野ヒカリ/シャイニーフラワー
暁凶香/ひと時の休息を
鬼蝮ユリア/オールスター運動会
ショコラ/チョコレートハロウィン

その他
光吉猛修/謎
松丸亮吾/謎

CHUNITHM CRYSTAL

CRYSTAL ep.I
No.13_サジ
No.9_ニナ
舞浜優芽
イングリット・オーリック・コーネル
宍戸美鈴
パトリオット
ジーン・ザイン

CRYSTAL ep.EX
マゼラン・マゼラン/ラブリーハンター
パンタパンタ/ビューティフルドリーム
リヒトシュッツェ/ラストサクリファイス
鬼蝮ユリア/サーヴァントマスター
ステラリウス/デモンズクライ
青の死神/命脈を刈り取る刃

CRYSTAL ep.Ⅱ
ティータ・アヴェニアス
ミァン・テルスウラス
シエロ・メーヴェ
ジュナ・サラキア
聖女アンナ・マルグレーテ

CRYSTAL ep.Ⅲ
セーレ・ヘイズ
全天の支配者シエル
埋葬者ストゥム
再生者ディアン
黄泉の盟主ネルガル

CRYSTAL ep.Ⅳ
クラウン
セラフィナ・ヴィス・アニマート
紫藤流星
創造神イデア

CRYSTAL ep.Ⅴ
御手洗千里
アンプルール
エルザ・フォン・オーディット
精神科医東海林伊周

CRYSTAL ep.Ⅵ
知雲ひばり
伊賀崎ノ楠子
天稲荷コテツ
大天使ユリア

CRYSTAL ep.Ⅶ
セシャト・シャフトリッヒ
古き混沌の巨人
憎悪の始まりたる古龍
導師ミィム・ミクラー
チュウニペンギン/コンダクター

CRYSTAL ep.ZERO
古き破壊者ベルゲルミル

カードメイカー
新井桃子/秋の温泉ぼっち旅
フィーネ・アルトリネス/クリスマスベル
グランレイス/コスモイレイザー
七海あおい&高砂瑞穂/バレンタインメモリー
マリアンヌ新城&マイケル斉藤/SAMURAI
八咫烏鋼太郎/幸せの花見重箱弁当
パンタ&コニー/タカサキ春のパン祭り
DJ-MEGA/悪夢の節句
MIR-201【へカティ・ベアトリクス/ブライドフォーム】
ハイパーネットゲーマーアルテラ/パリピビーチスプラッシュ
アーリア・ネージュ/縁日FESTIVAL
スカイフェザー/オールスター運動会
イングリット・オーリック・コーネル/乙女の湯
カラドリウス・ブルー/魂の収穫者

その他
MDA-01【シリウス/フォースルーラー】
MIR-202【アルテミス・レナ/リベルタス】
MIR-201【へカティ・ベアトリクス/リベルタス】
ペンギンスタチュウ
ユーリス/ピュアアニムス
ティフォン/ルドラティックフォーム

CHUNITHM PARADISE

PARADISE Ep.Ⅰ
ナイ
遠夜灯
ポメ太
美咲杏奈
ラトーナ・ヘイズ
向来隼
イゼヴェル・ヤグルーシュ

PARADISE Ep.EX
織原ひめみ/星の海へ
七海あおい/夢の合わさる場所へ
娯楽の守護者 スカイフェザー
真なる奏者 シルヴィアス

カードメイカー
ジュナ・サラキア/愛と幸せのバレンタイン

その他
チュウニペンギン&ショウニペンギン/8bit
黒亀北斗/中野の守護者
ジェミニ・Ω/パルヴァライザー
轟雷音/血罵バリバリ伝説

カードメイカー

オンゲキとは違い、カードはガチャでのみ入手可能。1回100円。ガチャで入手したカードのうち未入手のキャラクターを入手した場合、ゲームでもそのキャラクターを入手できる。
カードメイカーで排出されるのは、基本的に「マップが削除されたため筐体で入手不可能となったキャラクター」「過去のキャンペーンで入手できたキャラクター」。約1ヶ月でガチャのラインナップが変わり、その度にカードメイカー限定のキャラクター(別キャラ扱いの書き下ろしイラスト)が新登場する。

