ピクシブ百科事典

イ400

いよんまるまる

『蒼き鋼のアルペジオ』の登場人物。

CV:日高里菜(アニメ) 悠木碧(原作版ドラマCD)

人物像

人類に敵対している「霧の艦隊」と呼ばれる第二次世界大戦時代の艦の形状を模した艦艇群の中の一隻。潜水艦イ400のメンタルモデル。艦の形状は、旧日本海軍の伊400型潜水艦を模している。メンタルモデルの容姿はイオナとよく似ているが、髪をお団子頭(10巻からはツインテール)にし、中華風の恰好をしている。

「霧の艦隊」の総旗艦であるヤマト直轄の巡航潜水艦で、同型艦にイ401イオナ)とイ402がいる。ヤマトの命令でイオナやタカオなどを監視しており、それをヤマトに報告するのが任務。非常に索敵能力に優れており、その索敵範囲・精度は最上位個体たる超戦艦級に匹敵する。戦闘力のほどは不明だが、イ402との二人がかりなら霧の重巡一隻程度造作も無いとのこと。

ヤマトの臨機応変というアドバイスをキーワードに非常に柔軟な対応をとり、目的のためならイオナたち敵対勢力に与することも辞さない。その行動基準は全て総旗艦たるヤマトのためである。タカオの劇的な変化を目の当たりにして人間に興味を示しだす。現在はイ402と別れ、単独でハルナの動向を探っていたが10巻にて人類にそこそこ撃墜されたという理由で霧では廃止された艦載機の一種であるセイランに乗って横須賀の402たちと合流。
人間と交流の影響かすっかり第二のイオナと言わんばかりに人間くさくなった402や402が人間と交渉する際に利用する魚を獲るために自身が乗ってきたセイランを使って地引網をしよとするズイカクに戸惑ったような反応をするも、402が配給された米から作ったせんべいを興味深そうに食べていた。

ソルティ・ロードでは若干任務を忘れていろいろ好き勝手やっているタカオたちの元に視察にやってくるもその姿は完全に小姑だった。
「人間を知るには人間らしく振舞って人間の文化に溶け込むのが一番。そして人間文化の集大成でもある料理を覚えた」と402がもっともらしい(?)ことを言って出したタカオとズイカク(実際は402)が作ったカレーにうまいぞおおお!!とどこの料理漫画だよ。と言いたくなる反応をするも、「でもこれ任務に関係ないから」と塩道の空気に影響されることもなく冷静にツッコミを入れた。

アワーズ掲載のコラム、アドミラリティ・コードを探せでは暴走しがちな402にツッコミを入れるものの本編では出番があまりないせいか人気投票ではメンタルモデルで唯一、当時はまだ一コマ(船影も含めれば二コマ)しか出ていないイセや北良寛やゾルダンですら票のあったにも関わらず無得票でランク外となった。
GH掲載のコラム「タカオ部」にてずっと以前に妹2人と家族シュミレーションの一貫として237話以上ある「400家の人々」なる遊びをしていたことがイオナの口から語られている。
そのことに対して「たまには妹達と遊んであげないとねぇ」という400にハルナと蒔絵は「お姉ちゃんだ」「お姉ちゃんしているね」と言われるほど姉らしい一面があることが発覚した。(余談だがハルナと蒔絵の言葉に「タカオお姉ちゃんは、(400と違って)お姉ちゃんしていないけどね」とマヤは愚痴をこぼした)。

アニメ版では妹のイ402と共に暗躍し、結果的にコンゴウを暴走させる原因を作り、更に不意打ちでイオナに大ダメージを与え一度轟沈させている。
だが、イオナがアルス・ノヴァに進化した後のリベンジマッチでは進化したイオナと二機のアクティブデコイ、音響魚雷などによって次第に追い詰められ(単純な演算能力だけで見てもイオナ側には大戦艦級3人と重巡洋艦級1人がいるので差は歴然だが)、最後はキリシマハルナ、そしてヒュウガが操るアクティブデコイが放ったワイヤートラップに引っかかったところに浸食魚雷を2発撃ちこまれ、そのうち1発が艦橋部分を消し飛ばしたためにコアごと消滅、轟沈したと思われる。
消滅の間際に感情らしきものに目覚めたが、もう全てが遅すぎた・・・。

関連タグ

蒼き鋼のアルペジオ ヤマト タカオ イ401 イ402 イオナ
潜水艦 潜水空母 伊400
睦月型中の人つながり

pixivに投稿された作品 pixivで「イ400」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 519836

コメント