ガチャを引くと、「ソウルオブスタチュウ」や「ペンギンメダル」を入手できる。
前者は既に所持しているキャラを入手すると1個、カードを印刷しないと1個貰える。つまり、未所持のキャラを引いて印刷すると0個、既所持のキャラを引いて印刷しないと1度に5個貰える。これを100個集める事で、キャラクターの限界突破を行える。
後者はガチャを引くと必ず1枚貰える。今のところ使い道は無く、課金額を確認できるだけ。

また、天井とも言うべき「EXブースター」という機能が存在する。10回ガチャを回すとゲージが溜まり、現在排出されるキャラの中から好きなキャラを選んで確定入手できる機能である。オンゲキにも実装してあげてほしい。

チュウニズム大戦

カードメイカーで印刷したカードを利用したカードゲーム。

  • 準備
    1. 1人8枚ずつカードを用意する。(同じカードは2枚以上使用不可。)
    2. シャッフルして山札にする。
    3. プレイヤー全員が自分の山札からカードを2枚引き、その中の1枚を選んで自分の正面に裏向きにして置く。残り1枚は自分の手札になる。
    4. 全員が正面にカードを1枚出したらカードを表向きにして横向き(左が下になように)にする。これを場札という。

  • 1ターン
    1. スタートプレイヤーは自分の前の人が置いたカードのスキルの効果を処理。
    2. 山札からカードを引く。
    3. プレイヤーは手札から1枚を、自分の場札のカードの上にスコアが見えるように重ねて置く。この時、条件によってカードがCOMBOまたはMISSになる。(下記項目「カード」参照)
    4. 自分の置いたカードのスキルが条件を満たしていれば発動。(自分より前のプレイヤーのスキルが発動している場合は、先にその効果を処理。)
    5. 次のプレイヤーへ。

  • ゲームの終了
    1. 全てのプレイヤーが6枚目のカードを置くとゲーム終了。
    2. 出されたカードのスコア合計が1000点に近い順に勝利となる。1001点以上なら敗北(バースト)。

  • カード
「COMBO」
レーベル(「イロド」「ジェネ」など)か難易度(「EXPERT」「MASTER」など)のどちらかが前のカードと同じならCOMBO(正方位)に置く。
「MISS」
レーベルも難易度も違う場合には左に倒して置く。
「CHAIN」
スキルの効果によって起こる。右に倒して置く。

余談

maimaiスタッフ以外にも、実はコナミが関わっている。
どの程度の割合で関係しているのかは不明だが、実際にタイトルデモループ内で表記を確認出来る。
Cooperative company of "CHUNITHM":
Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
なお、こちらの表記は『PARADISE』アップデートと同時に消滅した。

ピクシブでは

ファンアート以外にもセガから許可を得て公開している公式(本家)イラストも存在する。

関連イラスト

CHUNITHM AIR -チュウニズム エアー-



関連動画

SEGAによる公式の遊び方説明


関連タグ

maimai maimaiでらっくす オンゲキ 音ゲー
GEKINITHM

チュウニズム:表記揺れタグ

頭文字D ARCADE_STAGE 実は現在のチュウニリズムのプロデューサーは以前頭文字D Arcade Stage(ver.1~D8∞)を担当していた。 

BMS:カテゴリーは大人の事情でバラエティ扱いだが、カテゴリー内では収録数が一番多い。アップデートでも続々と追加曲が配信されている。

公式が病気:収録曲やキャラクターにはこれに該当してしまうようなものが多く存在する。

外部リンク

チュウニズム公式ホームページ
公式Twitter アカウント

関連記事

親記事

セガ せが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「CHUNITHM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5393391

コメント